« 皇室を政治利用する”あの人”もやっぱ媚中派だった!? | トップページ | 日本国民より「在日」との約束を重視する”あの人”の政治感覚とは!? »

自民も自民なら民主も民主! 一体、国民は何に期待すればいいのですか!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

小沢幹事長は14日夕、党本部で記者会見し、天皇陛下と中国の習近平国家副主席特例会見をめぐり天皇の政治利用に当たるとの懸念を表明した羽毛田宮内庁長官に対し「一役人が内閣の方針についてどうこう言うなら辞表を提出してから言うべきだ」と事実上の辞任要求をするなど強く反論したという。

愈々、この人の本性が出ましたよ。彼は昔から痛いところを付かれると、マジ切れする悪い癖。どうやら、この御仁にとって、天皇の健康などどうでもいいらしい。

すべて、おのれの権勢欲のため。そのためには天皇はもとより世論など知ったことでないと言うのだろう。

だが、国民を侮ってはいけない。一度、選挙で、あれほど強固な自公政権をひっくり返した一票の力を知ったのだから、政権の横暴はこの先、誰であっても許さないだろう。

それが証拠に内閣支持率は最近、おかしな動きを見せている。最も直近の調査である、「読売」のそれによると、就任以来、支持率続落、12月4-6日に実施した数値でも前月比4ポイント減の59%になったという。

確か、マッシーパパも「事業仕分け」は「戦後行政の大掃除」の一歩? それとも、財務省の絵図に乗ったパフォーマンス!?(http://blog.goo.ne.jp/massypapa/e/8cd5943cd6888efc2c4bd553c30d2c97)』に書いたが、先月までは、「必殺仕分け人!」の「始業仕分け」パフォーマンスでなんとか持ち直していたはず。

処が、どうやらそれも終わりのよう。肝心の行政刷新会議の場では、基金などの国庫への返納を含めて、たったの6900億円の削減に止まったとか。それも、仕分けで示された歳出削減の基準を対象外だった事業にも反映させた結果というのだ。

まさに「パフォーマンス」とマッシーパパが言っった通りの結果。これを報じた「朝日」ですら、「約1兆6千億円の財源確保が見込めるはずだった」と疑問を呈しているのである(http://www.asahi.com/business/update/1211/TKY200912110266.html)。

ま~、よほど鈍感な人でも、そろそろ、なんとなくこの政権はおかしいと気づきだしたのではないだろうか。

それに肝心の鳩山総理は普天間問題にしろその他懸案事項のすべてを先送り。

おまけに、期待の閣僚も、国交相が八ツ場問題でアドバルーンを上げたはいいが、トンとその後、音沙汰なし。又、得意の年金問題に取り組んだ厚労相もトーンダウン。ましてや、早々とマニフェストで老人票に訴えた後期高齢者医療制度の廃止も先送り。

とにかく、そろいも揃って、政権交代した成果を見せてくれた者はいない。それどころか、天下り根絶どころか、天下りの奨励。挙句に、冒頭のように”あの人”など、自民以上の媚中で暴走。そしてそれを戒めた、宮内庁長官を逆恨みする始末。

これでは、来年の参院選には間違いなく再逆転もありか?・・。と思っていたら、なんと、ずっこけるような自民の「再生劇」・・。

今朝(14日)の「スーパーモーニング」で小泉進次郎議員(28)の地元ツアーに「応募者殺到、1/100の競争力」の見出しが・・。

要するに、自民党の「みんなで行こうZEツアー」(自民党谷垣禎一総裁のセリフのもじりか)で、進次郎が5200人の応募から選ばれた50人と海上自衛隊横須賀基地を訪れたというのだ。

い~え、これだけでなく、この後も、小池百合子元防衛相を案内役に東京・池袋、馳浩衆院議員とプロレス観戦、小渕優子衆院議員と八ツ場ダム見学などが検討されているという。

要するに党再生をアピールする目玉企画にする考えだというのである。

いや~、参った参った!マスコミはよく、「民主の与党ボケ、自民の野党ボケ」というが、そんな生チョロイものでない。一体、全体、自民党は国民を全部B層だとでも思っているのだろうか。

幾ら、B層の好きだったジュンイチローの息子だからといって、イケ面の顔見世だけで支持層が戻ってくるとでも思っているのだろうか?

スキンシップさえすれば、自民党に票が戻ってくるとでも思っているのか。なんともあさましい。

いいですか、あの劇場型・小泉政治が今の崩壊した世の中を産み出したということが、どうして自民党に、反省できないのだろう・・。

どうして、国民がまともな政治を要求しているのが理解できないのであろうか。

ともあれ、先の選挙で政権交代を選んだのは国民。そして、実現したのを喜んだのも同じ国民。

それが、このように、日替わりメニューのように、どんどん期待を裏切られて行けば、この先どうすればよいのか? 

いまさら、こんなバカな自民に再度政権を任すわけにも行かず、さりとて、日増しに、国民の期待と遠ざかる民主に期待するにあたわず・・。ほとほと困ったもんである。

後は、頼りになる第三局の登場を待つしかないのかも・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 皇室を政治利用する”あの人”もやっぱ媚中派だった!? | トップページ | 日本国民より「在日」との約束を重視する”あの人”の政治感覚とは!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

全くタイトルの通りです。
政権交代したものの見えてこない曙光。
本当にこの先どうなるのでしょう。

投稿: 通りすがり | 2009年12月17日 (木) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/32609467

この記事へのトラックバック一覧です: 自民も自民なら民主も民主! 一体、国民は何に期待すればいいのですか!?:

« 皇室を政治利用する”あの人”もやっぱ媚中派だった!? | トップページ | 日本国民より「在日」との約束を重視する”あの人”の政治感覚とは!? »