« 『民主党笑劇場』が愈々、開演? ”郵政見直し”の外題は立派だが、中味は大根芝居!? | トップページ | 「病膏肓(やまいこうこう)に入る」とはこのこと? 小沢病に取り付かれた「日刊ゲンダイ」と”スパモニ”の鳥越俊太郎! »

大名跡「円生」争奪戦、どんぐりの背比べで墓場の6代目も苦笑い!?

さすがわ、東京落語である。一門の名跡襲名争いまで、しゃれにして商売にする。

17日、東京浅草で、落語界の大名跡「三遊亭円生(さんゆうていえんしょう)」を誰が継ぐかで、6代目の直弟子・円丈と孫弟子・鳳楽が、お客さんに決めてもらおうと「円生争奪杯」落語会をおっぱじめたという。

尚、当日は、円生翁のご子息(88才)の山崎氏も検分に訪れたとか・・。

続きを読む前に、一押しよろしく m(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

さて、この騒動(?)のなり行きを少しばかり、説明しておく必要があるようだ。

そもそもことの発端は、先日なくなった円生の総領弟子の円楽が、生前に、自分の名跡は楽太郎に、一番弟子の鳳楽には師匠の円生の名跡を継がすと公表していたことに始まる。

ただ、これに対しては、直弟子である円窓やくだんの円丈が「勝手は許さん」と名跡争いに名乗りを上げ、ならばというので、冒頭の争奪戦となったようである。

尤も、なにをどのように決着つけるのか、それも円窓抜きでと、「読売」など「万事しゃれの世界で起こった、しゃれではすまない大騒動。どんなオチがつくのだろうか」と、彼らに代わってオチをつけてくれている(http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100318-OYT1T00093.htm)。

処で、この騒動、どうやら、出来レース? 実際、「スポーツ報知」にも、鳳楽がすでに6代目の孫の承諾も取り付け、三十三回忌にあたる来年の9月までに襲名披露を行いたいとして準備を進めていると報じている。

だからか、「産経」も一応、クエッションつきだが、「第2ラウンドは夏ごろ開催?」かと記事にしているのだろう(http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100318/tnr1003181433003-n1.htm)。

ま~、6代目も(母が再婚した相手の)5代目から名跡を継いだというから「円生」の名はもはやこのうちの屋号みたいなもの。いかなるものも当主の許可がない限り襲名は無理と言うことのようで、やっぱ、鳳楽に軍配が上りそう(?)・・。

それにしても、又々、昭和の大名跡が安売りされるかと思うと、無二の落語好きのマッシーパパとしてはとても残念でならない。

それも5代目円楽の「これほどの名跡を埋もらせてしまうのは勿体ない」で始まったことではあるが、そのこと自体が大間違い。

その昔と違い、CDもDVDも完全収録盤がれっきとして残っている現代。なまじ、レベルの低いものが継いで名をけがすより、6代目夫人の希望したとおり、「止め名」にしておくほうが理にかなっている。

しかも、円楽自身、6代目圓楽を継がせることについても、「死んでから誰かわからないものに襲名させるよりは自分が健在であるうちに決めてしまおう」と弟子の楽太郎に譲ったという(wikipedi)。

いくら、落語家だからといって、語るにオチるのはよしこさんであろう。

それに、円生と言えば、円楽がTVでチヤホヤされていい気になっていたとき、「お前さんの芸はまだまだ。もっと真剣に芸を磨かねばならないよ」と諭したぐらいの厳しい芸の虫。

その円楽師匠にすら足元にも及ばない鳳楽では「10年早い」、いやもっとかも・・。

ともあれ、どうして、落語界は襲名をあせるのであろうか。

マッシーパパも、別のエントリー「経新聞の大誤報! 桂三枝の「文枝」襲名記事はどうして掲載されたのか!?(http://massypapa.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-65bd.html)」で書いたが、襲名披露興行で儲かるからでは安易過ぎるのではないだろうか?

確かに、世の中には、役職が人物を高めることもあるが、芸事の世界は別。名まえ負けこそあれ、ただ、フロックに大名跡をついで名を上げた人は寡聞にしてマッシーパパは知らない・・。

とはいっても決めるのは山崎家の人々。いかがあいなるのでしょうか?・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 『民主党笑劇場』が愈々、開演? ”郵政見直し”の外題は立派だが、中味は大根芝居!? | トップページ | 「病膏肓(やまいこうこう)に入る」とはこのこと? 小沢病に取り付かれた「日刊ゲンダイ」と”スパモニ”の鳥越俊太郎! »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/33858652

この記事へのトラックバック一覧です: 大名跡「円生」争奪戦、どんぐりの背比べで墓場の6代目も苦笑い!?:

« 『民主党笑劇場』が愈々、開演? ”郵政見直し”の外題は立派だが、中味は大根芝居!? | トップページ | 「病膏肓(やまいこうこう)に入る」とはこのこと? 小沢病に取り付かれた「日刊ゲンダイ」と”スパモニ”の鳥越俊太郎! »