« 「生方の乱」の次は「岐阜の乱」 そして、仕掛け人は意気軒昂な84才の県連顧問!? | トップページ | 自民はホントに変わったの!? 民主よりずっと国民目線の自民・みんなの党の公務員制度改革案! »

「首相が大バカ者なら国持たぬ」といった鳩山首相に、米ワシントンポスト紙が「愚か者」呼ばわり!?

米紙ワシントン・ポストは14日付で、核安全保障サミットで最大の敗者は日本の鳩山首相と決め付け、おまけに「不運で愚かな日本の首相」と酷評したと言う。

理由は首相が就任直後の11月、日米首脳会談でオバマ大統領に、「私を信頼してほしい」と理解を求め、昨年末にも大統領に書簡を送り、「自身を信じてほしい」と伝えるとともに、年内の解決を約束していたのに実現できず。

挙句に、確たる対案を持たず、またぞろ、首脳会談を要求したので、「鳩山さん、あなたは同盟国の首相ではなかったのか。核の傘をお忘れか。その上で、まだトヨタを買えというのか。鳩山首相を相手にしたのは、胡主席だけ」と小ばかにされたとか(http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100415/plc1004150109000-n1.htm)。

続きを読む前に、一押しよろしく m(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

いや、鳩山首相を虚仮にしているのは外国紙だけでない。「週間文春」も『鳩山総理にアメリカが音を上げた バカが専用機でやってきた』と題し、もうクソミソ。

記事には、鳩山首相が公式会談こそ叶わなかったが、核サミットの夕食会の席上、オバマ米大統領と隣り合わせ、約10分間、非公式会談を行った。それを御仁は、さも手柄顔に「理解が得られた」と手ごたえを強調しているのだが全く的外れ。

アメリカはそれを「会談」と見ておらず、そもそもが日本の外務省から隣に座らせてほしいとの無理やりの要望に同盟国のよしみで応じただけ。

何しろ、対案らしい対案もなく、事務方の事前協議がない以上、オバマ大統領も返事のしようがない。それに、オバマ氏の性格上、「情」で何とかなるはずもなく、当然、目的の定かでない日米会談などありえなかったと記事は説く。

だからこそ、食事の前の10分間でなにができるのかとこき下ろしているのだ・・。

では、米紙が「不運でおろかな」と断じ、日本の週刊誌も同様にコケにする首相は本当にバカなのか?一国のトップとして、マッシーパパならずとも、気に留めないではいられない。

そこで、例によって、独断と偏見だが、マッシーパパなりにそれを検証してみることとする。

先ず、今回の「バカ」の根拠だが、決して鳩山政権の内政をさしているわけでなく、あくまでも外交手腕。なかんずく、「普天間」で露呈した日米同盟の危機に対してであろう。

このことは米紙が指摘するまでもなく、日本国内でも迷走する鳩山首相のリーダーシップのなさは、「バカ」はともかくも、「愚か」なことではさして異論のないところである。

問題はむしろ、俗に言う「本当のバカは自分のバカに気づかない」でいることのほう。これこそ本物のバカだが、鳩山御仁はどうなのか。

彼自身、先日、国家公務員合同初任研修で、父、威一郎氏の「政治家は物ごいする情けないばか者だ。なってはいけない」と反対したエピソードを引き合いに出して訓示。

一方では、「トップの首相が大バカ者であれば、そんな国が持つわけがない」と自信も示したのだが(http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-snk20100408061/1.htm)、案外その発言にこそ答えがありそうだ。

つまり、親の諭した「なってはいけないばか者」に既になっているバカさ加減。そして、自らは「首相が大バカなら国が持たない」という、その瀬戸際に、今、来ているということである。

更に言うなら、その危機を生んだのが、二度までもオバマ大統領との信頼を裏切ったご自身。しかも、自分の失態に気づかず、「手ごたえがあった」と誤解していることであろう。これではバカッぷりも「相当の重症」とみられてもし方ないかも・・。

ただ、鳩山御仁は正直過ぎるところがあるので、ひょっとして、「大バカではやれない」と、「大」を冠したのは「少しは馬鹿にならないと勤まらない」とでもいいたかったのかも知れない。

だからこそ、米紙や日本のマスコミも、決して「大バカ」とは言わず、「小ばか」にしている(?)のだが、御仁はそれも計算ずくと、あえて、気にしない。やっぱ、宇宙人の首相ならではのことなのかも・・。

それに、御仁の家系はすべて東大出の俊英ぞろい。従って、これまた、一般に、「東大出に馬鹿はいない」というから馬鹿でないのかも知れないが・・、

これとても、あるロック歌手の曲に「東大出ててもバカはバカ(http://www.hmv.co.jp/product/detail/1789547)」という曲があるので、やっぱこれも当てにならない!・・。

うーん、一体、彼は「大バカ」か「小バカ」か、それとも「普通の人」なのか、皆さんはどう思います?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 「生方の乱」の次は「岐阜の乱」 そして、仕掛け人は意気軒昂な84才の県連顧問!? | トップページ | 自民はホントに変わったの!? 民主よりずっと国民目線の自民・みんなの党の公務員制度改革案! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「大ばか」「小ばか」「普通の人」どれでもなく「でくのぼう」だと思います。管、前原、岡田ら反日左翼思想丸出しの民主党の幹部の中では、比較的国民をだまし易いお坊ちゃまというだけで起用されたようなものでしょう。すっかり鍍金のはげた腹話術の人形に外交は無理です。

投稿: まさ | 2010年4月17日 (土) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/34242222

この記事へのトラックバック一覧です: 「首相が大バカ者なら国持たぬ」といった鳩山首相に、米ワシントンポスト紙が「愚か者」呼ばわり!?:

« 「生方の乱」の次は「岐阜の乱」 そして、仕掛け人は意気軒昂な84才の県連顧問!? | トップページ | 自民はホントに変わったの!? 民主よりずっと国民目線の自民・みんなの党の公務員制度改革案! »