« 小学校の英語必修化、賛成?反対? | トップページ | CHANGE6話 キムタク総理が変えたものは!? »

古館氏の「よく笑っていられますね」でネットが炎上!?

4日、放送の報道ステーションで、古館キャスターが後期高齢者医療制度に絡み、前日の閣議で談笑する様子を捉えて、「よく笑っていられますね。偉い政治家の人は」と発言したことに、自民党が抗議。党役員会などの撮影の無期限禁止を通告したという。これに対し、古館氏は6日、同番組冒頭で、行き違いの顛末を説明、「自民党が名誉毀損だと抗議していますが、そのように受け取られた視聴者の皆様がいられましたら、それは私の本意ではありません」と釈明。その後も、「本意は国政全般に亘って、政治家が笑っていられる局面でなく、真摯に対応しようとしているのか、その一点を申し上げたかっただけ」と弁明に努めていた。マッシーパパはこの一部始終を目撃していたわけだが、ネチズンに多い、氏の釈明にならない弁明とか、「軽薄」、「傲岸不遜」な態度への批判にいささか異見を持つ。

確かに、全く違う「絵」を映して自らの主張を補完する手口はいただけない。が、「後期高齢者医療」への怒りを訴える報道の中だけに、自民党の主張する、「国民に誤解を与える発言をした」は過剰反応過ぎるのでは。

そのことは、政治評論家の浅川博忠氏も、「過去に遺恨があるテレ朝だから余計に「向き」になっているのでは。大人気ない対応は国民に悪印象を与えるだけで逆効果だ」としている。そして、スポニチ記事(6.7)にも、「自民党対テレ朝」は報ステの前身「ニュースステーション」時代から続く長年のバトルが背景にあると言うのだ。そしてそれは、①昨年5月の国民投票法案での同党議員の国会答弁を虚偽報道し、②05年6月の参院でも、拉致問題の同党議員の質疑に「無神経な発言」とコメントしたなどなど。そして、いずれも、古館氏が番組内で謝罪しているとか・・。

処で、気になるのはこの程度で政権党がすぐに噛み付く習性である。そもそも、ジャーナリスストが政権党を批判して何がおかしいかである。閣僚も議員も公人であるのだから少々批判されても政策の肥やしにしてこそ褒められるもの。それにもともと、国民は知る権利があるのだから、マスコミは勇気を持って真実を報道する義務がある。それを何時の頃からか? ジュンイチローのメディア懐柔、世論誘導戦略以降、どうも、大メディアは真実を伝えなくなった。「読売」など典型で、トップの渡辺会長は与党スポンサーを任じるだけでなく、大連立を画策するフィクサー気取りで政治に介在して来ている。そんな中にあって、むしろ、報ステの古館氏は良く、ジャーナリストとしての矜持を保っていると思うよ。少なくとも同じキャスターを務める電波芸者の(私が言っているのではないですぞ!)みのもんたと大違いと思うけど・・。ただ、氏の場合、前任のニューステの自民党が恐れた久米宏氏との対抗意識が災いし、どうしても政権批判に肩の力が入りすぎること。そして、元々がスポーツ実況放送のクセで、流れるような口調に拘るからつい、口がすべるようである(ま~、この人の番組内で謝ることの多いこと!)・・。

ともあれ、この事件の責任はやっぱ、この政権の閣僚の言動にあるようだ。即ち、いつもTVに登場しては「ニヤケ」る渡辺行革相と額賀財務相。そして、首相問責決議、後期高齢者医療問題やガソリン税再値上げなどで記者会見に現われては、「人をバカにした笑い」をする町村官房長官。いや、肝心要の御仁こそ国民の目線からずっと高い所で、人を食った「含み笑い」をしている。このどこに、古館氏の「笑っている場合でない」を批判できるというのだ。その意味で、だれも、この4日の放送に違和感を持った視聴者なんていませんって!。全て、自民党の過剰反応ですって。はい、間違いありません!・・。♪

|

« 小学校の英語必修化、賛成?反対? | トップページ | CHANGE6話 キムタク総理が変えたものは!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/21666906

この記事へのトラックバック一覧です: 古館氏の「よく笑っていられますね」でネットが炎上!?:

« 小学校の英語必修化、賛成?反対? | トップページ | CHANGE6話 キムタク総理が変えたものは!? »