« 「居座り」麻生に「辞めぬ」小沢、我慢比べに勝つのはどっち!? | トップページ | ニッポンの三段ロケットは失敗? あわてて景気対策四段目を設置!? »

世界の空気読めない麻生首相、ロンドン金融サミットでも「どす黒い孤独」に耐えた!?

ロンドン金融サミットを伝える日テレのニュースに、やたら、胡錦濤主席が目立ち、記念撮影でも麻生総理が後列の端に立っている。

「おいおい、又かよ」と彼我の外交力の差を嘆いていたら、なんと、この動画、昨年11月ワシントンで開かれた金融サミットのものだって(http://www1.ntv.co.jp/news/wmtram/dw/ng.html?m_url=090401036&n_url=132208)・・。

ま、皇室のお付き合いが長い日英の親しい間柄で、それはないよな~と思っていたら、やっぱ、ブラウン首相主催の夕食会にはオバマ大統領の近くの席で優遇(?)。かと思ったら、皮肉にもドイツのメルケル首相と隣り合わせ(http://www.chunichi.co.jp/article/world/news/CK2009040202000242.html)。

そして、ドイツの首相は麻生首相をシカとしてオバマさんと話に夢中(?)。どうやら、閣下が1日付英紙フィナンシャル・タイムズとの会見で、追加的な財政出動に慎重なドイツを批判したことについて、「我々の見解ではドイツは多大な貢献をしている。(現在進めていることがらを)性急に進めようとするのは、本当に無意味なことだ」と不快感をあらわにした腹いせかも?・・。

この勝負、確かに、メルケル女史に軍配が上るよね。というのは、EUはすでに、「2009年から2年間で域内GDPの3.3%に相当する総額4000億ユーロ(約52兆円)の景気対策に乗り出しており、景気対策の効果が出てくるのは早くても2010年。それまでは追加的な景気対策など一切不要だ」というのだから。

つまり、日本のように、オバマの犬よろしく、米国の主唱する追加経済対策の言いなりに、「経済危機を克服するためGDP比で2%以上の財政出動を行う」と宣言したが、彼女はそれを無謀、財政悪化(増税)につながると批判しているのである。

彼女とサルコジの言い分はそれだけでない。そもそも、この世界的経済不況を招来したのは、米国ファンドのサブプライムローンでないのか? その金融システムの規制こそ、追加対策より優先課題ではないかというのだ。

まったくお説どおり。さすが、オバマ氏もこれには逆らえず、首脳宣言に「GDP比で2%以上の追加経済対策目標」明記を引っ込めたとか。恥かくのは結局、麻生閣下だよね・・。

いやいや、今回の金融サミットの課題はそれだけでない。米国の底の割れた経済不況を反映したドル暴落に危機感を持ったロシアが金本位制への復帰による改革プランにまで言及し始めている。又、中国も周小川・中国人民銀行総裁が3月23日、「国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)について、人民元を通貨バスケットに入れる形で改革し、ひいては世界共通通貨としていくべき」だと発表したのだ。

早い話、両国とも国際通貨としてのドルの信用不安を表明したのである。そして、新しい、基軸通貨をなにに求めるか、又、米国が支配していた金融市場のルールまで新しく塗り替えようと各国が策動しているというのに、わが国のトップは、「お金をどんどん使いましょう」とKY発言を繰り返すばかり。

ま~、これではG20に、閣下の知名度がないだけでなく、頭から馬鹿にされるよな。それが、証拠にオバマ氏や胡錦濤氏は、各国要人と連日、二国間首脳会談に忙しいというのに、閣下にはお座敷がかからず、態々ヨーロッパに行ってまで、日韓、日中会談でお茶を濁す始末。

これでは、やれ拉致だ、北の核だ、ミサイルだと訴えても、誰も相手にしてくれない。「グダグダ言わずに、日本はカネだけ出しておればよい」といわれるのがオチだよね。

ほんと、経済一流、外交三流といわれるゆえん。だが、その経済もふたを開ければ張子の虎、アメリカこければ、すべてパー。それゆえ、アメリカが立ち直るためならと、たとえ、火の中、水の中、どこまでもご一緒しますでは益々世界の孤児になるばかり。

なるほど、どす黒い孤独に耐えられる閣下だからこそ、世界の首脳からシカとされてもヘッチャラなのかも。

さてさて喜んでいいのか悲しむべきなのか? お粗末の一席でした・・。

よい記事を書く励みになりまので是非、下記応援クリックをよろしくお願いします!

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« 「居座り」麻生に「辞めぬ」小沢、我慢比べに勝つのはどっち!? | トップページ | ニッポンの三段ロケットは失敗? あわてて景気対策四段目を設置!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

CIAが怖くて対米追従をする情けない麻生はどうしようもないですね。

投稿: りんご | 2009年4月 4日 (土) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/28930958

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の空気読めない麻生首相、ロンドン金融サミットでも「どす黒い孤独」に耐えた!?:

« 「居座り」麻生に「辞めぬ」小沢、我慢比べに勝つのはどっち!? | トップページ | ニッポンの三段ロケットは失敗? あわてて景気対策四段目を設置!? »