« 「上から目線」の麻生ソーリが庶民の味方に絶対なれない理由が分かりました! | トップページ | マスコミの民主圧勝報道はアナウンス効果を狙った謀略というのはホント!? »

「スマートグリッド」「LED」「家電下郷、以旧換新」、全部分かります!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

表題は落語の三題噺でない。今、一番、ホットなキーワードとか。特に、株の世界では知らないと遅れをとりそう。

でも、正直、マッシーパパが理解できるのは「LED」まで。「スマートグリッド」など、ちんぷんかんぷん。せいぜい、「家電下郷(ジアディエンシアシアン)」が「家電を農村に」、「以旧換新(イージウホアンシン)」は「古いのを新しいのに換える」と中国語の意味が分かる程度。それも、株の世界でどういう意味を持つのかトンと分からない。

実は、これらの言葉をはじめて耳にしたのが、昨日(26日)のみずほ証券のセミナー「2009年後半 注目される投資テーマ(講師:投資サポート室新村室長)」の中。

このところ、マッシーパパもブログが忙しく、株もやったりやらなかったり。でも、気になっているのは7月から一本調子にあげている日経平均のダウ、10600円から「どう動くのか」である。

そんなところへ、担当者からセミナーのお誘い。渡りに船と出かけたのが、思わぬ拾い物。株に興味のない方も結構、勉強になると思うので、しばし、お付き合いのほどを願います・・。

さてスマートグリッド」だが、直訳すれば、「賢い送電網」というらしい。もう少し平たく言うと、「電力の安定供給と環境保全をより効率的に考えたシステム」というところか。

現在、電力供給は電力会社から消費者に一方向に流れているが、これを停電や断線から自力で立ち直り、消費者から電力会社への「売り返し」を可能にするなど、双方向の流れに変えるという遠大な計画らしい。

一番イメージしやすいのは、夏の甲子園の電力事情。猫も杓子もクーラーをガンガン、TVをつけっぱなしで電力消費量がピークになって、毎年電力会社をひやひやさせる。

それが、各家庭、各会社に「スマートメーター」を設置することで、一定期間ごとの使用量を把握できるようになるので、その情報を元に、コントロールが可能になるというのだ。

ま、説明不足のところは、「IBM」の「スマートメーター・スマートグリッド」で補足いただきたい(http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g71101c04j.pdf)。

次にLED(発光ダイオード)」だが、今なぜかの感がしないでもない。でも、ちゃんとした買い目があるという。

それは、何しろ光源としては指向性が強く光が拡散しないから信号機とか非常灯に重宝。しかも、色再現が鮮やかなので液晶テレビにもってこい。

そして、耐用時間がつけっぱなしで4万時間というから、夜だけ10時間つけても11年間持つという耐久性に優れ且つ、電力使用量が白熱電灯の1/8というすぐれもの。

従って、米国の政府機関建築物のエネルギー効率化を進めているのにぴったりで、早速、国防総省がLED照明を採用したとか。

因みに、世界の光市場が8-11兆円、LEDだけでも2兆円はあるとみなされているそうです。そして、①と違って、近未来というのも魅力がある。

尚、これも説明不足のところは「LED照明推進協議会」の「LEDの基礎知識(http://www.led.or.jp/about/about.htm)」を参照してください・・。

そして、今ひとつが家電下郷、以旧換新」、これは中国の経済対策の一環だが、早い話、中国版、エコカー減税、エコポイント家電だと思えばいい。

「家電下郷」が農村向け。TV、冷蔵庫、洗濯機、パソコン、エアコンなど10品目を購入する際に13%の補助金がつく。又、「以旧換新」は都市部、沿岸部対象で前記5品目を買い替える場合に10%補助する制度。

一方、汽車(日本語で自動車のこと。日本語の汽車は中国語で火車と書く)は一定の条件に限って、購入税を10~5%引き下げるものである。

従って、投資対象となるのは家電メーカーの中国株はもとより、日本から中国に素材を輸出するいわゆる中国関連株も買い目だというのだ。

これも説明不足のところは「NSJ日本証券新聞」の「コラム」(http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=169989&dt=2009-07-31)」を参照のこと・・。

ともあれ、みずほの講師はいう。「賢者は歴史に学ぶ」という教えに従えば、1937年の恐慌、1974年のオイルショックそして、今度のリーマンショックに共通するのは、「1年に5割も下げて底入れした場合、その後に50~60%上昇している」と・・、

となれば、「7000円まで下げた日経平均もそこから50%アップで10500円、60%なら11200円の戻しがあってもおかしくない」とも。

又、「外人買いの視点から見れば、05年の郵政選挙のあと、日本株が米株を上回ったように、今回の政権交代選挙も、日本が変わると外人が日本株に注目するのでないだろうか」と選挙後の外人買いに期待を寄せる。

但し、10月は投資信託の決算月だから例年だと9、10月は動きの弱いつきだけにもみ合い相場で仕掛けるのがむずかいかもと念を押しつつ、それでも注目すべきは前述する3つのテーマだと上手にまとめるのだった。

いや~、分かりやすい解説にほとほと感服。勿論、各テーマごとに、参考銘柄も例示されたのだが、そちらのほうは、みずほ証券投資情報部の「8月の市場展望と参考銘柄(http://www.mizuho-sc.com/service/movie/pdf/seminar0908PDF.pdf)」に掲載されているので参照してください。但し、あくまでも投資判断は自己責任でお願いします・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 「上から目線」の麻生ソーリが庶民の味方に絶対なれない理由が分かりました! | トップページ | マスコミの民主圧勝報道はアナウンス効果を狙った謀略というのはホント!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

東京地検は、覚せい剤取締法違反(所持)の罪でタレントの酒井法子容疑者を起訴する。

社会的な影響も深刻で、事務所側は看板タレントとはいえ、解雇せざるを得ない状況。
事実上、芸能界を追放されることになる。

そんな騒動の最中、酒井容疑者のCDやDVDなど関連商品がネット上で多数取引され・・・
http://naharyae.blogspot.com/

投稿: 酒井法子容疑者 起訴で芸能界追放へ | 2009年8月28日 (金) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/31118100

この記事へのトラックバック一覧です: 「スマートグリッド」「LED」「家電下郷、以旧換新」、全部分かります!?:

« 「上から目線」の麻生ソーリが庶民の味方に絶対なれない理由が分かりました! | トップページ | マスコミの民主圧勝報道はアナウンス効果を狙った謀略というのはホント!? »