« 吉本・元会長恐喝容疑の中田カウス、大阪府警に反撃ののろし!? | トップページ | 日本の国を私物化する亀井大臣!今度は超法規で死刑までモラトリアム(執行停止)!? »

強行採決の方が問題?それとも審議拒否が悪い? い~え、どっちもどっち!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

19日の衆院財務金融委員会、20日の同本会議と、「中小企業等金融円滑法案(モラトリアム法案)」を民主党が強行採決。一方、これに抗議して自・公が審議拒否。

そこで、国会正常化に向け与野党話し合って、一旦は審議を再開したと思ったら27日、再び自民が審議を拒否したという。

なんとも奇妙な話である。つい先日まで強行採決を連発していたのは自公政権。そして、反発して審議拒否をしていたのが今の連立政権の民主・社民・国民新党の3党であった。まさに攻守処を変えただけの国会狂騒劇に、ホンとにこれでよいのだろうかと考えさせられる。

このことは与良氏も、「毎日」のコラム「発信箱」に「ああブーメラン」と題し、

政権交代後の国会はブーメラン合戦の様相だ。民主党の強行採決を自民党は『数の横暴』と批判するが、強行採決を何十年も連発していたのは誰だったのか。民主党も『自民党の審議拒否』をなじるが、野党の時は審議拒否は得意技だった。どっちもどっち。でも、こうした非難合戦があまりに非生産的だということは与野党ともに既に承知のはずだ」と嘆いている(http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20091126ddm008070008000c.html)。

ともあれ、奇妙な話はこれで終わらない。実は、「強行採決」も「審議拒否」も、真相はそんな単純な話でなかったというのだ。

「産経」の記事によると、「強行採決」は、「小沢氏と山岡国体委員長の意思疎通の欠如が原因?」というのである。

つまり、小沢氏は全法案の会期内成立を図るよう指示は下したが、採決を強行しろとは言わなかったのに、親分の思いを忖度した山岡氏が過剰反応。なにがなんでも会期内に全法案を通過すべしと無理を承知で強行採決に出たという。

だからか、小沢氏が、「強行、強行で国民無視、国会無視といわれているじゃないか。イメージが悪い」と激怒したというのだ(http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091120/plc0911202133016-n1.htm)。

ま、渡部恒三氏もそのことに関し、「国対委員長おりますけどねえ、何となく小沢君が右と言えばハイ、左と言えばハイとなっちゃいました」と発言しているから、意外と、「産経」記事は真相をついているのかも・・。

一方、審議拒否した自民党もこれに輪をかけていい加減。ま、最初の強行採決に対する審議拒否は100歩譲って許せても、二度目の拒否はいただけない。

なるほど、名目上は、①党首討論が確約されていない ②「政治とカネ」をめぐる衆院予算委員会の集中審議を民主党が拒否したからと理由に挙げている。

しかして、真相は、正常化すれば、郵政民営化見直しの第一弾、株式売却凍結法案が待ち受けており、自民党としては諸刃の剣。下手打てば党内が割れる。むしろ、審議拒否している間に、願わくば、民主がもう一度、強行採決でもしてくれればという、魂胆もちらつくのである(http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091127ddm005010007000c.html)。

だからこそだろう。二度目の審議拒否には連携している公明党がさっさと離脱。27日には、なんと衆院で審議拒否したはずの返済猶予法案の賛成に回ったのである。

いや~ホンと、どこまで自民党は馬鹿なんだろう。米中をはじめ世界経済が急速に回復しているなか、日本だけが円高・株安、おまけにデフレでどんどん経済が沈没しているというのに、自民の最優先課題が「政治とカネ」だって。

おまけに、自民を除く全政党が真剣に法案を審議しているのに、一人拒否なんて・・、これでどうして国民の信頼を得ようというのですかね。いまさらに政権から転落した理由がよ~く分かるよ。

そんな暇があるなら、河野太郎議員のように事業仕分けの現場に顔を出して、国民がなにを政治に期待しているのかを感じ取ってほしいものである。

とにかく、このままでは自民党はドボン、旧幹部の首を全部切って出直さないと本当に取り返しのつかないことになるのでは・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 吉本・元会長恐喝容疑の中田カウス、大阪府警に反撃ののろし!? | トップページ | 日本の国を私物化する亀井大臣!今度は超法規で死刑までモラトリアム(執行停止)!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/32387247

この記事へのトラックバック一覧です: 強行採決の方が問題?それとも審議拒否が悪い? い~え、どっちもどっち!?:

« 吉本・元会長恐喝容疑の中田カウス、大阪府警に反撃ののろし!? | トップページ | 日本の国を私物化する亀井大臣!今度は超法規で死刑までモラトリアム(執行停止)!? »