« 平成の寺田屋騒動に京都市もビックリ!? | トップページ | 事故米って何?どうしてそれが市場に出回るの!? »

”踊る大総裁選”と燃え尽き症候群の総理!?

新聞・テレビが連日、「誰が参戦する」の、「どの派閥が誰に組する」の、いや、「脱派閥だ、中堅・若手の決起だ」と面白おかしく総裁選の動向を報じるものだから、ますます、福田御仁はしてやったりとほくそえんでいるかも。そして、彼の「蜂の一刺し」に痛手を受けた小沢民主も当初は危機感を募らせ、「メディアジャックされた中でわれわれの存在感をどのように示すか」と、無投票の民主党代表戦を悔やんだものだ。

それが」『一転、ほくそ笑む民主単なるお祭り騒ぎ」「国民に対し失礼だ(「毎日」)」』と言う展開に・・。すなわち、麻生(67)、小池(56)、石原(51)、与謝野(70)の4人で争う構図に固まると見られていたのが、山本一太(50)、棚橋泰文(46)、石破茂(51)など、続々手を上げ、まるで、売名行為か、賑やかしに出てきたかの様相を呈してきたからだ。そこで、今度は民主党が反撃、輿石参院議員会長は「劇場型の総裁選どころか、単なるお祭り騒ぎだ」と皮肉り、鳩山由紀夫幹事長も「レスリングのバトルロイヤルではないが、国民に対して失敬だ」と批判したとか。(http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080906ddm003010050000c.html)。

ま~、確かに、ローゼン麻生のほかに石破自衛隊オタクなど、総裁候補にオタクは二人も要らないし、参院議員でも下っ端の一太が衆院に人材がないといわぬばかりのでしゃばりもひどすぎる。たとえ、参院議員でも総理大臣になれるというものの、前代未聞の無茶苦茶だ。これを売名といわずして何というのでしょうね。それに、キムタク総理にあやかりたいと(?)、無名候補の棚橋まで出てくる異常さ。しかも、その彼らのいずれもが「若手議員を代表して」と口を揃えて言うが、いまだに推薦人20人も集められず見切り発車する不真面目さ!ホンマ、自分たちのシャッポが二度も政権投げだし、国民に不義理を働いているのに、懲りずに厳粛なはずの総裁選までお祭り騒ぎにしてしまいよったわ・・。もう、目の粗いざるでどじょうを掬うようなもの(すくおうとしても救われない馬鹿)。

さて、一方の御仁だが、辞任表明後、「ぶら下がり取材」も拒否、「電話問い合わせもNO」を貫いているようだ。そして、9月下旬に開催予定だった日中韓首脳会議もドタキャン。又、25日に予定の国連総会演説も行かないと、かたくなに拒んでいるそうな。前者はやっと中韓とよりを戻して親しく語り合え、しかも国際会議の忙しい合間をぬって、日本での開催にこぎつけた大事な会議。又、国連演説も06年のジュンイチロー、07年のシンゾー君に引き続き連続3年も欠席するので、「国連重視」を主張する日本の信用問題になりかねない。

更に、このドタバタ騒ぎに乗じた北朝鮮が拉致被害者の再調査に関する「調査委員会」の設置見送りを連絡してきたとか。たとえ、「北」のことゆえ、結果を見てみなければ誠意のほどもわからないが、それでも相手に口実を与えたことは外交上の大汚点。しかも、「拉致問題は私の手で解決する」と国民に約束しただけに、その罪は重く、謝っただけではすまないだろう。いや~、被害者家族はもとより、国民にも一度も謝っていなかったっけ!・・。

それにしても、どうして、二世総理はこうもいい加減なんだろう。シンゾー君も昨年9月12日に投げ出した時には病を口実に翌日から病院に逃げ込み、ほとぼりの冷めた総裁選直後の24日に初めて国民にお詫び会見。翌25日に最後の閣議、31日には閣僚の辞職を取りまとめただけで再度、病院にトンヅラ。一方、任期まで全うしたジュンイチローはというと、離任4ヶ月前から、「卒業旅行」だと、6月にカナダ・米国。その米国ではプレスリー邸を訪れて、彼の身振りを真似て呆ける醜態を見せている。又、7月はロシアサミットと中東3国訪問。中東ではイスラエル・パレスチナ紛争の仲介だと「ヨルダン渓谷」の開発にODA援助を約束 そして、8月にモンゴル、9月にもカザフスタン、ウズベキスタンに外遊。彼の場合は文字通り外遊なのだが、それは政府専用機使用料、同行職員の出張費、車両借り上げ料など、1回につき数億円、この4回で締めて8億円を使う、大名旅行をしているからである。

ともあれ、かたやは”引きこもり”かたやは”卒業旅行”。いずれにしても、困った連中であるのは間違いない。そして、共通するのは我がまま一杯に育てられた二世議員だということ。つまり、親父がただの人なら、絶対国会議員にも総理にもなれなかった連中である。そういえば、今回、立候補予定の7人中、二世・世襲でないのは与謝野薫と小池百合子だけだっけ。なるほど、こりゃー、問題だわ!?・・。♪

「マッシーパパの遠吠え」は「ブログ村」と「人気ブログランキング」のランキング上位を目指して頑張っています。下記二つに応援クリックよろしくお願いします。

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript" SRC="http://parts.blog.with2.net/bp.php?id=666082:tUGA9eEGvXQ"></SCRIPT>人気ブログランキング</a>

|

« 平成の寺田屋騒動に京都市もビックリ!? | トップページ | 事故米って何?どうしてそれが市場に出回るの!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/23547312

この記事へのトラックバック一覧です: ”踊る大総裁選”と燃え尽き症候群の総理!?:

« 平成の寺田屋騒動に京都市もビックリ!? | トップページ | 事故米って何?どうしてそれが市場に出回るの!? »