« いい年をして、落書のオイタはいけません! | トップページ | 「無駄遣い撲滅プロジェクトチーム」こそ一番の無駄!? »

CHANGE8 無手勝流VS権謀術数

昨日もしっかり「CHANGE」をウォッチしましたよ! 特にキムタク総理の「戦わず勝つ」無手勝流と神林官房長官の、一度は和解したかに見せかけて、肝心の土壇場で裏切る権謀術数は間違いなく、第8話の圧巻でしたね。

さて、例によって、今週の「CHANGE」はなんだったのでしょう。勿論、神林氏がキムタク総理の「僕と先生が一緒にやっていくにはどうしたらいいのでしょうか」の呼びかけに驚き、「本当だ。あなたは今までの政治家とまるで違う。わかりましたこれからも総理をサポートさせていただきます」といった言葉(?)。

なるほど、これでドラマが大団円なら間違いなくCHANGEもCHANGE。何しろ、「35才、政治経験ゼロの男が当選12回の私に向って・・」を口癖とする神林氏が変わるのだから、これに勝るものはないだろう。でもこれは敵を油断させる為のはかりごとだった。ま~、これほどの悪ともなればそう簡単に転換しませんって、こと・・。

むしろCHANGEしたのは美山理香の神林への忠誠心。「政治家というものは、自分が命をかけて日本国民を守るのだと誓ったものしか政治をやってはいけない」の神林氏の政治哲学に憧れ、師と仰いで5年。初めて裏切りを目の当たりにし、「この国を変えるのは神林さんでない」と気づいたこと。又同時に、政治が全ての人生から目覚め、初めて朝倉啓太の人間の大きさに気づくCHANGE(好意→恋心)であろう。

そして、次ぎにCHANGEしたのは内閣官房の秘書官グループ。本来、省益を代表する寄せ集めの彼らが、あの神林の”裏切り”で初めてチームとして一体化。これこそ、官僚が政治家をコントロールするのでなく、政治家の”理念”の下に行動するという画期的なCHANGEである。これこそ、バーチャルでなく、現実の政治に居ついて欲しいものだろう。

又、3つ目はキムタク総理自身の成長こそCHANGEしつつあるのでなかろうか。総理(第3話)になってから5回目、見るたびに板についてくるように思えてならない。特に、前話で奈落の底を味わった男が、第8話では逞しくなって帰ってきた。そして、まさに「地位が人を変える」ごとく、彼も例外でなかったということだ。従って、「経験ゼロだから駄目で、当選12回だから良い」と言う理屈では美山さんが言うように「この国を変えられない」のではないか・・。

処で、気になるのは韮澤補佐官の立ち上げた「国会王子メールマガジン」、国会王子のキャラクターも抜群だが、彼の持ち前のアジテーターが効を奏したか(?)、ネット調査「誰が総理にふさわしいか」で「朝倉啓太」が「予算否決」に関らず、53%を取るくだり。どうも、「小泉再登板」のサブリミナルに見えるのはマッシーパパだけだろうか?そして又、その目で見ると、韮澤補佐官の強引、傲慢な態度が、”監修”飯島勲とダブって見えるのも考え過ぎだろうか・・。♪

「マッシーパパの遠吠え」を応援してくださる方は下記ブログ村へのクリックをお願いします。

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

|

« いい年をして、落書のオイタはいけません! | トップページ | 「無駄遣い撲滅プロジェクトチーム」こそ一番の無駄!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/22010860

この記事へのトラックバック一覧です: CHANGE8 無手勝流VS権謀術数:

« いい年をして、落書のオイタはいけません! | トップページ | 「無駄遣い撲滅プロジェクトチーム」こそ一番の無駄!? »