« 「今年の漢字」を揮毫するあの清水寺管主も麻生総理を叱った!? | トップページ | クラシックの調べはお年寄りの癒し!? 「ハイドン・イヤーを前に~J.S.バッハの息子たちが後の時代に与えた影響~」  »

麻生閣下、「100年に一度の暴風雨」と言いながら、なぜ、ボーナスは返上しないのですか?

国家公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く一般行政職(平均35.2歳)の平均支給額は69万2900円。8月の人事院勧告で支給総額は据え置きとなったが、支給月数の配分の変更で0.025カ月分引き下げられたため、昨冬より3400円(0.5%)減ったという。

尚、特別職の最高支給額は、竹崎博允(ひろのぶ)最高裁長官の595万円。次いで衆参両院議長554万円▽閣僚434万円▽事務次官348万円▽国会議員330万円の順だった。9月に就任した麻生太郎首相は在職期間率が30%で計算され、国会議員の期末手当と合わせて410万円が支給されたとか。

又、管理職を除いた一般行政職の地方公務員(平均36.6歳)の平均支給額は65万5000円で、昨冬に比べ7000円(1.1%)減ったそうだ(http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081210dde041020006000c.html)・・。

一方、みずほ,証券の予想によると、この冬の民間企業の平均支給額は前年比3.2%減40万4千円と、昨年の同2.8%減よりも目減りが大きいと予想している。対象はパートを含む従業員5人以上の企業。今春までの積極採用などを反映してボーナスの支給対象者は3901万人と前年より1.2%増えたにもかかわらず、支給総額は同2.0%減の15兆8千億円と落ち込んでいるとか。どうやら、世界経済の減速が鮮明になり、企業は人件費の抑制を加速させているようだ(http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1226020679/)。

この二つのニュースを比べて、みなさん、どう思います!ま~、支給額だけをみても、官と民では年齢構成、職種、正規・非正規と条件が異なるので、比較ができないのはわかります。でもマッシーパパはそんなことを問題にしているのでありません。昨冬に比べ減った率があまりにも違いすぎるということです。

果たして、この冬のボーナスの対象期間に、官の業績が民を上回っていたというのでしょうか? 農水省の汚染米、霞ヶ関お役人の居酒屋タクシー問題、あるいは、年金や特定財源などから不正流用する不祥事など、連日のように世間を騒がせていましたよね。このどこに、民の努力より、上回っていたというのですかね。

むしろ、彼らの舵取りの不手際で100年に一度の大不況も予想以上に深刻度をましている。足利銀行の調査でも、栃木県内の企業の36%が減額、「ボーナスなし」と回答したのも7%もあったという(http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20081211ddlk09020123000c.html)。又、あのトヨタでも大減益を余儀なくされて、経営者や管理職が責任を取って大幅、ボーナスカットに甘んじているのである(http://jp.ibtimes.com/article/biznews/081202/24470.html)。

いや、民間だけでない。小泉改革で、骨の髄までしゃぶられ、もう逆さに降っても鼻血もでないぐらい追い詰められている地方自治体も首長はボーナスどころでない。たとえば、大阪府の橋本知事など、本来の支給額から120万円カットの280万円、平松大阪市長も10%カットの414万円とか。そして、極めつけは空港開港延期の責任をとって、冬のボーナス全額カットとした静岡県知事の例もある。

それに引き換え、地方に範をたれるべき国政の担い手が、誰一人、「ボーナス返上」と殊勝な声を上げたのを聞かない。

何よりも、この国の現状を最悪にしている張本人の麻生閣下が、知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいるのだ。この御仁、先だって、定額給付金一人12000円では「(高額所得者の)僕は受けとらない」といったけど、ウン百万円なら別とでもいうのだろうか・・。

そういえば、安部政権下、社保庁の年金不祥事で、村瀬長官が全職員に5-50%・10億円の夏の賞与返上を決めたとき、阿部首相、塩崎官房長官、柳沢厚労相らもボーナスを返上したっけ。その時にも、首相のボーナスのうち、議員歳費分(302万円)は公職選挙法の寄付行為の禁止に触れるため返納できないから法律上の上限にあたる首相としての特別職分約234万円を返納したやに聞く。

シンゾー君にできて、閣下にできぬはずはない。要は国民目線に立って国政を担っているかどうかである。いや、総理だけでない。国会議員もみな同じ。今年の議員さん、みんな政局にうつつを抜かしてろくな国会活動をしていないはず。従って、少なくとも、この非常時のために一人、一律100万円返上したら!・・。されば、衆参あわせて、7億2000万円がところの浄財が浮く。それを、年末に首切られる期間雇用の人々の支援に使う方が、よほど善政になるのに・・。

そういう、発想もできない政治家ばっか、国会にたむろするようになったから、日本の国もおかしくなって来たのと違うのだろうか?・・。

マッシーパパの遠吠え」の「ブログ村」と「人気ブログランキング」の順位が少し下がっています。ランキング順位はよい記事を書く励みにもなりますので、是非下記応援クリックをよろしくお願いします・・。♪

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« 「今年の漢字」を揮毫するあの清水寺管主も麻生総理を叱った!? | トップページ | クラシックの調べはお年寄りの癒し!? 「ハイドン・イヤーを前に~J.S.バッハの息子たちが後の時代に与えた影響~」  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/26161515

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生閣下、「100年に一度の暴風雨」と言いながら、なぜ、ボーナスは返上しないのですか?:

« 「今年の漢字」を揮毫するあの清水寺管主も麻生総理を叱った!? | トップページ | クラシックの調べはお年寄りの癒し!? 「ハイドン・イヤーを前に~J.S.バッハの息子たちが後の時代に与えた影響~」  »