« ”擬装三兄弟”に古館キャスター激怒!? | トップページ | 加藤紘一は日本の国会議員?それとも正日の忠実な僕? »

「タスポ」って「タバコのパスポート」の略なんだ!

スーパー・ダイエーのレジ係が最近、「年齢確認」と書いた札を首につるしている。すわ、ダイエーさん、この物価高のみぎり、65歳以上の老人に特別割引でもしてくれるのだろうと期待したら、サにあらず。どうやら、夏休みが近づいたので、未成年者の喫煙・飲酒を防止するために年齢確認をしているとか。それも、警察署からの指導で始めたようだが、店頭での「売る売らない」のトラブルは一切、関知してくれないようだ。因みにいうと、「未成年者喫煙禁止法(明治33年施行)」に「販売するものは年齢の確認をする(4条)」とあり、「未成年者と知りながら煙草を販売したものは罰金50万円に処せられる(5条)」とあるから、それも法的に仕方ないことなのだろう。

処で、7月1日から東京、沖縄などでもタスポの導入が始まり、これで愈々全国展開になるという。がしかし、現実は厳しく、6月末で発行枚数は641万枚、全喫煙者2600万人の24.6%で、協会が目論んでいる50%の普及率にほど遠いとか。そして、普及率低迷の理由は偏(ひとえ)に、身分証明のコピーに加え顔写真まで添付せねばならない、発行手続きの煩雑さにあるといわれる。従って、面倒くさがりの喫煙者はコンビニやスーパーで購入するようになり、自販機に頼るタバコ店は売上が激減。マジ、倒産も増えていると聞く。一方、肝心の未成年者だが、親のタスポを持ち出したり、先輩のカードで悪用するなど弊害も目立ち、一寸した社会問題にもなっている。

ま~、この騒動、マッシーパパにはなんとも理解しがたいところがある。一つは、そもそも「自販機が未成年者の喫煙を助長する」と言う理由でタスポが導入されたのに、肝心の仕組みが(利用者に)受け容れられず、未成年者の歯止めにもなっていないこと。ならば、始めから自販機を撤廃する手もあったはず。このことはNPO法人日本禁煙学会が早くからタスポの弊害を見抜き、世界的にも廃絶の流れにある自販機の全廃を訴えていた。

尤も、自販機の設置台数が07年末で52万台。1台30万円もし、タスポの改造費だけでも7万円するから、364億円もの特需になるので管轄官庁(財務省?)としては賛成するわけがない。それに、地方の煙草店が困ろうが、都会なら異業種でも金とスペースさえあれば無人でしっかり稼いでくれる金のなる木だ。であるから廃絶の流れにはとてもとても・・。ま~、これも地方格差を生む国の政策のひとつかも(?)。

そして今一つは、顔や手や指紋等、我が国の認証システム技術の進歩は著しいのに、なぜ、カード式に拘ったのか?不思議でならない。その証拠に、面倒なカードを使わなくとも、機械に顔を写すだけで、皺や骨格から3秒ほどで成人か未成年かを判断する自販機が実際、「「フジタカ(http://www.fujitaka.com/newsrelease/2008/20080704.html)」から発売されている。もし、購入単価が高いというなら、JT(日本たばこ会社)が一部補助するか資金を貸し付けるなどいくらでも、対処のしようはあったはず。

いや、おかしいのはこれだけでない。「未成年者喫煙法」そのものが理不尽なのだ。即ち、「未成年者が喫煙する場合、行政処分はその器具の没収のみ(2条)」とあり、後は一切お構いなしであること。別に、兵法をとくわけでないが、外堀ばっか責めていても、これでは本丸は落とせないと、マッシーパパはいいたいのだ・・。♪

ともあれ、どうして、日本は少年の犯罪に甘いのだろうか?それとも、社会が飲酒や喫煙に鷹揚だからなのか(?)・・。マッシーパパの疑問が解けないはずだ・・。♪

「マッシーパパの遠吠え」は「ブログ村」ランキングに登録しています。是非、下記をクリックして応援してくださいね。

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

|

« ”擬装三兄弟”に古館キャスター激怒!? | トップページ | 加藤紘一は日本の国会議員?それとも正日の忠実な僕? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/22222310

この記事へのトラックバック一覧です: 「タスポ」って「タバコのパスポート」の略なんだ!:

« ”擬装三兄弟”に古館キャスター激怒!? | トップページ | 加藤紘一は日本の国会議員?それとも正日の忠実な僕? »