« すわ民主党の株価操作!? 亀井大臣の「モラトリアム」で銀行株を下げ、前原大臣の「ハブ化構想」で羽田関連株を上げる! | トップページ | 亀井大臣の「モラトリアム」発言はやっぱ「つかみ」だった!ではその「オチ」とは? »

前原大臣の方が役者が一枚上だった!? 「ウインウイン」の甘言でコロリと参った軽い知事!

「マッシーパパの遠吠え」は最近うランキングが下がっています。面倒ですが、下記をクリックしてから読んでいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

中国の故事に「朝三暮四」というのがある。その意味は広辞苑に、「猿にエサをやるに、朝に三つ暮に四つとした所、猿達は少ないと怒り、朝に四つ暮に三つとしたら大いに喜んだ」とある。

これは足して二で割る方法でなく、単に後先を変えただけの一種のトリックだが、案外政治の世界ではよく見られることである。

マッシーパパの記憶でも、昨年3月、ガソリン税の暫定税率維持を前提に10年間で59兆円を投じる道路整備計画を提案、衆院で与党単独による強行採決があった。

そして、これに野党が激怒、「審議が十分尽くされていない」と一切の審議を拒否、国会が空転したのだが、その打開策として出てきたのが、自民党の、「5年で30兆円」の妥協案だ。

おそらく民主党の顔を立てようとしたのだろうが、まさに「朝三暮四」。勿論、この手に乗る民主ではなかったのだが・・。

だが、ここに、見事に「朝三暮四」に乗せられた御仁がいる。それが、千葉の熱血知事こと、森田健作氏である。

13日、前原大臣の「羽田ハブ空港」発言に床を鳴らして激怒、「夜も眠れなかった」と悔しがっていたのが、一転、翌日のたった20分の大臣との会談で終始、ニコニコ。

会談後もさも満足そうに「国内線は羽田、国際線は成田という原則(内際分離)を確認した」「大臣の考え方は私と一緒だった」とのたまう。

一方、大臣はというと、「成田空港の(国際線の)中心的位置付けは変わらない」と、前日の「ハブ空港」発言を引っ込めたものの、羽田を「24時間国際空港」にするとはっきり、言明している。

そして、「(両空港で)一体的に国際線を受け入れていかないといけない」と述べることで、森田知事の「内際分離」の誤解を引き出しているのだ。

だからこそ、この会見に固唾を呑んで見守っていた(?)成田空港周辺9市町の協議会は「合理的なすみわけと言うが全く意味が分からない」と、改めて前原氏に面会し申し入れたのだろう・・。

傑作なのは「朝ズバッ!」のみのもんた氏。チャンチャンバラバラを期待していたのに、わけの分からない決着にガッカリ。

おまけに、連日に及ぶ森田知事「生出演」も、コメンテーターの嶌 信彦や柴田秀一氏の頼りない突っ込みで「生出演」が、ただの「生煮え」。

むしろ、(マッシーパパは)見損じたけど、「とくダネ!」のほうが立派。今回の騒動、森田知事の一人相撲だと言うのだ。そして「森田知事が怒っていること自体がトンチンカン」だと種明かし。

しかも、「森田氏は98年の衆院選に東京4区から立候補している。羽田地区ですよ。そのとき彼は、羽田の国際空港化を訴えていた。立場が変わったら反対のこといってる。ひどいもんです(岩上安身)」や、

「航空行政がしっかりしていたら、日本航空もあんなことにはなってないでしょう(小倉智昭)」と舌鋒鋭い・・。(JCASTテレビウォッチよりhttp://news.livedoor.com/article/detail/4397034/)

では、一体、前原国交相の「一体的に」とは何を指しているのだろうか。

どうやらそれは、(成田の)深夜早朝に飛べない時間帯に24時間空港の羽田で国際線を増枠し、同時に日中はアジアに飛ぶ路線を拡充する。つまり、成田の国際線はそのままに、羽田の国際線を増枠して、増大する国際航空需要に対応するとしているのである。

換言すれば、羽田、成田両空港を一体的に管理することで、互いに欠けている所を補完しあいたいと言うのだ。

これって、民主党が考えたわけでもましてや前原大臣が言い出したわけでもない。むしろ、国交省が猫の目行政の失敗から帰結した軌道修正なのだ。

それを、大臣が政権交代を機に空港の位置づけをめぐるこれまでの論議に決着をつけ、政治主導で日本の空港の国際競争力を高めたいとの意欲から、いきなり、「ハブ空港」発言となったものである。

が、それが思わぬ展開になり、本人も国交省お役人もあわててしまったと言うのが真相(http://mainichi.jp/life/money/news/20091012k0000e010022000c.html)。

又、鳩山総理も(大臣から)報告を受けていなかったから一層混乱。とりあえず火消しとばかり、

「前原氏本人は『ハブ空港』とは言っていないと聞いた。(発言を)確認している。羽田を拡張し、今まで以上に国際的な空港とするのは既定路線だ。だからといって、成田空港や関西空港を重視しない、という発想ではない」と述べ、沈静化を図ったのだろう。

ま、この発言も厳密に言うと、一寸間違い。大臣ははっきりと橋下氏の前で、「羽田ハブ化」を口にしている。その証拠に、橋下氏は「羽田のハブ化に賛成だ」とも、「成田闘争の歴史を踏まえても、やはり羽田を中心にしないと日本は強くならないという信念を持つ大臣は凄い」とほめているではないか(http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20091013030.html)・・。

それをもし、大臣が、「羽田のハブ化」発言を否定したのならそれこそ、大変。あれほど民主が野党時代、「麻生総理がぶれた」と非難しまくったのだから、その分、きっちりお返しを食らうは必定なのだ。

ともあれ、何をどう言い換えようと、鳩山政権は国民に公共事業のムダ削減を公約している。従って、自ら採算の取れない金食い虫にこれ以上税金を垂れ流すわけにいかない。

当然大臣の言うように一極集中で税対効果を計るしか選択肢はないわけで、成田は誰が何を言っても羽田の「従」にしかなれないのだ。

だからこそ、マッシーパパは今回の騒動を、「朝三暮四」と言うのだ。幸い、前原大臣も餌やりの相手が、森健知事だから良かったようなもので、これが橋下氏ならこうは行かなかったはず。

従って、老婆心から言うが、大臣もいい加減、慎重な発言を心がけるべきでないだろうか。でないと、臨時国会が始まれば、こんな程度で治まりがつかなくなるだろう・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« すわ民主党の株価操作!? 亀井大臣の「モラトリアム」で銀行株を下げ、前原大臣の「ハブ化構想」で羽田関連株を上げる! | トップページ | 亀井大臣の「モラトリアム」発言はやっぱ「つかみ」だった!ではその「オチ」とは? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/31806253

この記事へのトラックバック一覧です: 前原大臣の方が役者が一枚上だった!? 「ウインウイン」の甘言でコロリと参った軽い知事!:

« すわ民主党の株価操作!? 亀井大臣の「モラトリアム」で銀行株を下げ、前原大臣の「ハブ化構想」で羽田関連株を上げる! | トップページ | 亀井大臣の「モラトリアム」発言はやっぱ「つかみ」だった!ではその「オチ」とは? »