« 娘を持つ父親に朗報!? 加齢臭の犯人は血液型だった! | トップページ | 中国メディアからも「酒宴政治」と揶揄されたローゼン閣下、またブチ切れ!? »

ローゼン閣下、韓国の「対馬」領有に関心なし!?

「産経」が『対馬が危ない 韓国、不動産相次ぎ買収』と題し、古来、防衛の要衝だった“防人の島”が韓国からの観光ラッシュとともに、韓国資本による島の不動産買収が進んでいると危惧している。中でも、自衛隊の基地に隣接する土地に、韓国資本のリゾートホテルや民宿が存在するのは国防上からもきわめて問題だと指摘。しかも、島民の名目で不動産を取得しているから一体、島内に韓国系の施設がいくらあるのかすら不明だというのだ(http://sankei.jp.msn.com/life/trend/081021/trd0810210907005-n1.htm)。

実はこの問題、06年5月にも、「週刊新潮」に『竹島の次は対馬か!明日は韓国領土の危機が進行中』と衝撃的な記事が掲載されていた。当時のマッシーパパの日記を紐解けば、

「人口4万人弱の対馬市に韓国人観光客が年間4万人も訪れ、彼らの勝手放題に街が蹂躙されているというのだ。日本人ですらほとんどスルーする何もないこの島に釣りと山登り目的に訪れるというのだが、どうやらそれだけではない。

今、韓国では竹島問題に対抗して「対馬は韓国の領土」とする運動が盛んだという。彼らは、例によって素性も定かでない文献を持ち出し「対馬は古来、韓国の領土。だから日本から取り戻そう」と、運動の一環として対馬観光を煽っているという。そして、この島の経済を潤すことで、島民の韓国帰属意識を高めれば取り戻せると企んでいるとか。

がしかし、言ってることとすることは正反対。釣りは、禁止している漁も平気でするし、飲食物は国から全部持ち込み(勿論、臭っいキムチも)、食べかすはどこでも捨てる。兎に角マナーの悪いこと悪いこと。
従って、(漁業中心の)住民は彼らのやりたい放題に音を上げているそうだ。それでも、年間、数十億は落としていくからホテルや飲食など観光業者は大助かり。ここの市長など、「国が何もしてくれないので、韓国人観光客は大歓迎」と国を売るのも平気な口ぶりとか。
そして、この記事が懸念しているのは、釜山-対馬の高速船で2時間半の距離だけに観光客はいずれ島民の何倍にも増えるだろう。しかも最近、韓国資本がどんどん対馬の土地を買って観光に進出しているので、このまま放置していると、いずれ竹島同様、対馬も島ごと韓国に乗っ取られるというのである」と書いている。
                       
一体、これはどういうことなのか?2年半もの間、行政は何も手を打たなかったのだろうか?この間に韓国から訪れる敵さんは、年間7万人に膨れたというのに、彼らの落とすウォンは土地の人を潤さず、ほとんど進出した韓国資本に吸い取られている。そして、島の厳原港まつりも、いつのまにか「アリラン祭」に姿を変え、一層、韓国化が進んでいるとも聞く。こんな馬鹿なことが日本の領土で許されていいのかと憤りさえ覚えるぐらいだ。
どうやら、島の住民も市の馬鹿げた観光行政に気づきはじめたようで、今年3月の市長選に現職にノーを突きつけ、改革派の現市長松村氏を圧倒的多数で選んだようだ。そして、市は韓国人観光に依存する行政から脱皮するため、離島の活性化を画策しだしたという。
しかしながら、離島の市当局に独自の改革は望むべくもなく、島民は「刑務所でもいいから誘致させてくれ」とか「現在の1400人規模の自衛隊を5000人-1万人に増加してほしい」と要望している。すなわち、誘致することで雇用も住民も増えて、経済的自立も可能になるからである。また、市長は早急に安全保障上の視点を踏まえた『国境離島振興法』の成立を求めているともいう。
すなわち、国境離島の特性に即した住民の生活安定と福祉向上を図り、もって、我が国の領域、排他的水域の保全、海洋資源と自然環境の保護等「海洋基本法」の目的を達成するのだというのだ。
だが、それだけでは、不十分だと、この対馬の韓国問題に憂慮する山谷えり子参議院議員が会長をつとめる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」が「国境離島新法」の制定を目指しているようだ。

そしてその中には 1)売りに出た土地に買い手がない場合は国が買い上げ、国有地にする。

2)既に外国人が保有している土地については、一定の期間を設け、日本政府が適正価格で買いとる、など、国境を守る算段が織り込まれているとか・・。

ともあれ、万一、対馬の土地の大半が韓国民族に占有され、在日韓国人60万人の内、4万人ほどが住所を移してくれば、市が丸ごとのっとられることになる。しかも、民主党の一部や公明党で画策されている「外国人参政権」が万一施行されるなどした場合、完全に独立王国化される危険もあるのだ。

と、ここまで書いてきたら、突然ニュースが飛び込んできた。『【対馬が危ない】麻生首相、買い占め「悪いとは言えない」』と(http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081021/plc0810212057013-n1.htm)・・、

いわく、閣下が、「土地は合法的に買っている。日本がかつて米国の土地を買ったのと同じで、自分が買ったときはよくて、人が買ったら悪いとは言えない」と発言したという。この男、どこまでKY人間なのか? 

多分、三菱地所がニューヨーク摩天楼の象徴であるロックフェラーセンターを買収したことを指しているのだろうが、国境の離島と一緒にしている愚。閣下のようにノー天気をかましていれば、今に大変なことになる。

あの、「竹島」も韓国大統領の李承晩が李ラインを引いたときに歴代の自民党総理が「無問題」と放置してきたことから、やすやす韓国に領有されてしまった。その故事に学べないのだから、閣下も無能の輩とそしられても仕方ないだろう。

もういい加減、若者もローゼン閣下にシンパぶる馬鹿さ加減から目を覚ましたらどうだろうか!・・。♪

「マッシーパパの遠吠え」は「ブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しています。よりよい記事を書く励みにもなりますので、是非下記応援クリックをよろしくお願いします。

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« 娘を持つ父親に朗報!? 加齢臭の犯人は血液型だった! | トップページ | 中国メディアからも「酒宴政治」と揶揄されたローゼン閣下、またブチ切れ!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/24666017

この記事へのトラックバック一覧です: ローゼン閣下、韓国の「対馬」領有に関心なし!?:

« 娘を持つ父親に朗報!? 加齢臭の犯人は血液型だった! | トップページ | 中国メディアからも「酒宴政治」と揶揄されたローゼン閣下、またブチ切れ!? »