« 「檄(げき)を飛ばす」と元気のない者まで活気付くの!? | トップページ | 堀江被告、塀の中に戻れば太ると、即金で保釈金払い! »

橋下知事VS東国原知事 「どちらが知事にふさわしいか」

今朝の「スポニチ」に『橋下おこし即完売 やらせPR効果てきめん!』と見出しがデカデカと躍っている。早い話、先日の「肖像権騒動」はなにわ銘菓・岩おこしの発売宣伝のために仕組んだ、橋下知事と池田市との出来レースだったというのだ。これって、あの東国原知事がヤラセで憤慨したという彼の元秘書・吉川氏の書いた暴露本問題とまったく同じ手やん。ホント、タレント知事のマスコミを利用する手練手管のすごいこと。

ところで、東国原知事の方はそろそろ宮崎の「セールスマン物語」も飽きられてきたのか、それとも本人の地が出たのか又ぞろ「ゲンダイネット」の標的に・・。曰く、『東国原知事有料講演会でぼろ儲け』と題し、「他府県まで出かけて行って、下ネタで稼いでいるがそんな暇があるなら地元の有権者と向き合う時間を持ったらどうか」と皮肉られているのだ。一方、橋下知事はというと、就任後積極的に「大阪維新プログラム」に取り組み、破綻寸前の財政再建に大鉈を振っているのが評価されだした。たとえば、「産経」の世論調査でも職員や府会議員の人件費と各種助成金のカットに、一部反対する人はあるものの75%が支持。それも前回調査を10ポイント上回っているという(http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080419/lcl0804192004001-n1.htm)。

すなわち、就任直後にあった「タレント知事、目立ちたがり、壊しや」との批判が消え、「信念の人、強い意志とリーダーシップに長けた人」と評価が一転したようなのだ。そこで、独断と偏見だが、マッシーパパが両知事を採点して見ることにした。

まず、①人気度だが、選挙時は橋下の全得票数/総投票数が53.5%と東国原の44.4%を凌駕する。が、現在は東国原が知事歴に一日の長があるだけに、地元での人気は90%と、(橋下の)75%を大きく引き離す。

②次に県政の実力だが、議会対策はともに有権者の圧倒的人気を背にしているので比較的うまくいっており互角。ただ政策面では、実質公債費比費(18%以上で起債にあたり許可が必要)が15.6%の大阪は宮崎の12.2%に比べ厳しい舵取りが必要。だからこそ、果断に取り組む橋下の評価が上がっているのだろう。それに比し、第三次産業の従事者が日本一多いだけに、宮崎産品を外にPRして来るだけで勤まる(?)知事と大違い。ここは圧倒的に橋下に軍パイが上がるのでは・・。

最後に、③政治家としての資質(適正)だが、橋下は目標を慎太郎知事に置くほど向上心が強い。それに、自民党本部を訪れても、臆することなく、「国家公務員の給与を下げるぐらいしなければ」と具申する根性も持つ。これに対し、東国原はせいぜい、国会でマンゴウをセールスするのが関の山(?)。いや失礼しました。そういえば、福田政権のかばん持ちをして「ガソリン租税特別」の成立を後押ししていましたっけ。まー、いずれにしても弁護士上がりと根っからの下ネタタレントでは、この勝負は比較にならないだろう・・。

では、総合点で橋下知事の方が圧勝かということになるが、マッシーパパの目から見れば、それも一寸疑問の付くところ。というのは確かに、ただ暇をもてあまして、TVや講演に稼ぎまくっている「東国原」より優れていることは認められる。が、大阪府知事としてはまだまだ、合格点を挙げるわけに行かないのだ。つまり、本当に優れた知事であるか、政治家であるかは財政再建を成就して後の評価になるからだ。しかも今、75点の評価を取っているからといって、「削減」をただ図っただけ。つまり削減するだけでは再建したことにならない道理なのだ。

マッシーパパでさえ、ささやかだが、勤務時代に累積赤字子会社の再建チームに所属したことがある。その経験からも1、2年なら緊縮予算は持つが、収入が図られない限りいずれ頓挫する。つまり、橋下府政にはその収入増の絵図が指し示されていないことが懸念されるのだ。

そして、今ひとつは職員給与平均10%カットに対し、府会議員がたったの15%。そして、ご自身は熊本県知事が就任と同時に「月給100万円カットで、一般職員平均の24万円にする」を聞き、「思い切ったことをしましたね。僕には出来ません」と答えたそうだ。これでは部下がついてくるだろうか。

民間ならすでに倒産するほどの財政破綻で、社長がぬくぬく給与をむさぼっておいて、どうして社員がやる気を出せるでしょうか。それに、もともとこんな赤字財政にしてきたのは歴代の知事とそれを後押ししてきた府会議員ですぞ。それを職員並でお茶を濁すなど、もってのほか。政治家の風上に置けない姑息な行為だ。こんな調子ではたとえ、橋下知事の議会対策がうまく言っても、財政改革はうまくいきませんってこと。だからこそ、マッシーパパは疑問を呈したのである。まー、大阪がどのように変身していくか、キムタク総理同様にその「CHANGE」ぶりを見て行きたいものだ・・。♪

「マッシーパパの遠吠え」は「ブログ村」と「人気ブログランキング」の双方に参加しています。誠に面倒ですが、下記を別々にクリックして応援してくださいね。

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

|

« 「檄(げき)を飛ばす」と元気のない者まで活気付くの!? | トップページ | 堀江被告、塀の中に戻れば太ると、即金で保釈金払い! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/22584891

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事VS東国原知事 「どちらが知事にふさわしいか」:

« 「檄(げき)を飛ばす」と元気のない者まで活気付くの!? | トップページ | 堀江被告、塀の中に戻れば太ると、即金で保釈金払い! »