« 藤崎一郎駐米大使の「報道官発言に対する苦言」は国を思う発露から? それとも新政権におもねたスタンドプレー!? | トップページ | 橋下知事が「自公民なぜ戦わぬ」と激怒するぐらい、首長選挙の相乗りが減らないその理由とは!? »

政権交代で日本のファーストレディも様変わり!?

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

<a href="http://news.blogmura.com/news_nihon/">にほんブログ村 国内ニュース</a>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

なんともわけの分からないブログ記事にお目にかかった。それは「デジタルマガジン」の『「私はUFOに乗って金星に行った」民主党鳩山由紀夫議員の奥さん、鳩山幸さんの発言が海外で話題(http://digimaga.net/2009/09/japan-first-ladys-ufo-remark-gets-into-the-news.html)』というのだが、

元ネタはどうやらイギリスの「インデペンデント」という新聞記事(http://www.independent.co.uk/news/world/asia/i-have-been-abducted-by-aliens-says-japans-first-lady-1780888.html)。

早速、翻訳してみると・・、但し、マッシーパパがではなく、「エキサイト 翻訳」でやってもらったのですが、たどたどしい内容の中で分かったことは、鳩山幸(みゆき)さんが過去に語ったという、「私たちみんな宇宙人」「太陽をパクパク食べている」「UFOに乗って金星に行った」「前世でトム・クルーズと一緒だった」という発言を紹介しているだけ。

処が、この記事は「幸夫人の発言が、今、世界で話題になっているんです。その一部をご紹介します」と取上げたのはむしろ、全く関係のない、ネットのカキコの批判(?)、つまり、

「夢と現実を混同してるだけだろ」 「違うよ、金縛りにあって幻覚を見てるんだ」とか、挙句に「日本のファーストレディはLSDでもやってるの?」「正気なのか」を書き連ね、

普通だったらドン引きぐらいで済むところですが、日本のファーストレディですからね。そりゃあ話題にもなるってもんです。いっそのこと本当にUFOを呼んでくれたらアニメ大国日本からオカルト大国日本に“チェンジ”できるんですけど――どっちがマシかは別として」だって・・。

尤(もっと)も、このマガジン、キャッチフレーズが「世界中の面白いニュースをお届けする」だから、面白くなくても無理に面白くするのがコンセプトなのかも。

というのは、実際は「毎日」が言うように「外国メディア 奇抜さ注目も変化象徴と好意的」というのが真相で、その証拠に、「奇抜さを強調する記事も多いが、4日付の英タイムズ紙は「日本が『自分らしさ』を大切にする社会に変わりつつある」と好意的に論評しているのだ。

又、デジタルマガジンが取上げたインディペンデント紙でさえ、「ミシェル・オバマ(米大統領夫人)やカーラ・ブルーニ(仏大統領夫人)は人気を奪われそうだ」と好意的に取上げているのである(http://mainichi.jp/photo/news/20090906k0000m040055000c.html)。

そらそうでしょう。25才の小倉優子が「コリン星出身」だと言っても、誰もドラッグだの正気かだのと問うている? 

ましてや、66才にもなるお人で、著名な奥さんがマジで「金星に行った」「トム・クルーズは前世で日本人だった」と言ってると思うほうがよほど異常でしょう。

だからこそ、外国人も「日本は、仕事中毒の男と酌するだけの女と(欧米諸国に)みられがちな不可解な国でないことを示す手助けになる」と評価したのだろう。

因みに、このオカルト発言が出てくるのは鈴木愛理と対談したテレビ東京「美女放談」 の中でのこと。

youtubeの動画を見れば一目瞭然だが、彼女は7年間も暖めたハリウッドでの映画作りに夢がある。その映画の主役にトムクルーズを引っ張り出したいわけで、その想いが「トム・クルーズは日本人」に結びつくのだ(http://www.youtube.com/watch?v=rRPQpUPei0Y&feature=related)。

そのことは、言ってる端から鈴木愛ちゃんに「言ったものがちだから適当に聞いといて」とお茶目に語るところより歴然。

又、「太陽パクパク」も本気で馬鹿やっているのでなく、太陽のエネルギーを得るイメージで気を高めているだけだと言うことは容易に分かる(http://www.youtube.com/watch?v=1FTBM-KS_mE)。

つまり、彼女の仕事が料理やファッション、インテリアなど、生活が楽しくなる工夫やアイデアを提案するライフコンポーザーだけあって、きっと、オカルト発言も優コリンと同じように、周りの人を楽しませてくれる小道具なのかも・・。

何よりもいいのは、夫由紀夫氏との婦唱夫随(?)の夫婦愛。彼女の「金星に行った」発言も前夫なら、「夢を見たのだ」といなすところを、由紀夫氏は「良かったね」といい、「太陽パクパク」も最近は一緒になってまねしているという。なんとほほえましいのだろう・・。

そういえば、酒の飲めなかった夫に代わり、男勝りに外交の場で酒をあおったアッキー、フランス・イタリアなどファーストレディがボイコットした洞爺湖サミットを何とか盛り上げようと得意の茶道でもてなした福田喜代子、そして、総理の外遊で一緒にタラップを昇る姿を拝見するだけの目立たない麻生千賀子さん。

いずれも、夫唱婦随は国内ではよいとしても、やっぱ、外国メディアの言うようにそれでは印象に残らないですよね。

それでなくても、G8の日本がかすみだして、G20の中国ばっか目立っているこの際、彼女の力を借りて、日本をアピールする。

「日本は昔の面白くも何ともない日本でない。太陽のパワーを食べて、変わりました」とでも言えば、面白いかもよ!・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 藤崎一郎駐米大使の「報道官発言に対する苦言」は国を思う発露から? それとも新政権におもねたスタンドプレー!? | トップページ | 橋下知事が「自公民なぜ戦わぬ」と激怒するぐらい、首長選挙の相乗りが減らないその理由とは!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/31276424

この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代で日本のファーストレディも様変わり!?:

« 藤崎一郎駐米大使の「報道官発言に対する苦言」は国を思う発露から? それとも新政権におもねたスタンドプレー!? | トップページ | 橋下知事が「自公民なぜ戦わぬ」と激怒するぐらい、首長選挙の相乗りが減らないその理由とは!? »