« 明石家さんまも例外でない!? テレビ不況で番組リストラ! | トップページ | 麻生閣下が総理公邸に引っ越すのを嫌う理由は!? »

解散・総選挙を逃げてる政府・与党に「消費税」を語る資格があるの!?

自民、公明両党は23日未明、税制抜本改革の「中期プログラム」の政府案の修正で合意。政府案に盛り込まれた、消費税率引き上げ時期の「2011年度」は明記する一方、公明党の主張を取り入れ、今後3年間、景気回復に取り組む表現をより強めたという。つまり、原案の「経済状況の好転後に消費税を含む税制抜本改革を2011年度(3年後)より実施」を、「経済状況を好転させることを前提に、消費税を含む税制抜本改革を11年度より実施できるよう必要な法制上の措置をあらかじめ講じる」とし、経済状況の好転を「前提条件」にしたとか(http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081223-OYT1T00086.htm)・・。

そして、これには「3年後の消費税引き上げ」方針に固執した麻生閣下も大満足。一方、とにかく選挙前の「引き上げ」はご免だといっていた太田代表も「景気回復が前提なら」と承知したとか。こういうのを世間では「同床異夢」というのだろう。

つまり、閣下の狙いはあくまでもジュンイチロー氏の「郵政選挙」をなぞってのもの。政治評論家の有馬晴海氏の言葉を借りれば、「消費税増税を争点にして闘うのは有効な手立てと読み、強いリーダーシップを見せることで、結果的に党の求心力を取り戻せる」と賭けに出たのだ(http://www.j-cast.com/tv/2008/12/18032421.html)。

又、公明党・大田代表も、意外に閣下が打たれ強いのと、自分たちの脅しにも乗らないので、これ以上、踏み込むと、ホントに両党の関係が崩壊しかねない。それに、追い込みすぎて今すぐ解散されても困るから、どこかで、譲歩もやむえなしと手をうった感が強いのだ。

でも、これって、すごく「変」、今年の漢字一文字だよ!

第一に、①これを政府案として「閣議決定」するそうだが、そもそも、国民の信託を受けないまま、阿部、福田、麻生と闇政権が続いていることが異常。その政府与党に消費税アップなど、語る資格があるわけないじゃん。しかも、「郵政選挙」自体、参院での否決を理由に無理やり解散した邪道の流儀。それをまねするなど、二重の間違い、やるならやってみなさいというのだ。どんなに、向こう見ずの賭けだか?思い知らされるでしょう・・。

②次に、今なぜ、消費税なのか?リーマンショック以来、消費税引き上げに反対する「上げ潮派」の声を聞かなくなったと思ったら、これ幸いと急に、「構造改革派」が目を覚ましたように強気に出る。何がプライマリー・バランスだよ!それをいうなら、まず、天下りや独立法人の無駄予算をなくしてからにしてほしい。政治とは、すべからく、政策の優先順位に尽きるんだぜ!

③そのために、去る、10日、民主党が模範を示しているはず。即ち、「子ども手当、ガソリンなどの暫定税率廃止、中小企業いじめ防止、中小企業への融資条件公開を金融機関に義務付ける金融アセスメント、フリーター就労支援など雇用対策、中小企業への法人税率半減等々、経済6法案を提出したが、どこにその経費20.5兆円を増税で賄うといったか! すべて、財源は地方自治体への各省補助金の一括交付金化や天下り禁止など無駄遣い削減で9.1兆円、特別会計の毎年度剰余金など埋蔵金活用で7.2兆円を捻出するといってるじゃん(http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081211k0000m010054000c.html)。これこそ、政治といえるのでは!

④それに、百歩譲っても、消費税をいくらアップするか、具体的な数字すら明記していない。この消費税引き上げ論の急先鋒、与謝野経財相は「2015年に消費税10%、段階的に」といい、「年金・医療・介護・子育てなどに使う。(国民に)全部お返しする」とのたまうが、己は一介の大臣にすぎない。どうせ、政策決定は自公与党の多数論で決めること。あの福田総理でさえ、特定財源の「一般財源化」を論じても、総理を辞めれば、元の木阿弥、ご都合主義もいいところだった。 あなたの言葉を誰が信ずるかってんだ!

さらに言わせて貰えば、⑤一体、3年後の「経済状況を好転させることを前提」にというが、如何にも人を食った言い様。どう定義つけるつもりなのか?「好転する」とは何を持って測るのか?そして、そもそも、誰が、どのように好転するのか?道筋がひとつも見えてない。

麻生政権は第二次補正予算すら打てず、一層、日本の景気を混迷させたお人が、どうして、自らの手で立て直せるというのだ。第一に、麻生グループの経営すら満足にできず、弟に丸投げしたようなへぼ経営者に、どうして、「100年に一度のみぞうゆう、もとい、みぞうの危機」を乗り切れるというのか。そして、「郵政選挙」のような「旋風」を起こしてみせるだと、国民をなめるのもいい加減にしろといいたい!

ともあれ、この御仁に誇れるのは日本有数の家系と爺さんの残した財さん。後はマンガ脳と出来損ないの下品なべランメイ調ぐらい。ま~、楽しめるのも今のうちだけだから、好きなだけ駄法螺吹いてくれ~!?とでも言っておこうか・・。

マッシーパパの遠吠え」の「ブログ村」と「人気ブログランキング」の順位が少し下がっています。ランキング順位はよい記事を書く励みにもなりますので、是非下記応援クリックをよろしくお願いします・・。♪

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« 明石家さんまも例外でない!? テレビ不況で番組リストラ! | トップページ | 麻生閣下が総理公邸に引っ越すのを嫌う理由は!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いろいろ物事をごっちゃにして書いてますが、消費税と関係の無いことを取り上げて批判するのはいかがなものかと思いますよ……。

「麻生首相は社会保障のために増税準備をする」と主張しているのですから、それを筋に批判するべきでは?

特に③の経済対策とか消費税増税とはなんら関係ないです……。

投稿: かえで | 2009年1月 6日 (火) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/26434809

この記事へのトラックバック一覧です: 解散・総選挙を逃げてる政府・与党に「消費税」を語る資格があるの!?:

« 明石家さんまも例外でない!? テレビ不況で番組リストラ! | トップページ | 麻生閣下が総理公邸に引っ越すのを嫌う理由は!? »