« 民主偏向の日刊ゲンダイが何故か前原たたき、これって、彼が反小沢だから!? | トップページ | 映画「母(かあ)べい」の時代とは!? »

橋下徹知事殿 高支持率に浮かれてばかりいないで、ちっとは自分の言動に責任を持っては如何!?

就任2年目(2月6日)を迎える橋下知事の支持率が83%という。

あの「無党派知事ブーム」を巻き起こした横山ノック・元知事の初年度64%、3年半で59%、

太田房江・前知事の3年半(07年7月)で36%にとどまったというから、比較にならない高支持率。

又、歴代内閣でも、最高支持率は発足直後の小泉内閣の87%だが、1年後には42%に急落しているというから、2年間のこの数字は驚異といえるのでは。

それだけに、知事も「やりたい放題やらせてもらって、後押しをいただけるのはうれしい。浮かれたらいけませんけど」と喜びを隠さなかったとか(http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/20100128-OYO8T00291.htm?from=tokusyu)。

続きを読む前に、一押しよろしく m(_ _)m

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

尤も、支持率だけなら、東国原知事にはかなわない。彼は就任時に、90%以上、自民党総裁を高望みして国民から総スカン食った直後でも地元新聞の世論調査では82.1%あったというのである。

つまり、地方自治と国政では支持率の意味が違うということかも。

実際、橋下府政も府議の目から見れば、「人件費カット以外、これといった成果はなく、経済も良くなっていない」と手厳しいし、大阪在住の作家、高村薫さんなど、「支持率が高いのは、府民の多くが『頑張っているみたいやから任せとこか』という程度の感覚」と意外とさめている。

結局、橋下御仁も東先生も、常にマスコミにメッセージを発信しておれば、人気は維持できるというタレントのツボをよくご存知だと言うだけのこと(?)。

それが証拠に、橋下氏も、「関空再生」を持ち出したり、最近では、「大阪府と大阪市を統合する」と、他人(大阪市)の庭にまで土足で上り始めている。

いや、それでも足りないと、神戸市長に向かって「神戸空港は失策」、だから「伊丹廃港と言うべき。そしたら伊丹廃港が神戸空港の活性化にもつながる」とおせっかいまで焼く始末。

これにはマッシーパパなど、「そこまで言うか?」という思いである。

ならば、どうして、そんな駄目市長の三選を阻止しなかったのか?と問いたい。 

あの樫野氏が三顧の礼で応援を頼みに行ったのに、「国民健康保険の減免や敬老パスの取り扱い」が気に入らないというだけで袖にしたじゃん。

そして、表向きには、「民主党の小沢幹事長が現職を単独推薦した決定は非常に重い。首長連合で推すことになっても僕は応援に入らない」と、マスコミ向けに調子のいい言辞をしゃーしゃーと吐く。

おまけに、陳情に上京した際、あの小沢氏の「人たらし」に篭絡されては、「小沢氏はすごい」と、彼に頼まれもしないのに広告塔の役まで買って出た。

ま~、相思相愛なら、何を言おうが勝手だが、少なくても知事も公人の一人。ましてや、マスコミを使って、彼のことを宣伝しまくったのだから、少なくとも、今回の彼の政治団体の土地購入疑惑に対しても、何らかのケジメをつける責任はあると思うのだけど。

勿論、橋下氏のライバルの東先生は19日、定例会見で「国民の政治不信を募らせてしまった」ときっぱり批判している(http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20100120ddlk45010403000c.html)。

こなた、橋下御仁はというと、出張先の外地から、「捜査が適正かはコメントする立場にない」としながら、「日本の検察、国家制度はすごい。権力者中の権力者である小沢幹事長に対してもきちっと捜査している」となんともずるい答えよう。

ま~、ここがこの男の限界

日ごろ、自分は企業から一切、政治献金は受けない。だから、広く個人の寄付を集めるためにパーティを開くのだと、公言してはばからないのに、全く正反対の「パーティ禁止。企業献金は受ける」という小沢氏を批判できない。

これもあれも、結局、すごい力にただ迎合するだけの、根性なしなのだろう。

ならば、余りでっかいことは言わないほうが後々、ボロを出さなくてすむのでは!・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 民主偏向の日刊ゲンダイが何故か前原たたき、これって、彼が反小沢だから!? | トップページ | 映画「母(かあ)べい」の時代とは!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

倉田薫『拝啓 大阪府知事橋下徹様――あなたは日本を変えてくれますか?』(情報センター出版局、2011年)
上記の本を読んだ人の感想を読みました。
この本によると、橋下知事は、自民党の人に政策を、演説で語るように言われた時、ホームページに掲載しているから、演説の時は、政策は語らず、無党派層の票の獲得に励むようなことを言ったと確か書いてありました。
橋下知事は、教育委員会の人に、dataに基づいて話せない、と、オーバーに批判していたように思いますが、橋下知事は、dataを出さずに、自説を、感情的に、主張してる時がとても多いように思います。
そして、そんな感じで、いい加減ではいけないと思うので、何とか、橋下知事についての、無党派の票を獲得するため、何も政策は、語らないという発言の書かれたホームページを探そうとしたのですが、結局、残念ながら見つかりません。
でも、何かの本に書いてあったと、記憶しています。
ここまで書いて、また捜しましたが、やっぱり、見つかりません。
でも記憶はしています。

投稿: | 2011年10月18日 (火) 02時58分

『橋下徹 改革者か壊し屋か』が、私の読んだホームページの管理者さんの読んだ本だったような気もするんですが、倉田薫『拝啓 大阪府知事橋下徹様――あなたは日本を変えてくれますか?』(情報センター出版局、2011年)が、その管理者さんの読んだ本だったかなぁ、と思って、前回、コメントさせてもらいました。
どなたかが、倉田薫さんの本を読んで、橋下さん信仰を強めたようなコメントを、インターネットでしていたような気もするので、やっぱり、倉田さんの本ではない方が、演説のしかたについて、元自民党の方が、批判的だったことを書いていた本だったかもしれません。
それに、別のインターネットユーザーの方が、倉田さんの本を読んだ印象として、倉田さんのおやじ的愛情を感じるというようなことも確か書いていたし、やっぱり、批判的な視点で書いていたのは、倉田さんではない方の著者の方の書いた本だった気もします。
もう一度確認しようと思ったのですが、結局、どの本に書かれていたかは、確認が出来ません。
本当に彼については、いろんな本が出ているんですね。

投稿: | 2011年10月20日 (木) 02時10分

橋下知事についての本ではありませんが、私は今、『静かな人ほど成功する』を読んでいます。この本には、「成功者はみな、常日ごろから(前略)『本当に情熱的になること』を実行してきた人たちです」と書いています。
でも、橋下知事の場合、実際に達成したことは、タレント時代から、大阪府知事時代まで、一貫して、とにかく注目されることであったりします。
何でもいいから、成功すればいいというわけではないと思います。ただ、目立てばいいわけではありません。教育基本条例の問題で、教育委員たちに、正しくなくても、これが府民感覚なんて、むちゃくちゃな考えをぶちまけるなんて、不適切です。
大阪府幹部も、注目を浴びることしか、考えてなくて、たとえて言えば、回転寿司屋だ、と表現したと、毎日新聞に書いてありました。


投稿: | 2011年11月 1日 (火) 03時28分

橋下知事については、「『都構想は反対だが、橋下氏の姿勢は支持したい』という意見の人も」いるそうです。一般の人が、記事を投稿するJ-CASTニュースに書かれていました。橋下知事は、クラブ活動に執念を燃やす学校の先生に、イメージが似ています。部活は、芸術やスポーツを極めるものが多いけど、大阪府政は、娯楽的な営みではありません。例えば「教育基本条例案」のバトルで、正しくなくてもこれが府民感覚なんて主張するような発想で、変に情熱を持たれてって困ります。芸術は好みも関係あるけれど、好みで人事が左右されそうな教育基本条例は困ります。スポーツは、政治や教育に比べれば、かなり単純です。もちろん、スポーツも、極めるのは大変難しいのですが、ルールや法則は、万人に共通です。一種のゲームですから、いつも一定のルールで構わないのですが、教育や政治をそれと同じにしてもらったら困ります。橋下知事は、WTCの移転が、否決されても、まるで、可決されたみたいに、勝手に、予算を可決して、移転したくらいですが、大阪府知事になったら、むやみに、学校を、きまりで縛る発想をするなんて矛盾してます。本人は、移転の否決を無視したことになります。
全国学力・学習状況調査は、国の教育施策の企画立案の参考にする、と文部科学省のホームページに書いてありました。でも、橋下知事の態度は、何だか、競走馬に、レースを走らせる感じです。国も、学校が希望しない限り、統計上有意なレベルで把握できる30%を抽出し、後は学校に希望するかどうかを決めさせる方針です。学校間格差を暴くためではないからだと思います。

投稿: | 2011年11月 1日 (火) 23時54分

市町村別の結果発表で、面白いことが分かったとインターネットに書いている人がいます。
そんな発表を要求した知事を、ある本を読んで又、思い出しました。
日本の坂村 健という人が、『不完全な時代―科学と感情の間で』という本で、自分の作った無償で使えるTRONOSを使って、日本政府が、許可を取らず、教育用パソコン標準を作ろうとした時に、不公正貿易取引の対象として取り上げられて、アメリカのIBMが、米政府に不公正ではないのではと説明してくれたそうだ。
橋下知事は、例えば、こんな風に、人が理解を示してくれるような事ではないことを、無理にでも、出来れば、押し通したそうで、感心できない。まぁ、回転寿司屋に、大阪府幹部が、例えるくらいだから、必ずしも、主張した政策は、本気ではないのかもしれないけど。

投稿: | 2011年11月 2日 (水) 01時37分

大阪府幹部が、回転寿司屋にたとえるほどのせっかちな橋下徹氏は、政治は複雑だということを理解してくれていないと思う。複雑だというのを、真に理解してくれていたら、常に慎重にことを運ぶ。だから、そんなふうに慎重な場合は、後で、幹部が慌てて、資料を用意しなければならないような思い付きでの発言はしないと思うし、大阪が混乱していると、霞ヶ関の人に評価されなかったはずだ。
例えば、電力というのは、需要と供給のバランスを考えて、供給量を、コントロールしなければ、発電側の設備が壊れてしまうほどのものなんだそうだ。急に変動するわけでなければ、まぁ、大丈夫なんだそうだが。それは、『不完全な時代―科学と感情の間で』という本に書いてあるんですが、『45分でわかる! どうなる? 日本のエネルギー問題。再生可能エネルギーと分散型ネットワークが鍵!』にも、原子力発電では、夜中も、動かし続けていなければ、発電が続けられないことを書いていた。それで、夜間は、無駄な電力が生じているそうだ。
とにかく、例えば、そういう技術も複雑なのに、橋下知事は、大阪府知事というトップは、どんな無理やりな政策でも、道筋を示し、後は、実際に動く人が、色々やればいいと、考えていた。聞く耳を持たないのは、いつものテレビでの強引な発言に、とてもよく表れているし、何らかの政策を、考案する時に、それぞれの専門家に、何の意見もきっと聞いていないか、聞いても、自分の提案したい政策に不都合なら、自分勝手に無視するんだと思う。
坂村 健という人が、『不完全な時代―科学と感情の間で』という本を書いたんですが、この人も、この本で、複雑なことは、複雑だと、教えないと困ると書いています。

投稿: | 2011年11月 2日 (水) 18時55分

抽象的なスローガンを、単に熱っぽく演説する単純な橋下氏は、今の日本に必要なのは独裁なんて、上から目線どころか、もっと抜本的に、自分独りの思い付きを、散々、強引に押し通そうとしていて、平気で、「上から目線ではなく、住民に身近なところで頑張る市町村の施策を下支えする府政にチェンジする」と言ったそうですが、その発言の内容を、現実に信念としている人が、今の日本に必要なのは、独裁なんて発言するはずがありません。元の大阪府政が、上から目線なような言い方ですが、自分の方が、独裁が必要などと、上から目線どころの騒ぎじゃない感覚をしていて、ちょっと考える人には、信用できるはずがない発言です。チェンジとは、元とは異なるようにすることですから、橋下氏の考えでは、元が、上から目線で、橋下氏が、それを正すという発想になります。でも、独裁なんかが必要だと言ったのは、橋下氏ご本人なわけで、もし、自分が一度始めた独裁を、本気で改めようと、本人が、思っていたとしても、独裁が必要なんて考えた人を、信用出来ません。初めから独裁を発想しない人でない限り、危なっかしくて仕方ないです。

投稿: | 2011年11月 7日 (月) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/33170947

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下徹知事殿 高支持率に浮かれてばかりいないで、ちっとは自分の言動に責任を持っては如何!?:

« 民主偏向の日刊ゲンダイが何故か前原たたき、これって、彼が反小沢だから!? | トップページ | 映画「母(かあ)べい」の時代とは!? »