« なぜ今なのか? 小沢代表、突然の辞意! | トップページ | マスコミの「説明責任」とはこういうことを言うのですか? 鴻池氏辞任騒動! »

あえて問う! マスコミのいう「小沢代表の説明責任」とは何ぞや!?

「読売」は昨日の社説に、自らの世論調査「小沢代表続投について”納得できない”との回答が7割を超えている」を引き合いに出して、『世論に追い込まれた末の退場』という。そして、小沢代表が「政治とカネ」の説明責任を果たさぬまま辞任したと批判しているのだ。しかも、ご丁寧にも、「これを機に、民主党は政策を見直せ」と消費税の引き上げや外交・安全保障政策まで指図しようとする(http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20090511-OYT1T01127.htm)。

もうあきれてものが言えないが、それにしても、「説明責任を果たさぬまま」とは一体、なにをさしているのだろうか?

社説を読む限り、「小沢代表が西松建設事件の実態について、説明責任を果たしていない」、「小沢代表の辞任記者会見でも、事件で心配をかけた支持者への謝罪はあっても、政治献金に関する具体的な説明はなかった」とあるだけで、それこそ、具体的な説明がない。

そういえば、「産経」も、「閣僚懇で批判相次ぐ」と題し、舛添厚労相の「秘書が逮捕されたことの総括も、国民にきちんと説明できなかった点では残念だ」や小渕少子化担当相の「政治とカネの問題やなぜ今辞めるのかに十分に答えていない」と、分かったようで分からないことを伝える。

いや、昨日の「朝ズバッ!」でも、民主党山岡国対委員長をゲストに迎えて、この問題を取り上げていたが、確か、ここでも杉尾秀哉コメンテーターが、「小沢代表は献金事件の説明責任を果たしていませんね」と山岡氏に迫っていた。

尤も、これには、与良コメンテーターが山岡氏の答える前に、「説明できないと思う」とこれから始まる裁判への影響を理由にあげる。そして、山岡氏はそれを引き取り、「マスコミの皆さんが説明責任というが、その言葉が独り歩きしている嫌いがある」とまず苦言を呈する。

そして、「代表は終始一貫して、政治資金規制法に則ってきちんと処理・報告している。だからこそ、一点の曇りもないといっているのだ」と、すでに果たしていると答えるのである・・。

つまり、これ以上の説明責任はないといいたいのであろう。

では、マスコミがいう「説明責任」とは一体なんなんだろう!?

西松建設のダミーである政治団体から献金されたことを秘書が知っていたと小沢の口から言えというのか?

代表の献金額が、ほかの二階俊博、尾身幸次、森喜朗氏よりなぜ多いのか、理由を説明せよというのか?

西松から請託を受けたことがあるかどうかを喋れというのか?

もし、仮に以上のことに説明責任があるというのなら、山岡氏が答えたようにこれ以上は言いようがない。それに、代表ほどの大物議員ならば、大概、この種のことは公設秘書にまかせきり。しかも、委細、阿吽の呼吸でやり取りするから、ほとんど代表自身の口から喋ろうにも喋れないのが道理では。

それともなにか? 東京地検の谷川次席検事が記者会見で言った、「特定の建設業者から多額の金銭提供を受けていた事実を国民の目から覆い隠したもので、重大悪質な事案」との説明がまだとでもいうのだろうか?

だが、これも、元東京地検検事で桐蔭横浜大法科大学院教授の郷原信郎氏が言うように、「何がほかと比べて悪質なのか」、検察はなんら説明もなく、ただ、「あとは公判で明らかにする」というのでは随分無責任な話。むしろこちらのほうが説明責任が果たせていないと思うのだが・・。

もっと言えば、過去にも、不祥事を働いたのに、このような説明責任を果たさなかった閣僚や与党幹部を随分見てきている。なのに、なぜかマスコミがこれほどまでも騒がなかったのが却って、マッシーパパには異常にみえる・・。

ともあれ、献金で最も戒めねばならないのは、企業との癒着、なかんずく、献金企業への便宜供与。いわゆる汚職であるが今回、検察は一切、代表にそれを見とめていないのだ。

そらそうだろう。常識で考えても政権党にこそ、その権限があり、請託に答えられるのである。それをなぜか今回は、西松との関係では小沢代表よりズブズブといわれ、しかも、与党大物議員である二階氏の捜査は、一応、捜査のカッコだけ見せて早々に、幕引き(?)。結局、野党の大将だけ狙い撃ちの、バランスを欠いたおかしな結果になったのである。

マッシーパパが最も承知しかねるのはこういう国策的捜査なのである。片一方は起訴、片一方は目をつぶるというのであれば、それこそなぜなのか、国民に分かるように説明してくれないと納得できないのである。

古今東西、片手落ちの裁きはご法度であったはず。それが許されれば、もう法の信頼は揺るぎ、正義も怪しくなるからだ。

だからこそ、小沢代表も「ルールに則って献金を受け入れ、報告しているのに、一方的に違法といわれるのが納得できない」と思い、「一点の曇りもない」と断言しているのだ。そんな彼に説明不足だといっても通じるはずがない。

もし、マスコミがあえて騒ぐなら、なぜ、検察が「悪質」と言うのかまず、その説明を求めるべきであろう。又、なぜ、二階氏の立件が沙汰止みとなったのかも問わないと、極めて不公平。政権に媚を売るに等しい恥ずべき行為である。

それに、裁判も何もしていない段階から、「起訴=有罪」扱いは少なくても大新聞のやることでない。あくまでも、判決が下りるまでは「推定無罪」なのである。従って、どうしても責任を追及したいなら、根拠のある裏打ちを取ってからやるべきであろう。それが少なくともジャーナリストとしての矜持でないだろうか・・。

つまり、ジャーナリストとしてやってほしいのは真の巨悪を暴くことで、もっと利権に近い政権党にいくらでも存在しているはず。新聞はそれを叩いてこそ、「社会の木鐸」といわれるのだ。

それが、検察のリークを太鼓持ちして、「説明責任」、「説明責任」とステレオ発言されても、マッシーパパにはただの「慣用句」にしか聞こえませんけど・・。

【参考:エントリー】

小沢氏秘書起訴の検察説明に拍子抜け!検察暴挙の疑いも?・・』(09.3.26)

頭かくして尻隠さず!?国策捜査の尻尾が見えていますよ!』(09.3.12)

緊急生出演、立花隆の「西松献金事件をズバッと斬る!」に拍子抜けしたみのもんた!?』(09.3.10)

浅見光彦氏、小沢秘書逮捕の国策捜査を推理する!!』(09.3.7)

小沢秘書逮捕は政府与党の陰謀?それとも検察現場の暴走?』(09.3.5)

最後までお付き合いいただきありがとうございました。応援クリックも忘れずによろしくお願いいたします・・。♪

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« なぜ今なのか? 小沢代表、突然の辞意! | トップページ | マスコミの「説明責任」とはこういうことを言うのですか? 鴻池氏辞任騒動! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/29582761

この記事へのトラックバック一覧です: あえて問う! マスコミのいう「小沢代表の説明責任」とは何ぞや!?:

« なぜ今なのか? 小沢代表、突然の辞意! | トップページ | マスコミの「説明責任」とはこういうことを言うのですか? 鴻池氏辞任騒動! »