« 中国共産党NO.2・習近平は美女がお好き!? | トップページ | 太田農水相の事務所費問題発覚は松岡元農水相の”呪い”!? »

北京五輪の後に来るのは中国繁栄、それとも崩壊への道!?

中国の威信を掛けた北京五輪の17日間は終わった。そして、中国メディアは待ってましたとばかり、一斉に五輪成功を報じたという。五輪を巡る偽装問題や少数民族の起こした事件には一切触れずにとか。中でも、共産党機関紙「人民日報」は「金51個のずば抜けた成績で世界の注目集めた」、「五輪を機に中国は更に自信を持ち、近代化にも深遠な影響を持つ」と自画自賛したそうだ(http://mainichi.jp/select/world/news/20080825k0000e030039000c.html)。

また、閉会式に先駆け、英国首相など20数カ国の首脳を招待したレセプションの席上でも、胡主席が誇らしげに「北京五輪の成功は中国人民と世界の人々がともに努力した結果」と五輪関係者と選手をねぎらい、「北京五輪の開催により、中国人民と世界の人々の相互理解・友情が深められるだろう」と述べたという。

さすが、唯我独尊のお国柄、党のトップもそのPR紙も世界の批判に耳をふさいで我田引水でやり過ごすようだ・・。

処で、中国政府も喜んでばかりはいられない。内外に積み残した問題は全て、「オリンピックが終わるまで」と凍結されていただけだからだ。しかも、五輪開催中に次々明るみに出た偽装問題や報道規制などで、決して開かれた国でないことを露呈してしまった。そして、開会式や閉会式に見せた「大国中国」を大衆動員で誇示するやり方は全体国家をイメージさせ、世界の警戒心を一層強めたと思う。それ故に、胡錦濤政権にとっても五輪の成功は追い風になるのか向かい風になるのか予断が許せないというのが実相でないか(?)・・。

そして、何よりも五輪後の中国経済の行方である。その国の経済をみるのに株価は一番というが、中国本土株は昨年後半より大幅下落を続けている。もちろん、世界同時株安の影響もあるが、下げ幅ではほかと比較にならないから、やっぱ、五輪後の経済失速を懸念した売りたたきもあるのだろう。つまり、4兆円強という五輪特需が一巡してしまえば、景気に陰りが出るのではと悲観論が台頭しているからだ。

もちろん、悲観論があれば当然、楽観論もあるわけで、この問題を特集した「毎日」は「五輪特需そのものが中国全体の投資の4%にすぎず、成長率に与える影響は限定的」「また、五輪後も再来年の上海万博や総額16兆円に上る四川大地震復興事業がある」と記事に書いている。ただそれも、「米国経済の減速と原材料アップ、人民元高で輸出企業の打撃も大きく手放しで喜べない」と注釈しているが・・(http://mainichi.jp/select/biz/news/20080817k0000m020071000c.html)。

ま~、確かに、中国の急速な経済発展は安い人件費と器用なコピー能力で製品の競争力をつけ、輸出を伸ばしてきたおかげである。それだけに、お得意先の米国や日本の景気が後退すれば、当然、輸出鈍化とともに経済に赤信号がともることになる。従って、問題は如何に、輸出の落ち込みを内需の振興でカバーするかになるが、言うは安くして最も難しい課題である。

すなわち、日本がかって、米国への輸出が行き過ぎ、米国から「内需振興」を義務付けられたことがあるが、その対応に長く、悩んだように同じ轍を踏まねばならない可能性もある。そして、内需問題になると、浮上してくるのが、内陸部と沿岸部の格差問題である。もちろん中国政府も手をこまねいていない。沿岸部にある”世界の工場”を強制的に内陸部に移転させ、彼らの賃金を上げることで格差問題の是正を図ろうとしているようだが、いかが相なるのか(NHKクローズアップ現代http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku2008/0807-2.html)・・。

ともあれ、中国はお隣の国だけに、本音を言うと、巨大になりすぎても困るし、かといって、崩壊しても尚やっかい。それだけに、五輪後の対応に注目がいくが、驚くことにかの国は経済急減速回避のための緊急経済対策を早、発動するというのだ。それも、5.5兆円の大型対策だとか。うーん!(http://mainichi.jp/life/money/news/20080824k0000m020019000c.html)。

どこかの国の総理の、何を決めるのにも自分で決められず、「グズグズ」、そして、「チマチマ」した金額のばら撒き予算と大違い! あ~、日本もこんな決断の早いリーダーシップを持った総理が早く出てきてくれないかな!・・。♪

「マッシーパパの遠吠え」は「ブログ村」「人気ブログランキング」とのランキング上位を目指して頑張っています。    この処、順位が下がり気味ですので、面倒ですが是非、下記二つををクリックして応援してくださいね。

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript" SRC="http://parts.blog.with2.net/bp.php?id=666082:tUGA9eEGvXQ"></SCRIPT>

|

« 中国共産党NO.2・習近平は美女がお好き!? | トップページ | 太田農水相の事務所費問題発覚は松岡元農水相の”呪い”!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/23241529

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪の後に来るのは中国繁栄、それとも崩壊への道!?:

« 中国共産党NO.2・習近平は美女がお好き!? | トップページ | 太田農水相の事務所費問題発覚は松岡元農水相の”呪い”!? »