« お年寄り必見! アルツハイマーにかからず、長生きできる方法とは!? | トップページ | すわ民主党の株価操作!? 亀井大臣の「モラトリアム」で銀行株を下げ、前原大臣の「ハブ化構想」で羽田関連株を上げる! »

「家族間殺人の増加は大企業のせい」というのはホンと? そして亀井発言の真意とは?

「マッシーパパの遠吠え」は最近うランキングが下がっています。面倒ですが、下記をクリックしてから読んでいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

亀井大臣が「日本で家族間の殺人事件が増えているのは、(大企業が)日本型経営を捨てて、人間を人間として扱わなくなったからだ」と日本経団連の御手洗会長に述べたことが波紋を広げている。

「日刊ゲンダイ」など、「亀井流のパフォーマンスという見方もあるが、この発言は正鵠を得ている。もっとやれといいたいくらいだ」と評価までする。

そして、「実は、家族間の殺人はデータの上では目立って増えていない。 この点は亀井の勘違いだが、殺人の背景に労働環境の悪化があるのは紛れもない事実だ」と続け、派遣切りが原因の無差別殺人で、08年の秋葉原事件を例に挙げる(http://news.livedoor.com/article/detail/4390508/)。

いや~、これは一寸、論理に無理がありすぎる。家族間殺人と無差別テロを一緒くたにしているからだ。

マッシーパパは思うに、「パフォーマンスという見方もあるが」でなく、パフォーマンスそのもの。といって、悪ければ、いわゆる関西お笑い流の「つかみ」というやつ。

例えば、この発言の前にも大臣は、「中小企業の融資返済のモラトリアム」を提唱したが、それも同様。関係者が驚くような言葉をポンとぶつける。当然、反発のりアクションがあるわけで、話題になってマスコミが飛びつく。

その一方で、問題の背景にいずれも小泉改革の負の部分が絡んでいるだけに世論の共感が得やすいという次第だ。

つまり、大臣にとって、真の理由はむしろどうでもよく、彼の正義感に照らして、現実に見えている「曲がった」ことが許せないというのであろう。

だからこそ、「(従業員や下請けのために)内部留保を出せ」と御手洗会長に迫ったのであり、しかも、「これはね、風が吹けば桶屋が儲かるみたいなその程度の因果関係でないからね」と念を押しているぐらい・・。

でも、いくらなんでも家族間の殺人増=大企業の派遣切りであるわけがない

マッシーパパも記憶があるが、2005年6月東京・板橋の高一の長男(15)が包丁で両親を殺害し、23日にも福岡の中三の弟(15)が高三の兄(17)を刺殺、さらに、29日、今度は長崎・平戸の小六女児が中一の兄(12)にバットで殴られ、頭部骨折する重傷を負ったことがある。

その時にもマスコミは「少年犯罪、他人から家族にターゲット変更!?」かと騒いでいた。果たして、このどこに、大企業の派遣切と関係あるというのだろう?。

むしろ、事件は兄弟喧嘩や親子喧嘩の延長上で起こっている。もっと言えば、「板橋」の事件の少年は「殺人ゲーム」に興じていたと聞く。又、同時に「板橋」の寮管理人の両親も、「平戸」の母親(美容師で母子家庭)も仕事(生活?)に追われて子供を省みる余裕がなかったのだともいわれている。いずれも大企業云々でないのだ。

マッシーパパなど、何よりも日本の子供たちが、「日本の国に誇りが持てず」、「将来に夢がない」(日・中・韓三国の児童を対象に「夢」の有無を調査した結果)ことに問題の本質があるように思えてならないのだが・・。

又、一方、07年7月に発表された、警察庁の犯罪記録によると、「暴行事件の主役の座が少年から30代に移っている」という。しかも、98年と比較し、30代の暴行事件は4倍に増加、その動機も8割が「憤怒」だとか。「憤怒」とは早く言えば、「マジ切れ」と言う奴だ。

ま~、この犯罪記録にどれほどの家族間の殺人が含まれるのか定かでないが、30代の事件が増えていることには変わりない。

となれば、「憤怒」という限り、「派遣切れ」が直接原因ということも一寸無理がありそう。

つまり、マッシーパパは、「憤怒」は若者共通の現象だと思っている。そして、その要因は、彼ら子供時代の学校と家庭の教育にあると認識している。あるいは、子供達の遊びから”集団性”が欠け、「仲間のルール」が消えていったことも大きな要因でないかと思う。

昔の子供達は決まって放課後から夕飯時まで、仲間と遊び興じ、その中で社会ルールを身につけたものだ。又、長じても、田舎なら青年会、都会でも同窓会など常に何らかのコミュニケーションに組み込まれていたものである。

従って、例えケンカがあっても、周りの誰かが止めるか、又は、怪我をさせる前に争いごとの善悪、勝負を決めていた。そういう、仲間を介してのルールに教えられたからこそ、実社会に出ても、”耐える”と言うことができたのだろう。

つまり、この時代の人なら誰でも知っている「ならぬ堪忍、するが堪忍」ということわざは「憤怒」を抑える教えであったのだ

要するに、「大企業の派遣切り」は家族間の殺人増の間接理由になりえても、ただの「one of them」に過ぎないということ。

ともあれ、東大出のエリート警察官僚だった亀井大臣なら、「犯罪を知るプロ」、原因について100も承知のはず。それを敢えて「御手洗会長こそ元凶」といううところが、亀井静香の「真骨頂」でないだろうか?

だからこそ、「日刊ゲンダイ」が言うように、共感した人が「亀井発言にエール続々」となるのだろう。

でもこれって、実際は違うようですよ。「ネット世論」では、「亀井大臣が正しいと思う」が26%、逆に「間違っていると思う」が52%と過半数を超えているのですが(http://www.yoronchousa.net/)・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« お年寄り必見! アルツハイマーにかからず、長生きできる方法とは!? | トップページ | すわ民主党の株価操作!? 亀井大臣の「モラトリアム」で銀行株を下げ、前原大臣の「ハブ化構想」で羽田関連株を上げる! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/31756417

この記事へのトラックバック一覧です: 「家族間殺人の増加は大企業のせい」というのはホンと? そして亀井発言の真意とは?:

« お年寄り必見! アルツハイマーにかからず、長生きできる方法とは!? | トップページ | すわ民主党の株価操作!? 亀井大臣の「モラトリアム」で銀行株を下げ、前原大臣の「ハブ化構想」で羽田関連株を上げる! »