« どんだけ~! 角界の”ヒール”朝青龍と政界の”悪役”小沢一郎の共通点とは! | トップページ | 橋下徹知事殿 高支持率に浮かれてばかりいないで、ちっとは自分の言動に責任を持っては如何!? »

民主偏向の日刊ゲンダイが何故か前原たたき、これって、彼が反小沢だから!?

民主偏向記事を書く日刊ゲンダイ(http://news.biglobe.ne.jp/provider/gen/index.html)が小沢幹事長の検察事情聴取の結果がよほど気になるのか、

小沢"陸山会"世田谷土地取引疑惑は的外れ(1月29日)」

小沢定例会見の貧しい追及内容(同)」

これは犯罪になるのか。捜査は終わったのか (1月28日)」

地検特捜部と小沢は司法取引したのか (同)」

これから民主党の中はどうなるのか (同)」

大マスコミはなぜ小沢を犯罪者扱いするのか(同)」と、強気と弱気両面の記事を連日、伝える。

続きを読む前に、一押しよろしく m(_ _)m

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

そして、大マスコミがスクープする、『17年の4億円の原資「分からぬ」 小沢氏が供述 不正資金?(http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100129/crm1001290146002-n1.htm)』や

小沢氏、沖縄に土地 辺野古から9キロ投機か 17年購入(http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100129/crm1001290151003-n2.htm)』には知ってて知らんぷり。

いや、不思議はそれだけでない。

他の記事もよ~く読んで見ると、どうやらただの「民主偏向」でもなさそう。たとえば、『ごますり三人衆』の細野豪志や原口総務相には大甘記事。

「検察のリークだ」と言って、逆にマスコミに「報道規制」と批判された総務相には早速、「大マスコミは、一斉に大反発している。痛いところを突かれたから、キャンキャン釈明しているのだろう」と「大マスコミ、今度は原口総務相を袋叩き」の大仰な記事で擁護。

又、最近、とみに小沢に擦り寄る菅財務相にも「菅財務相の『円安発言』を批判する大新聞の支離滅裂」「財務官僚封じ!菅新大臣を後押しする強力法案の威力」「財務大臣交代は良かった~これで景気も回復しそう」等、3連発のご祝儀記事。

一方、小沢支持のはずが、世論にたたかれては軌道修正する鳩山首相のことは、「『沈黙は金』『口は災いの元』~鳩山さん、パフォーマンスを考え直せー悪人ではなさそうだがペラペラ口が軽すぎる鳩山首相」と失礼をも省みぬもの言いよう。

いや、もっとひどいのが前原国交相への批判記事。

だまし討ちだ!個人株主38万人の標的になった前原大臣(1月21日)』の記事では、政権発足後から4カ月の前原大臣のコロコロ変わる発言を〈表〉にして、いかに“無責任”にブレているかを批判(http://news.biglobe.ne.jp/politics/741/gen_100121_7414856289.html)。

又、八ツ場ダム問題では『前原国交相の”脱ダム路線”(1月19日)』と題し、前原氏が、本体着工していない89のダム事業の可否を検証するため設けた有識者会議をコソコソ非公開でやり始めたのも”前原の変節”だと問題にするのである(http://news.biglobe.ne.jp/politics/836/gen_100119_8365232360.html)。

いや~、明らかな二重規範。まるで、小沢氏への忠節度の大きさで、人間のよしあしを決めたような書きぶり。

しかも、前原批判の記事など、幾らなんでも露骨過ぎる。

確かに、前原氏は党内にあって、有力閣僚として、ただ一人、小沢氏の疑惑に15日、「報道が事実かどうか国民は注目している。疑惑に政治家自らがしっかり答えることが大変重要だ」と述べ、小沢氏本人が説明責任を果たすよう注文をつけたのは事実。

だからといって、この書きようは無いだろう。これではまさに、”民主偏向記事”というよりは”小沢偏向記事”、民主偏向記事より尚、たちが悪いと言うことになるのでは。

ま~、この小沢疑惑に日刊ゲンダイがこの後、どのように書くのかその目で見ると、結構、これはみものですよ!

そして、日刊ゲンダイのこの怪しげな実態をマッシーパパも先日、「自公政権下で締め出されていたアウトサイダーのメディアがせっかく、政権交代による民主の情報公開で大マスコミと対等の立場になったのを失いたくないと、釈迦リキに擁護に回ったのでないだろうか」と推理しましたが、どうやら、それより何かもっとドロドロした関係がうかがい知れることになりますね・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« どんだけ~! 角界の”ヒール”朝青龍と政界の”悪役”小沢一郎の共通点とは! | トップページ | 橋下徹知事殿 高支持率に浮かれてばかりいないで、ちっとは自分の言動に責任を持っては如何!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

やはり漫画にすると外国人参政権の怖さがよく分かりますね
拡散希望!!

ゴーマニズム宣言~「外国人参政権」という売国保安を許すな!
http://www.youtube.com/watch?v=RnAWBhDWclU

投稿: june | 2010年1月30日 (土) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/33098000

この記事へのトラックバック一覧です: 民主偏向の日刊ゲンダイが何故か前原たたき、これって、彼が反小沢だから!?:

« どんだけ~! 角界の”ヒール”朝青龍と政界の”悪役”小沢一郎の共通点とは! | トップページ | 橋下徹知事殿 高支持率に浮かれてばかりいないで、ちっとは自分の言動に責任を持っては如何!? »