« 頭かくして尻隠さず!?国策捜査の尻尾が見えていますよ!  | トップページ | どこへ行くのやらミステリーバスツアー、どこへ行くかは着いてのお楽しみ!? »

今度は日本郵政のメルパルクたたき!? 鳩山総務相のほんとの狙いは何?

「マッシーパパの遠吠え」は「ブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しています。忘れず最後に応援クリックよろしくね!

鳩山総務相は11日の参院予算員会で、日本郵政が所有する婚礼・宿泊施設「メルパルク」の運営に関し、「ワタベウェディング」と結んだ賃貸契約について、メスを入れると回答した。

これは民主党の尾立議員が「賃貸選定に不透明な部分がある」と話し、「メルパルク事業の譲渡価格が『ゼロ円』とは、負債約2億6,000万円があったとしてもあまりにも安過ぎる」と指摘したことに答えたものだとか。

ともあれ、問題の背景をJNNのニュースが伝えているので、それからまず見てもらいたい(http://jp.truveo.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%83%B5%E6%94%BF%E3%80%81%E3%80%8C%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%80%8D%E3%81%A7%E4%B8%8D%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%A5/id/1075539293)・・。

いや~、ニュースも驚きだがもっと、ビックリなのは株市場の反応の速さ。その胡散臭さを嗅ぎ取ったか、「ワタベウェディング(4696)」の昨日の株価、116円安もの急落(http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/4696.t/schart/)。しかも、このチャートの動きを見ても、契約の直後(08年10月末)から棒上げしているのは何かいわくがありそう。

そこで、「会社四季報」でこの会社の株主を調べてみました。な、なんと、そこには「日本マスター信託(7.2%)」、「日本トラスティ信託(4.3%)」「シティG・プリンシパル・インベストメント(2.1%)」、「ステート・ストリート・バンク&トラスト(1.9%)」など、外国株主(15.8%)が並んでいる。というより、彼らは皆、当ブログ1月23日のエントリーで紹介した「オリックス」の株主・禿たか軍団なのだ。

なるほど、読めてきたぞ。このプロジェクト、「かんぽの宿」とまったく同じ構図。即ち、日本郵政会社・西川善文とオリックス宮内義彦そして、アメリカ資本と組んだ竹中平蔵のトライアングルが仕組んだ儲け話であったのだ。

ほんと、もう民営化された日本郵政はメチャクチャ。禿たかの餌食になってるじゃん。

いっそ、検察庁も小沢の政治資金違反など形式犯にうつつを抜かしていないで、この闇の世界を根こそぎ洗ってくれるほうが、どれほど国民がよろこぶことか。

それにしても、不思議に思うよね!この「メルパルク」の営業譲渡も昨年の話。それも、大新聞がいずれも疑義をはさんでいない(http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080618/biz0806182219015-n1.htm)。

事前に聞かなかったことでは「かんぽの宿」も「建て替え話」もすべて同じ。

では、なぜ、今頃になって、ぞろぞろ旧悪のように出てきたのか?

どうやら、その答えは「週間ポスト(3月20日号)」の『鳩山〈大臣〉vs日本郵政「〈不動産ビジネス〉20兆円利権大戦争」の全相関図 「再開発に“待った”」の裏で蠢く魑魅魍魎たちの正体を暴く』にあるようだ。

かいつまめば、小泉・竹中の郵政改革路線に乗る三井住友G出身の西川社長、高木副社長の新郵政利権派と旧郵政官僚グループが、20兆円という利権の争奪戦を水面下で演じているのだ。マスコミは派手な鳩山大臣のパフォーマンスでかく乱され真実が見えてないだけだと、記事は言う。

そして、このメルパルクの譲渡で、郵政OBで作る郵貯財団が利権を失い、今又、「かんぽの宿」の譲渡で、全国61施設の食堂、売店計122店のうち、約6割の70店の業務を失うことになる。いわゆるファミリー企業の衰亡にかかわる事態になっていたとか。

それが、遇遇、小泉と袂を分かった麻生政権誕生で、巻き返しのチャンス到来。喜んだのが総務省の元郵政省お役人たちということ。今までのいきさつを鳩山大臣に陰口たたいて、一挙に、反転攻勢にでたという次第(http://plaza.rakuten.co.jp/hotelman/diary/200709180000/)。

つまり、善と悪の戦いでもなければ、国民のための聖戦でもない。早い話、ヤクザの縄張り争いのようなもの。

それならそれで、お互いどんどん死闘を繰り返してもらって、共倒れ願いたいというのが国民の真の願い。

ただ、困るのはマスゴミ。うわべだけ見て、鳩山大臣を月光仮面(古い?)か何かのように正義の味方視してくれるからたまらない・・。

ともあれ、この問題も、当分ワイドショーを賑やかすことだろうが、真実だけは見失わないでいたいものだ!・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。応援クリックも忘れずによろしくお願いいたします・・。♪

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« 頭かくして尻隠さず!?国策捜査の尻尾が見えていますよ!  | トップページ | どこへ行くのやらミステリーバスツアー、どこへ行くかは着いてのお楽しみ!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/28585969

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は日本郵政のメルパルクたたき!? 鳩山総務相のほんとの狙いは何?:

« 頭かくして尻隠さず!?国策捜査の尻尾が見えていますよ!  | トップページ | どこへ行くのやらミステリーバスツアー、どこへ行くかは着いてのお楽しみ!? »