« ”キジも鳴かずば打たれまい”に、嘘つき野郎は困ったものだ!? | トップページ | ナベツネさん、あなたのような人を”マッチポンプ”と呼ぶのですよ! »

金正日、生きてるの?死んでるの?どっち!

北朝鮮が9日、建国60周年を記念して軍事パレードを実施したが金正日が出席していなかったことから、重病説、死亡説、はたまた、姿を隠しているだけと、揣摩憶測が飛び交っている。おそらく、今頃、米中韓露6カ国協議のメンバー国は情報収集にしのぎを削っていることだろう。それに比べ、米国のCIAや韓国国家情報院、中国の国家安全部のような専門の諜報機関を持たない日本はこれらの国の情報のおこぼれを待っているか、さもなくば、警察庁公安部や内閣情報調査室のメンバーが米韓の一般紙を読み漁っているのかも・・。

それにしても、今度の騒ぎようは異常である。韓国朝鮮日報は、「これまで、50周年や55周年の節目には大規模な閲兵式を行い、総書記が必ず参加していた。それがこの日は正規軍の行進を取りやめ、民兵だけのパレードも夕方6時以降にするなど異例ずくめだというのだ。そして、韓国以外の外交情報筋によると、「フランス人医師や中国人医師団も北朝鮮に入った」と言われ、「総書記が脳卒中や心臓病に倒れた可能性が高い」という(http://www.chosunonline.com/article/20080910000009)。又、中央日報などは『<金正日総書記健康悪化説「7月から影武者が代役だった』と、北京の北朝鮮関連消息筋の証言として、「総書記の健康悪化説は今年7月から伝えられており、7月以後は事実上、影武者が代役を務めていた」と得意の飛ばし記事(?)まで書いている(http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=104403&servcode=500&sectcode=500)。

尤も、何でも秘密にするこの国のこと、しかも、「金正日が自身の健在をアピールするため、意図的に長期間公開的な活動を中止する場合もある。そして逆に、死亡説などが浮上すると彼が急きょ公開活動を再開し、健在を示す場合が少なくない」とする説も依然、有力である。従って、朝鮮日報も一方で、『式典不参加、本当の理由とは』と題し、その理由を、「米国のテロ支援国家指定解除を記念式典での最大の実績として誇りたかった。しかし、それもかなわず、又、食糧難が深刻化するなど対内外的に成果がない状況で、金総書記が姿を現すのは負担に感じられた」とする。あるいは、「長距離ミサイルの打ち上げや核実験などを控え、2、3週間ほど、米国の報復攻撃を避けて身を隠した可能性」も理由に挙げられているとか(http://www.chosunonline.com/article/20080910000014)・・。

ま~、いずれがあたっているのか、どれも現段階では定かでなく、予断は許されない。それにしても、わが国の宰相の動静とえらい違いだ。シンゾー君が入院しようと、御仁が引きこもろうと、世界の情報機関はなんの関心も示さず、マスメディアも3面記事扱いがせいぜいのところ。国の格なら、「北」と比べるべくもないのに、トップの存在感では逆に雲泥の差が・・。これが、日本の国際的地位が向上しない最大の理由なのかも・・。

処で、当の北朝鮮の見解だが、日本と馴染みの深いソン・イルホ(日朝正常交渉担当相)が「一顧の価値もないどころか、一つの謀略策動だとみなしている」と否定。又、「北」NO.2の金永南も「問題ない」と健在を示唆したという。

ともあれ、問題は正日が米国情報のように重い病に倒れていたり、中央日報の言うようにすでに死亡していた場合の日本の対応である。果たして、するべきことは山とあると思うにのに、国のトップはすでに引きこもって我関せず。他の連中はというと、愚にもつかない”踊る大総裁選”で浮かれている。まことに嘆かわしい現状で、場合によっては対応に遅れをとったり、国益を損なうことも十分に考えられる。少なくとも、拉致や核問題など、6カ国協議で置いてきぼりを食うのは必定であろう。ホント、日本のリーダーが、辞任を表明したからといって、高級料理店で家族とのんきに舌鼓を打っている場合ではないでしょう・・。

とここまで、書いてきて、直近の韓国ニュースを念のため、確認したら、なんと、『健康状態は回復中=米情報当局(http://www.chosunonline.com/article/20080910000034)』だって・・。そういえば、ソン・イルホが必死に重病説を否定し、金永南が「無問題」といっていたのは、「重病だったが、今は大丈夫」と、言う謎だったのかも。ホント、外交とは高官の言葉一つでも意味が深いのだということがいまさらによくわかる。だが、それにつけても、まことに残念(?)なニュースである! と言えば、失敬だろうか!?・・。♪

「マッシーパパの遠吠え」は「ブログ村」と「人気ブログランキング」のランキング上位を目指して頑張っています。下記二つに応援クリックよろしくお願いします。

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

|

« ”キジも鳴かずば打たれまい”に、嘘つき野郎は困ったものだ!? | トップページ | ナベツネさん、あなたのような人を”マッチポンプ”と呼ぶのですよ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/23645165

この記事へのトラックバック一覧です: 金正日、生きてるの?死んでるの?どっち!:

« ”キジも鳴かずば打たれまい”に、嘘つき野郎は困ったものだ!? | トップページ | ナベツネさん、あなたのような人を”マッチポンプ”と呼ぶのですよ! »