« 殺人に時効は必要なの!? | トップページ | CHANGE第7話 キムタク総理、進退窮まった!? »

福田VS小沢 「首相にふさわしいのは」

ここに来て、福田内閣の支持率が少し好転してきたと言う。論より証拠、幾つか見てみよう。先ず、JNNの世論調査(6/6、7日実施)では「支持する」が24.8%(前回より+1.6%)、「支持しない」が74.3%(-1.5%)。又、共同通信社(12、13)は「支持」、25.0%(+5.2)、「不支持」、60.2%(-6.2)、そして朝日(14.15)が「支持」23%(+4)、「不支持」59%(-6)となっている。でもなぜか、読売の調査(14、15)だけが、「支持」-1%ダウンの25.1%、「不支持」も1.3%減の63.4%だとか・・(支持率が未だ下げ止まっていないから?)。

さて、この怪異なる(?)現象は那辺にあるのか。単なる下げすぎによるリバウンド?・・。いやどうやら、御仁(福田総理)も後のない低支持率に吹っ切れたか、あれほど「色のないのが福田カラー」と揶揄されていた福田色を見せ始めたからでないか? そして、参院の問責決議がタイミングを外しイマイチだったのと、福田首相の指示で修正合意がなった「公務員改革基本法」や「後期高齢者医療制度の見直し」、又、温室ガス削減の総合的対策(福田ビジョン)に、やっと指導力の片鱗が見られだしたからかとも・・。。

このことは、「毎日」が実施している世論調査、「首相にふさわしいのは」の回答にも同じ傾向が見られる。即ち、14、15日実施の調査で、「ふさわしいのは福田氏」とするのが19%、「小沢氏」は15%だった。そして、この質問は今回で3回目だが、前回5月の時には首相が14%、小沢氏18%と逆転したそうだから、今回は再逆転と言うことになる。

処で、この回答だが、男女別に見ると、男性は両者ともに18%なのに、女性は首相21%、小沢氏13%だったという。又、年代別では20~30代は小沢氏、40代以上は首相が上回り、中でも70代以上が大差をつけて首相支持に回っているとか。

きっと、この世代は先日の「後期高齢者医療」の保険料軽減・免除見直しで、ころっと「怒り」が飛んでしまったのだろう?・・。だからマッシーパパも『問責決議はいじめ?それとも政治的セレモニー!?(6.12)で、「(民主党も)内輪もめでチンタラやっていては移り気の国民の風向きが変わっちゃうのでは」と心配したのだ。

ともあれ、御仁も小沢氏も支持が10%代では「首相にふさわしい」に、ほど遠い。だからこそ、この調査回答の57%が「どちらもふさわしくない」というのだろう。しかも、自民支持層の40%、民主党支持層の53%が「どちらもふさわしくない」と回答しているのだ。これは、考えようによっては凄く深刻な問題でもある。と言うのは、次の総選挙が早ければ早いほど、間違いなく政権交代が実現するだけに、小沢氏がここまで、毛嫌いされていれば、折角の小沢政権も安閑としていられないからだ。

実はマッシーパパもかねがねこのことを危惧している一人だが、どうも彼について回る「壊し屋」のイメージと古い自民党的体質が災いするようだ。それだけに、彼自身、それを吹っ切るように、「変わらずに生き残るためには変わらねばならない」と自らが「変わる」覚悟を見せているのだ。従って、今はそれを信ずるしかないのだが、党首討論を忌避したり、総理の所信表明に対する民主党代表質問をいつもエスケープ。鳩山幹事長におっかぶせるなど、表舞台を嫌がる傾向は気がかりの種。まさか大先輩の金丸信氏のフィクサー役に憧れていうるわけでもないだろうから、ここは先ず、それからでも「変えて」もらいたい・・。

そして、もうそろそろ、「反対の為の反対」をするだけでなく、民主党の政権構想を明確するべき時ではないだろうか。つまり、自民党政権の様に、「始めに財政再建ありき」の「単なる改革ごっこ」をするのでなく、「既得権益(天下り官僚、族議員、大企業)を壊し、弱者に優しい政治に変える」つまり、キムタク総理を目指して欲しいのである。そして、米国のWASP(ホワイト・アングロサクソン・プロテスタントの富裕層)を代表する共和党政権でなく、黒人、ヒスパニックの貧困層や女性を味方にする民主党の様に、明確に現政権との違いを訴えてほしいのだ。そうすれば、国民も選挙に投票した後も、「民主党政権」に信頼を寄せるのでないか。是非、小沢氏もこのアンケート結果を真摯に受け取めて、次の政権交代に覚悟を示してもらいたいと思う。それこそが国民の期待する「政権が変わらなくては日本は変わらない」を実現することだから・・。♪

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript" SRC="http://parts.blog.with2.net/bp.php?id=666082:tUGA9eEGvXQ"></SCRIPT>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 殺人に時効は必要なの!? | トップページ | CHANGE第7話 キムタク総理、進退窮まった!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/21841312

この記事へのトラックバック一覧です: 福田VS小沢 「首相にふさわしいのは」:

« 殺人に時効は必要なの!? | トップページ | CHANGE第7話 キムタク総理、進退窮まった!? »