« クラシックの調べはお年寄りの癒し!? 「ハイドン・イヤーを前に~J.S.バッハの息子たちが後の時代に与えた影響~」  | トップページ | 年賀状の元旦配達、大丈夫!? 遅配・誤配の裏に郵政民営化の失敗が!  »

麻生閣下に読み間違わないコツ、失言しないコツ教えます!?

漢字の誤読が相次いでいる麻生首相が、11日の参院財政金融委員会で「低迷」を「テイマイ」と言い間違い、野党のヤジに言い返す場面があったとか。

ま~、野党もマスコミも「閣下の読み間違い」は今が旬だから鵜の目鷹の目でアラ捜しをしているのだろう。それにしても、渚のシンドバッドでないが「ここと思えば、またまたあちら」でにぎやかなことだ。

それにしても、こうショッチュウ間違うと、ホントにマンガ脳が冗談でなくなる。与党の中でも、真剣に心配して、ナカには「原稿にルビを打て」と秘書官に注文をつけるほどである。又、噂では普通記者会見では離れて見守るはずの秘書官が間近にいて、誤ればすぐに小声で知らせる体制を組んだとも聞く。もっとも、今回は委員会の答弁だからそうも行かず間違いを犯したようだが・・。

要するに、閣下は子供のころから漢字のお勉強が足らなかったということのようだが、これだけ間違いが出るとなんとなく、傾向が分析できる。つまり、閣下の苦手なのは「音読み」「訓読み」「重箱読み」の区別が付かないこと。冒頭の「低迷」も本来なら「音読み」しなければならないのに、「迷」を「迷子」の「まい」と勘違いしてしまった(?)。先だっての「踏襲」も同様に音読みすべきを、「踏」を「訓」の「ふ(む)」で読んで「ふしゅ」となったのだろう。逆に「重箱読み」しなければいけない「前場」は素直に訓読みし、「まえば」と読む等々・・。

又、根が落ち着きのないのか、「怪(かい)」を「径(けい)」と読み違えたり、「祥(しょう)」を「洋(よう)」といい間違える粗忽さも兼ね備える。一方で、「有」のように、「う」という読みがあるのを知らないから「未曾有」も「有用」もまともに読めないですべて「よう」と読む。つまり、今までの読み違いはもう、偶然でもなければ、うっかりでもない。この先もいくらでも起こりうるものである。従って、この誤りを直すには、昔の人の常識、「旺文社」の「傾向と対策」を買ってきてしっかり特訓するしかないということかも(笑い)・・。

そして、今ひとつ、閣下の弱点である「失言」も困った問題である。これも又々、懲りずに連日で二連発。14日は北九州市で、リサイクルの仕組みを説明された際、「民間で(環境対策を)銭にしちゃおう、『しのぎ』にしようというのがすごい」と品のないやくざ言葉で賞賛。そして、翌日は参院決算委員会で、健康増進策に関する質問に、自身の朝の散歩を挙げ「いい年こいて朝歩いているなんて、徘徊(はいかい)老人と間違われたりする時代があった」と答弁したという。

笑ってしまうのは、その後、首相官邸で記者団から「配慮に欠ける発言ではないか」とただされた首相は「どうして? 何かよく分からない、言っている意味?」と語ったとか(http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081216k0000m010091000c.html)・・。

ま~、ここまでくると総理自体が漫画ッぽくみえてしまうから情けない!

ともあれ、いじりやすい麻生閣下には夕刊フジは言いたいほうだい書きたい放題で、これまた、『漢字に続き…麻生、今度は「歴史も知らない」疑惑』と失敗をあげつらう。

いわく、先に配信された首相の動画マガジン「太郎ちゃんねる」の第10回で、首相は「1941年12月に第2次世界大戦が真珠湾攻撃で始まるんですけど、10年後に日米安全保障条約なんて想像した人は、たぶんあのとき1人もいない」と発言したというのだ。要するに、第2次大戦と太平洋戦争を間違えたという(http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/backnumber/n_tarou_aso2__20081210_31/story/10fuji320081210200/)。

実は悪いことに、この発言がyoutubeに配信されてしまって(http://jp.youtube.com/watch?v=SmHrOJg81x8)、もはや、国内でのんきに笑っているどころでなくなった。即ち、世界のお笑い種、日本の威信にもかかわる大事になっているのである。

ま~、これに驚いたか、あの口の悪い伊吹先生まで、なんと、『麻生さん向け、失言しないコツ6つのT」』を特別に伝授したとかしないとか。報道にいわく、〈1〉「正しい」と思い込んで不要な発言をする〈2〉「立場」をわきまえず、言ってはいけないことを言う〈3〉人を見下すような「態度」を取る〈4〉話す「タイミング」を間違える〈5〉「旅先」で気がゆるむ〈6〉笑いを取ろうと「例え話」をする――を挙げ、「ポストにいる人は注意してもらいたい」と戒めたという(http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081208-188927/news/20081211-OYT1T00555.htm)。

もう、大変だ。よってたかって、バカ殿様の不始末におびえまくっている。さりとて、首もすえかえれず、毎日が冷や汗もの。これでは、江戸時代のほうがずっとましかもよ・・。何しろ、バカ殿様の行状を抑えるために、「主君押し込め」制度が存在したのだから。即ち、暗愚な主君はお家のため、家臣によって拘禁し、時には隠居させてしまったのである。

ホント、現在の政治は近世以下というのだから処置なしだわな・・。

マッシーパパの遠吠え」の「ブログ村」と「人気ブログランキング」の順位が少し下がっています。ランキング順位はよい記事を書く励みにもなりますので、是非下記応援クリックをよろしくお願いします・・。♪

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« クラシックの調べはお年寄りの癒し!? 「ハイドン・イヤーを前に~J.S.バッハの息子たちが後の時代に与えた影響~」  | トップページ | 年賀状の元旦配達、大丈夫!? 遅配・誤配の裏に郵政民営化の失敗が!  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/26212928

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生閣下に読み間違わないコツ、失言しないコツ教えます!?:

« クラシックの調べはお年寄りの癒し!? 「ハイドン・イヤーを前に~J.S.バッハの息子たちが後の時代に与えた影響~」  | トップページ | 年賀状の元旦配達、大丈夫!? 遅配・誤配の裏に郵政民営化の失敗が!  »