« 「消費者を保護するため」とおためごかしを言う大臣! 実は、「マンナンライフ」が目障りだった!? | トップページ | 石原慎太郎、伸晃は親子鷹? それともただの蛙の親子!? »

パフォーマンス舛添の”金曜劇場”にゴーマン慎太郎が吠えた!?

「テレビ文化人」と自負し、「政治家はメディアを通じて国民に情報を知らせる義務がある」と公言してはばからないパフォーマンス男の舛添大臣がまたまた本領を発揮した。

10/24(金)、妊婦たらいまわし問題で槍玉にあがっている都立墨東病院に大臣が視察をしたというのだ。しかも、問題発覚直後の金曜日にだよ!。

厚労相が事故直後に現地の病院を視察するのは異例の対応だというが、一体、何が目的だったのでしょう!

当の本人はその視察の目的を「周産期に対応する全国の病院がどの程度のスタッフで勤務を回しているか把握し、墨東病院と同じようなら改善したい」としている。そして、閣議後会見では「こういう事故が2週間も厚労省に情報が上がってこないのは問題。週末に当直が1人しかいないのに周産期医療センターだと言うのは羊頭狗肉で、国に相談してこなかった都にも大きな責任がある」と都を厳しく批判したとか。

出ましたよ、この人得意の「すべて、問題と責任は他人のせい。手柄は自分ひとりの功績」が。そして、解決策として、「(開業医など)それぞれの地域で持っている医療資源を使って対応するしかない」と、医師会の協力を提案したという。

もう、目の粗い笊(ざる)でめだかを掬うようなバカッぷり(救おうとしても救えないバカ)・・。

あなたごときがたった30分で結論が出る問題なら、厚生官僚は誰一人いりませんって。ましてや、年金も医療保険もぐちゃぐちゃにするような厚生官僚などなお不要。ついでにあなたもだけど・・。

真の問題はそんな医師会の協力で収まるほど、柔い問題でないことは一昨日のブログに述べたばかり。まず、それを読んでからにしてもらいたいものだね。

と、あきれていたら、大臣に正面切って、喧嘩をうられた慎太郎知事がこのことでカンカン。「厚労相の医療行政が間違ってきて、医者がこういう体たらくになった。こういう事態を作ったのは国じゃないか。反省してもらいたいのは厚労省で、担当の大臣様だね」と噛み付いた。

そして、「これは医療事故じゃない。事故だったら国に報告する責任があるが、結果として救急救命室で処置している。お産というのは非常に危険な作業で、今度の場合はレアケースだった。そういう事態を踏まえてものを言ってもらいたいね」と反論したとか。そして、とどめの言葉が「年金の問題でも大見え切るけどいつも空振りする。もっと頭を冷やしてものを言ってもらいたい」」だって・・。

今回のバトル、一見、慎太郎知事の方に分があるやにみえるが、煎じ詰めればどっちもどっち。

確かに、根源的な問題では先日も言ったように、医療制度そのものが崩壊寸前。それも、医療費削減を主体とした小泉医療制度改革に起因する制度上の欠陥が露呈している。だからといって、現場を預かる地方医療行政も知恵や工夫を十分に出し切っているとはいいがたい。

いずれも、国民目線から政治や行政が離れてしまった結果かと思う。それだけに、この二人の会話を聞いていて、正直、どちらもええ加減にしてんか?と突込みたい心境だ。

それにしても、困ったものである。近頃の政治家や大臣、うちに向いて仕事をせず、外にパフォーマンスばっかする。昨日の野田大臣の例もそうだが、みんな、TVに露出することだけ考えよる。本気になって国民の要望に応えようとしないのだ。今回のパフォーマンス視察もどうせ、土日の視聴者受けを狙ってのことと思うけど・・。

これもあれも、みのもんたとか田原総一郎など電波芸者と呼ばれるキャスターの責任かも。番組を盛り立てようと、ことの善悪を考えず、ただ、視聴率だけ上げればよいと見境もなくゲストに呼ぶからだ。そして、呼ばれたほうも、「独占会見」とか「話題の人」とおだてられ、反対意見を気にせず、思いのたけを言える。まさに、自分のCMタイムみたいなもの。

だからこそ、野党につるし上げられる国会では、本当のことをしゃべらず、TVの前で国民に迎合する言葉ばっか喋って責任をとらない輩が出てくるのである。その典型が枡添であり、石原知事であろう。

こういうことを繰りかえすようでは、日本の政治はいつまでたってもよくならない。やっぱ大臣はパフォーマンスで存在を示すより、官僚の首根っこを抑えて、政策で競わさせねば駄目。その意味で、枡添と石原のバトルも所詮、コップの中の争い、むなしいだけの一言だ・・。♪

「マッシーパパの遠吠え」は「ブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しています。よりよい記事を書く励みにもなりますので、是非下記応援クリックをよろしくお願いします。

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« 「消費者を保護するため」とおためごかしを言う大臣! 実は、「マンナンライフ」が目障りだった!? | トップページ | 石原慎太郎、伸晃は親子鷹? それともただの蛙の親子!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/24741674

この記事へのトラックバック一覧です: パフォーマンス舛添の”金曜劇場”にゴーマン慎太郎が吠えた!?:

« 「消費者を保護するため」とおためごかしを言う大臣! 実は、「マンナンライフ」が目障りだった!? | トップページ | 石原慎太郎、伸晃は親子鷹? それともただの蛙の親子!? »