« 気象庁の大げさ津波予報の謝罪、不必要と否定する前原国交相の発言こそ不必要では!? | トップページ | 麻生の「やるやる詐欺」よりひどい民主の「すり替え詐欺」! あの報道ステーションの古館氏もあきれて絶句!? »

参院選候補・前田日明の公認はずしの理由は小沢肝いりの”外国人参政権”に盾ついたからだって!?

4日の「スポーツ報知」に『内定前田氏公認 民主見送り』と、興味を引く記事。

どうやら、それを知った記者が小沢幹事長に質問、一方、小沢氏は、「誰? 何が? え?」と無関心を装ったとのこと。

そして、続けて、「その、前田なにがしにつきましては、いろいろ本人の認識のことやら何やらありましたので、今回は見送り」と、“格闘王”の異名でならしたカリスマを「なにがし」呼ばわりしたという(http://news.livedoor.com/article/detail/4637287/)。

続きを読む前に、一押しよろしく m(_ _)m

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

確か、前田日明氏といえば、「J-CAST」のニュースに、「2007年の参院選で、民主党候補者の応援演説を手伝った実績もあった。この時は応援演説をした12人のうち9人が当選、前田さんは政治や教育、福祉問題への関心も高い」と岡崎ユキとともに内定が報じられたばかりである(http://news.livedoor.com/article/detail/4544558/)。

なのに、これはいかがしたこと。そして、小沢氏の「本人の認識のことやら何やらありました」とは何を指すのか?

早速、マッシーパパは真相を追っかけて、その原因を見つけましたよ。

それは「夕刊フジ」に「小沢に嫌われた!? 前田日明、民主候補ハズシのワケは」に明らか。

要するに、日明氏が「小沢氏肝いりの外国人参政権の問題に待ったをかけたのが、逆鱗に触れたのでないか」というのだ。

なるほど、だからこそ、記者に突っ込まれて、「ムニャムニャ」と、ぼかすしかなかったのだろう。

しかも、記事は、「同じ前田でも、もう一方の民主党衆院議員だった08年10月にマルチ商法業者から献金を受け取り、国会で質問していたことが明らかになって、市民団体から受託収賄容疑で告発された雄吉氏は公認」、

それもそのはず、「雄吉氏は小沢氏を支える若手議員グループ『一新会』の事務局長を務めた小沢氏の側近。昨年の小沢氏訪中団でも、裏方として忠勤していた」と内幕をばらしている(http://news.livedoor.com/article/detail/4638370/)。

はやい話、公認するもしないも全て、「小沢氏に忠誠を誓うか否か」がモノサシだというのだ。

それを、「本人の認識のことやら何やらありました」とはまさに、語るに落ちるとはこのこと。もう、そろそろ、小沢氏の怪しい政治手法に国民も目を覚ますべきときが来たのでないだろうか?・・。

閑話休題、ところで、今回候補者として、発表された民主の池谷幸男も岡崎友紀らもなぜ民主党から立候補するのか大儀が見つからない。この種の昔の名でタ出ていますタレントなら、本来は自民から出るはず。

それが、「寄らば大樹」のなんとやらで、猫も杓子も民主党候補から出たがる。

ましてや、池谷幸男も岡崎友紀もともにバツ2。しかも教養も何もあったものでないし、政治的センスはゼロ。

マッシーパパなど、なにが何でも国会で絶対多数を確保するためにはこんなバカが許されるという小沢流こそ、一番悪質だと思っている。

そして、それを批判すると、必ずでてくるのが、「誰が立候補しようと職業選択の自由がある」である。

ほんとにそうだろうか?あのさくらパパこと横峰良郎参院議員はどうだったか。あの大仁田 厚参院議員はどうだった?

前者は場外乱闘が得意で、後者は委員会での武勇伝ぐらいしか活躍が浮かばない。所詮、タレント議員というのは大概選挙の広告塔を努めるのが関の山。

それに、小沢氏の価値観では1年生議員は半人前。二度、選挙に勝ちあがってきてやっと人並みだと言うじゃん。

そして、いい例が、事業仕分けでの嫌がらせ。彼らの1年生の中にも、元官僚や弁護士先生など多士済々のお人もいたと聞く。

それを4年間、見習いだと言って、政府の仕事をさせてもらえず、地方での辻立ち(駅頭や繁華街で通行者に挨拶すること)が日課となるようである。

いいですか、マッシーパパも、「国会議員の数が多すぎると思いませんか!?(http://massypapa.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/na.html)」で、縷々書いたように、議員一人当たり、何やかやといって、1億円ほど税金が使われている。

それを、素人だからといって、何もしないで、勉強だけさせるというばかげた理屈はいただけない。

ならば、素人を候補者にせず、昔のように県会議員かベテラン秘書を議員にすればよいのである。

いや、それより、新人がぬけぬけ4年間も遊べるほど国会議員が多すぎるということではないのか? それとも、政治は官僚に任せて、事業仕分けのようにあたかも政治主導に見せかけるだけでよいとでも言うのだろうか。

とにかく、国民をなめた話だし、この夏の参院選でもまたぞろ、国民をだまそうしている。

もう、いい加減、民主の詐欺にだけは引っかからないようにしたいものである!・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

|

« 気象庁の大げさ津波予報の謝罪、不必要と否定する前原国交相の発言こそ不必要では!? | トップページ | 麻生の「やるやる詐欺」よりひどい民主の「すり替え詐欺」! あの報道ステーションの古館氏もあきれて絶句!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/33632074

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選候補・前田日明の公認はずしの理由は小沢肝いりの”外国人参政権”に盾ついたからだって!?:

« 気象庁の大げさ津波予報の謝罪、不必要と否定する前原国交相の発言こそ不必要では!? | トップページ | 麻生の「やるやる詐欺」よりひどい民主の「すり替え詐欺」! あの報道ステーションの古館氏もあきれて絶句!? »