« マスコミの民主圧勝報道はアナウンス効果を狙った謀略というのはホント!? | トップページ | 夏のホラーか? 夜中の間にゾロゾロ甦る自民党落選議員の怪!? »

な~んだ、「確かな実行力!責任ある自民党」ってこんなこと!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

麻生首相の応援選挙区ほぼ全滅!!」と29日の日刊ゲンダイ。要するに、本人だけいい気になっているが、CMに登場してはそっぽを向かれ、応援演説に出掛けて余計なことを言うので、「コイツがでてくると票が逃げる」と揶揄されているのだ。

そして、「麻生閣下が応援に入った31の選挙区のうち現時点で「優勢」はゼロ。逆に「劣勢」は23選挙区にも上り、残り8選挙区も「劣勢」に転じる可能性が高い」と、まさに彼の通ったところ、ぺんぺん草も生えない状態だと言う(http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02042628/1.htm)。

因みに、ぺんぺん草とは「ナズナ」の別称。夏になると枯れる、夏無(なつな)が名前の由来とか。そして、「ぺんぺん」は三味線を弾く擬音語で、花の下に付いている果実の形が、三味線の撥(ばち)によく似ていることからついたという(wikipedia)・・。

ことのついでに言うと、「三味線を弾く」には別の、「(三味線を弾くように)調子のいいことを言って惑わす」という意味もあるそうです。

いや~、その意味でも、「ベンベン草」「三味線」は閣下のトレードマークになったのか、行く先々で三味線を弾いているのにはあきれてしまう。

つい、この間まで口を開けば、民主の悪口ばっかと思っていたが、宗旨替えでもしたのか、急にCMのセリフを読むように、「私どもはいった以上やる。自民党はきちんとした責任を持って、事にあたっていく責任力がある」と強調しだした。

思わず、「ウッソー!」と突っ込みそう。

何が言ったことをやるというのだ。拉致問題は一体どうなったの? あの毒まんじゅうの結論は? あの東シナ海の問題はどうなったのか。言ったことはちっともやってないじゃん。

どこに責任力があるというのか。むしろ反対でないの?、晋三君もウフフの御仁も政権おっぽり出したじゃん。このどこに、自民党は責任力があるというのか?

これって、麻生流の三味線? 「調子のいいこといって惑わす」得意の手?

三味線といえば、「べんべん」と、遊説先で相変わらず、爪弾いているようですね。この御仁。

「実行力ある自民党だから、責任力ある自民党だからこそ、GDPがプラスに転じました。2009年4-6月期の国内総生産(GDP)が前期比プラス0,.9%、年率換算プラス3.7%となったのも私どものやった経済対策の成果です」だって。

得々と誇示するのは勝手だけど、ホンとレベル低いよな。

いいですか!昨年秋以降、100年に一度の経済不況だと大騒ぎして実に4次にわたり、約132兆円の経済対策を発動しているのですよ。そして、その効果というのが、GDP4半期で0.9%といえば、日本のGDP(年間約550兆円)のたった1兆円ほど。このどこに、成果が誇れるというのか・・。

いや、だまされては駄目ですぞ。何しろ三味線麻生ですから・・。

同じ時期に発表された、7月の完全失業率が6月より0..3ポイント悪化して5.75%となり、現在の方法で調査を始めた1953年4月以来、最悪となったという。

又、同時に、有効求人倍率(同)も、前月を0.01ポイント下回る0,42倍で3カ月連続で過去最低を更新したのです(http://www.asahi.com/business/update/0828/TKY200908280021.html)。

笑わしちゃいかんです。国民はGDPでメシを食っていません。職を失うことがどれだけ恐ろしいことなのか?

いいですか!求人倍率0.42倍ということは、2.5人に一人しか職がないということ。それも、あるのは介護かガードマン。

つまりホントに働きたい職場のないミスマッチが酷いので実質はもっと厳しい数字であるはず。

いや、これだけじゃないですよ。同時に発表された7月全国消費者物価指数だって、前年比2.2%低下し、過去最大の下落率。

これもやはり放っておけない数字。物価の下落幅拡大が続けば、企業収益の悪化をまねき、一層、景気悪化につながるのです。

つまり、ノー天気の閣下は、悪いデータはあえて知らしめず、都合のいい話だけつまみ食いする。

しかもその都合のいい話というのが、ただの一過性の数字。早い話、省エネ家電やエコカー特需の効果でGDP押し上げたのを100%景気回復と見ているけど、特需が終わるその先がどうなるのか、ひょっとして、需要の先食いかも・・。

それを、手柄だ、成果だと喧伝するけど、国民はもう慣れっこになって冷めたもの。きっと「又、麻生の三味線」だと馬鹿にしていますとも。

だからこそ、彼の行くところ、べんべん草も生えぬと日刊ゲンダイに揶揄されるのです。そして、「知らぬは亭主ばかり」で、当の麻生閣下はご機嫌に走り回っている。

ハイ、自分こそ、名宰相と思っているのだから、ホントおめでたい御仁である・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« マスコミの民主圧勝報道はアナウンス効果を狙った謀略というのはホント!? | トップページ | 夏のホラーか? 夜中の間にゾロゾロ甦る自民党落選議員の怪!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/31153067

この記事へのトラックバック一覧です: な~んだ、「確かな実行力!責任ある自民党」ってこんなこと!?:

« マスコミの民主圧勝報道はアナウンス効果を狙った謀略というのはホント!? | トップページ | 夏のホラーか? 夜中の間にゾロゾロ甦る自民党落選議員の怪!? »