« 選挙に勝つためなら何だってやります!社会正義など民主に関係ありましぇ~ん!? | トップページ | 「辺野古」が首相の”腹案”だった!? 沖縄県民ガッカリ!幹事長は”にんまり”? »

一寸早いですが、「日刊ゲンダイ」が民主党マニフェストの成果を褒めちぎるので、あえて検証してみました!

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

民主党嫌いなのは分かるが、いくらなんでも、公正さに欠ける。政権発足から8カ月、『国民生活が第一』を掲げた民主党の政策は、着実に実現しはじめている。国民生活は劇的に変わりつつある。ところが、大新聞・テレビは民主党の実績をまったく報じないのだから、どうかしている」と御用新聞の「日刊ゲンダイ」が例によって民主党擁護。

そして、すでにスタートした「高校授業料の無償化」に高校生を持つ家庭はラクになったと絶賛。又、中学生以下の子どもを持つ家庭も6月から支給される「子ども手当」を今から楽しみにしているとのたまうのだ(http://news.livedoor.com/article/detail/4781715/)。

いや~、これが公称176万部の発行部数を誇る新聞の記事なんですかね。

どこの誰が、無償や現金を貰って喜ばないというのか。それに、次代を担う子どもの教育や子育てに税金を使うことに反対する国民がいるのだろう?

問題はそんなところにあるのでなく、マスコミを始め、国民世論が民主の政策に反対しているのは、財源の裏づけもなく、マニフェストにうたい、いまさら引っ込められないと、44兆円の赤字国債を平気で発行する政治感覚を問題にしているのです。

そして、参院選のアピールのためと、ロクに国会で審議もしないで、「高校無償化」を実施するものだから、金王朝の個人崇拝教育を行う朝鮮学校に適用するかどうかで揉めて先送り。

はたまた、子ども手当も外国にいる日本人子どもには支給せず、外国に子どもを置いてきた在日外国人には何人でも、養子でも支給するという決定的な矛盾。

こんな、デタラメな政治を平気でやる感覚が許せないというのだ。

それを何?、(日刊ゲンダイは)「毎日新聞の調査によると民主党政権はマニフェストの85%に着手済みだそうです。ところが、大手メディアは85%ではなく、15%の方ばかり取り上げて『公約違反だ』と批判している。フェアじゃない」だって。

よくこの手のマスコミは言うよね。「鳩山首相は努力している。民主政権は一生懸命やっている」と・・。

でも政治はリアルな結果が評価基準。着手しているだけでは駄目だし、実際、やっているのはバラマキ政策ばっか。

民主が売り物の政治主導といえば、「天下り禁止」や「国家公務員の総人件費の2割削減」だが、どちらも掛け声だけで看板倒れ。

そうそう、いの一番に改革を訴えた国交相一押しの「八つ場ダム廃止」もどうやら尻すぼみ。同じく、「高速道無料化」も実態は「値上げ」で、今頃になって小沢親分と前原大臣の間で責任のなすりつけ。

一方、両院で過半数を制した与党なら、いつでもその気があればできる「企業団体の献金禁止」や「衆議院の定数削減」すら決めることが出来ない。

そして、「緊密で対等な日米関係を築く」はずの外交や防衛問題にいたっては、日米地位協定の改定も、在日米軍の基地の見直しも普天間問題の入り口で迷走。挙句に「辺野古に基地」と、自公政権時に逆戻りする不甲斐なさ。というより、「アメリカのポチ」の政策まで引き継ぐ始末。

いや、それどころか、国民が望まない、且つ、マニフェストにない、「在日外国人の地方参政権」とか「夫婦別姓」はなにが何でも数の力で実現しようとする。

とにかく、この何処に「大新聞・テレビは、いったいどこを向いて報道しているのか」と批判できるのですかね。

マッシーパパに言わせば、マニフェスト落第。「もう一度、原点に戻ってやり直してください」である。

それにしても嫌ですね。このゲンダイの論調。マッシーパパがかねてから主張しているように、ジャーナリストは「社会の木鐸」。時の政権が間違った方向に行こうものならそれを正すのがお仕事のはず。

何でもかんでも、権力に媚び、お追従するのでは、きっと、購買部数を減らしているとおもいますよ。

ま、これを書いた記者の参考になるかと思うので、いかに民主党のマニフェストの修正を国民が望んでいるかを明確にした世論調査(http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=5295&wv=1&typeFlag=1)を付記しておきます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 選挙に勝つためなら何だってやります!社会正義など民主に関係ありましぇ~ん!? | トップページ | 「辺野古」が首相の”腹案”だった!? 沖縄県民ガッカリ!幹事長は”にんまり”? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

同じズレた記事を書くにしても「日刊ゲンダイ」は「東スポ」に比べ品がないのは「権力におもねる」というのが理由のようですね。

投稿: タブロイドにも五分の魂 | 2010年5月24日 (月) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/34822089

この記事へのトラックバック一覧です: 一寸早いですが、「日刊ゲンダイ」が民主党マニフェストの成果を褒めちぎるので、あえて検証してみました!:

« 選挙に勝つためなら何だってやります!社会正義など民主に関係ありましぇ~ん!? | トップページ | 「辺野古」が首相の”腹案”だった!? 沖縄県民ガッカリ!幹事長は”にんまり”? »