« 自民党の「世襲制限」はどこか変! 「公認しないけど、党県連の支援お構い無し」では有権者を舐めた話だ! | トップページ | 韓国大統領まで勤めた男がなぜ自殺しなければならなかったのか?それは全て、07年8月の南北首脳会談にさかのぼる!? »

『しゅうち心なくした妻はポーニョポニョ』/第22回サラリーマン川柳ベスト10!

職場と家庭に漂うサラリーマンの哀愁を時には自虐的に詠んだ、第一生命恒例の「サラリーマン川柳」ベストテンが今年も発表された。

1位は件名の『しゅうち心なくした妻はポーニョポニョ』である。

昨年大ヒットした「崖の上のポニョ」と人気ユニット「羞恥心」を織り込みながら、妻の「プニョプニョ」に太った様を見事に言い表した秀作。3位の「毒嫁(?)」ともども、口では勝てぬのでせめて、川柳の世界で鬱憤を晴らそうとするか弱い夫族の抵抗か(?)・・。

2位 『久しぶりハローワークで同窓会

これと似た句が「100句」の中に、「職安で 知った顔見た あ、上司」「就職先 自宅警備と言う息子」がある。いずれも、17文字の中に就職難の悲鳴が聞こえてきそうである。

3位 『ぼくの嫁国産なのに毒がある』 

この句は言うまでもなく、中国産の毒ギョーザと「毒を含んだ」妻の物の言いようをもじったのだろう。ま~、毒入りとわかっている分、対処も可能なのでまだましかも・・。

4 朝バナナ効果があったのはお店だけ』 

確かにそうですよね。ひところブームで店頭の品切れが酷かったが、沈静化したところを見ればダイエット効果はさほどが利かなかかったのかもね・・。

5位 『やせたのは一緒に歩いた犬の方』 

句そのものは面白いのだが、マジ考えると、「やせないのは散歩の効果でなく、食べすぎ」。即ち、太るのは運動量と食事の摂取量のバランスと、つい突っ込んでしまいたくなるマッシーパパの悪い癖。

6位 『「ストレスか?」聞かれる上司がその原因』 

もう、説明する必要がないほど、そのまんまの句。

7位 『コスト下げ やる気も一緒に下げられる』 

いや~、「同情申し上げます」だよね。確かに無能な上司ほど「経費をカットせよ」と迫りますよね。でも、コスト下げという部長ほど一番無駄なコストと思うのですけど・・。

8位 『「パパいい!」それがいつしか「パパいい』 

まー、男親の宿命ですね。それにしても、妻には「亭主元気で留守がいい」といわれ、、子供にもこれでは益々、家庭内に居場所が無くなりそうですね。

9位 『胸よりも前に出るなと腹に言う』 

まさに、メタボ族の悩みを代弁した名句。それにしても時代ですね。マッシーパパの若いころ、政治家も社長さんも腹が出ているのが当たり前。世間の人はそれを見て、「恰幅がある」と誉めたものです。それが今は逆に欧米並みに「デブを抑えられないのは自制心の欠如」とかなんとかいわれて役員にもなれないそうですよ・・。

10位 『篤姫に仕切らせたいな国会を』 

この句はマッシーパパのように「大河ドラマ篤姫」を見ていないと一寸理解しにくいのでは。

でも、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A4%E5%A7%AB)を見てなんとなく分かったのだが、多分、「幕末の動乱期、慶喜の大奥改革からも女たちを守り、官軍の江戸総攻撃からも民を守った。その何事にも動ぜず、行動のできる女丈夫はまさに、この平成の混乱を乗り切るのにうってつけと写ったのかも(?)・・。

処で、世は川柳ブーム。企業の宣伝に町おこしに、続々名物川柳の企画が生まれている。そもそもサラリーマン川柳も保険勧誘員が玄関払いを食わない様にと話題づくりから始めたそうだ。

そして、同じ趣旨で始めたオリックスの「マネー川柳」の昨年(毎年11月発表)の大賞が『「百年に一度」も長寿なればこそ』である。

又、JR東海の「乗車マナーアップ川柳(毎年7月)の最優秀賞が『ゴミだけが終着駅へ一人旅』、ジョンソン株式会社の「お掃除川柳」の昨年の最優秀賞特選(毎年12月発表)は『違うのよ汚れじゃない歴史なの』。

尚、変わった処では、ソックスの岡本の09年度足クサ川柳グランプリが『草野球スパイク脱いだらくさや級』やインターネットプロバイダー(株式会社インターリンク)の今年の「あなたが選ぶオタク川柳」の大賞『聞いてない 誰もそこまで 聞いてない』もある。

このほかにも、協和発酵の「バイオDE川柳」や節電ネットの「エコ川柳」。そして、毎年敬老の日に募集する全国有料老人ホームの「シルバー川柳」、トリンプの「ブラ川柳」、ニチバンの「花粉症川柳」、リーブ21の「発毛川柳」などなど・・。

ま~、いずれも共通するのは一般公募で、入選すると結構賞品がいい。マネー川柳など、「マネー」の名に恥じず、大賞を取ると20万円。そして、「オタク川柳」の大賞も10万円貰える。又、前述の足クサは「商品券(JCBギフトカード)5万円分とSUPER SOXペア1組(2足)、ジョンソンも賞金5万円と同社製品セットとか・・。

そこで、マッシーパパも下手の横好きでしばしば、サラリーマン川柳に応募しているが「100句」にも及ばない。まさか、昔のサラリーマンは相手にしてもらえないわけでもないだろうが、そろそろ、応募はシルバー川柳に切り替えようと思っている・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。応援クリックも忘れずによろしくお願いいたします・・。♪

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« 自民党の「世襲制限」はどこか変! 「公認しないけど、党県連の支援お構い無し」では有権者を舐めた話だ! | トップページ | 韓国大統領まで勤めた男がなぜ自殺しなければならなかったのか?それは全て、07年8月の南北首脳会談にさかのぼる!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/29743578

この記事へのトラックバック一覧です: 『しゅうち心なくした妻はポーニョポニョ』/第22回サラリーマン川柳ベスト10!:

« 自民党の「世襲制限」はどこか変! 「公認しないけど、党県連の支援お構い無し」では有権者を舐めた話だ! | トップページ | 韓国大統領まで勤めた男がなぜ自殺しなければならなかったのか?それは全て、07年8月の南北首脳会談にさかのぼる!? »