« 麻生ソーリを崖っぷちに追い込んだ鳩山邦夫!早速、爺さんの墓前に涙の報告!? | トップページ | 「MR.BRAIN-Part4」ー"ドミラレ"は暗号!中川優が見たのは八木仁だった!? »

消費税12%のどこが「骨太の方針」なのか? ただ、政権党が「図太い」というだけでは!?

いや~、ホントお役人は数字遊びがお上手のようだ。

去る9日、経済財政諮問会議で示された『骨太の方針09』で、小泉政権の目玉だった基礎的財政収支(プライマリーバランス)の11年度黒字化目標(「骨太の方針06」)をあっさり放棄。その黒字化を19年まで先延ばしするという。しかも、こりもせず又々、新手の手法、債務残高の対国内総生産(GDP)比というものをもの指しに持ち出した(http://www.asahi.com/politics/update/0609/TKY200906090359.html)。

大体、頭の中に増税しかないお役人の書く絵図だから始めから守る気などない。その証拠に、態々、プライマリーバランスを持ち出した小泉政権が一番借金を増やしているのだからいい加減なもの。

因みに記すと、小泉政権下の5年間で約292兆円の国の借金増(06.9末830兆円-01.3末538兆円)となっている。そして、その前の政権4年間が183兆円(01.3末538兆円-97.3末355兆円)、後の2年半が16兆円(09.3末846兆円-06.9末830兆円)である(http://www.mof.go.jp/1c020.htm)。

つまり、「骨太の方針」はあくまでも有権者向けパフォーマンス。守る気などさらさらない。だからこそ、ジュンイチロー氏の迷言「(公約の30兆円国債枠が守れないことは)大したことじゃない」が飛び出す理由である。

ひるがえって今回も同様。麻生総理が、総選挙のため、ただ、民主党のマニフェストと違いを見せたいだけで「プライマリーバランス」等、本音はどうでもいい。消費税アップの道筋さえ、つければいいと思っている。

その証拠に、つい先日まで、3年後の消費税引き上げについて、上げ幅を5%とし、最終的に10%とする。しかも基礎年金の目的税にするといっていたのが早、2%上乗せ、これだけでもいかにずさんな試算かがよく分かる。

それに、この素案にある、「2010年予算の考え方」に書く「歳出改革を継続しつつ、現下の経済状況への必要な対応を行う」も、歳出改革は小泉政権下の「最大限の削減」からトーンダウン。但し、社会保障費の2200億円の削減はしっかり守るといっているのだ。

勿論、民主党の言う「天下りの廃止」「特殊法人の統廃合」「地方への権限移譲などで国の出先機関の職員削減」等々の歳出削減は先送り。まさに官僚の思う壺の財政計画になっているようだ。

だからか、与党の中からも、「単に消費税をあげる。それも12%では選挙が戦えない。誰がこんなものを決めたんだ」とブーイングの嵐とか・・。

誰が決めたかって?・・。

いわずとも官僚と決まってるじゃん。確かに、素案をまとめたのは経済財政諮問会議というところだが、このメンバーは経済音痴の麻生閣下を議長に官房長官や経済閣僚、そして経団連から2名、学者先生が2名の10人だが、学者先生を除いては立案できる人がいるわけない。それに、この手の政府審議委員というのは、官僚の言いなりになるものが選ばれると相場は決まったもの。つまり、難しい数字を並べておけば、委員の先生がたも、「異議なし」になる代物である。

さて、周知のように、100年に一度とか大げさに吹聴して、補正予算だけでも真水で15兆円、総事業規模で57兆円のバラまきをしたので政府の財布はいまや空っぽ。

従って、その穴埋めを何らかの方法で手当てしないと、いずれとばっちりが自分たち官僚にかかってくる。ならば、消費税増税が手っ取り早く、幸い、目下のところ世界でも低率だから取り組みやすい。やるなら今だと官僚は上げたくて仕方ない。

そして、財政再建派の権化といわれる与謝野馨を使って、どちらかといえば上げ潮派だった閣下を説得、彼の口から増税を言わせるまでに篭絡に成功したのである。

だが、与党の中には、「景気が先、改革が先」の消費税アップに消極的な”上げ潮派”はまだまだ健在、しかも、過去に消費税を口にして選挙で惨敗したトラウマがあるから今回の発表に驚天動地の思いがしたのだろう。従って、この「骨太の方針」もすんなり決まるか怪しいものだが・・。

尤も民主党にすれば、この与党の差別化だけはちっとも怖くない。ましてや、好きなだけばら撒いて、後は消費税を上げるというのでは、誰がハイそうですかと納得するわけないじゃん。

しかも、公務員改革は先送りします。社会保障の2200億円だけはいつもどおり削減しますといえば、如何におとなしい有権者でも「ボッタくり」だと怒りだすのはまちがいない。やるならやってみろでしょうね・・。

【参考:エントリー】

『財務省は国民の税の負担が少ないというが、こんな程度の説明ではね!?・・』(09.4.05)

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。そのためにも皆様の応援クリックが必要ですのでよろしくご協力のほどお願いします。♪

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

|

« 麻生ソーリを崖っぷちに追い込んだ鳩山邦夫!早速、爺さんの墓前に涙の報告!? | トップページ | 「MR.BRAIN-Part4」ー"ドミラレ"は暗号!中川優が見たのは八木仁だった!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/30086439

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税12%のどこが「骨太の方針」なのか? ただ、政権党が「図太い」というだけでは!?:

« 麻生ソーリを崖っぷちに追い込んだ鳩山邦夫!早速、爺さんの墓前に涙の報告!? | トップページ | 「MR.BRAIN-Part4」ー"ドミラレ"は暗号!中川優が見たのは八木仁だった!? »