« 「尖閣諸島は日本の領土でない」という鳩山首相 たとへ、東大出ててもバカだけは休み休みに言ってくれ~い! | トップページ | 「菊のカーテン」の威力? 愛子様問題と皇太子夫妻の葛藤まで隠蔽!? »

鳩山首相のVサインの謎? そして、突然の辞意表明の真意とは!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

1日夕、国会内で、首相と幹事長が首相の進退問題や選挙情勢について30分意見交換したが、会談後の会見もなく、記者の質問には小沢幹事長も同席した輿石氏もいっさい答えず。ただ、首相だけが親指を立て、笑顔のボデイランゲージで答える。

どうやら続投か?と、2日朝の「スーパーモーニング」も信じて疑わず。番組早々にこのことが論じられ、三反園氏など、むしろ「このVサイン(?)は(軽すぎて)民主党の中で後で問題になるのでは」と心配すらしていたのである。

それがなんと、番組の途中に、突然、鳩山首相が民主党両院総会で辞意表明。普天間基地移設問題をめぐる迷走や自身の「政治とカネ」の問題の責任をとり、職を辞すると言い出したのだ。

それも、クリーンな政党にするためと、「政治とカネ」の疑惑を抱くもう一方の小沢幹事長の辞任を取り付けての上だという。

そして、これにあわてたのが赤絵キャスター(?)、「(番組の)誰も思いいたらなかったのは申し訳ない」と恐縮がる。

ま~、確かに、コメンテーターの誰一人、辞任を予測できたものはいなかったが、コメントしている論理に間違いなく、この辞任劇のほうがむしろ異常といえるのかも。

なぜそう思うかを説明する前に、昨日の番組のコメンテーターの発言を検証してみることにする。

まず、ゲストの民主党・海江田選対委員長代理が「鳩山さんに鈴を付けられるのは小沢幹事長しかいない」と幹事長の役目を強調したが、他のコメンテーターはそれに懐疑的。

むしろ、三反園氏は、「辞めるなら一緒。小沢氏だけが残れば、今度は自身が攻撃の的になって、”政治とカネ”を追及され、最優先課題である”選挙で勝つ”が実現できなくなるから」と分析する。

また、大沢弁護士もこの論に同調。「僕が小沢さんだったら、同じことを考える。(首相と)一蓮托生にして、功労者として辞める。選挙で負けても、それは後任者の責任で、自分は生き残ることが可能でしょ」という。

そして、鳥越氏も「あそこで小沢さんが辞めたから選挙で勝てたんだと、功績になる」と賛同している。

つまり、すべて小沢サイドからみているため、「首相は簡単には辞めない」と結論が出てしまったのだろう。

それほど、現実問題として首相には辞める理由などこれといってなく、むしろ、逆にネット上では、「首相が辞めない理由」として、

小沢と一蓮托生の話し合いができているので、小沢から言い出せない。

幸夫人が「麻生さんたちより短期政権になるのは恥ずかしい」 と尻を叩いている。

民主が自公政権の民意を問わない政権交代を批判した手前、同じ轍を踏みたくないというの党員の本音等々、言われていたぐらい。

至極、説得力があるのだが、ならば、なぜ、突然の翻意かということになる。

これも偶然ではあるが、「スパモニ」で総理が辞めるときの特集がされていて、それによると、

ほとんどの理由が「選挙の敗退」や「政争」もしくは「支持率の低下」とあった。

ならば、首相の言う二つの問題の責任ではいずれにも該当しない。

一方、定かな理由もなく、突然政権を投げ出した細川氏や村山氏の例もあり、当然、異邦人といわれる鳩山御仁ならなおのこと、よけいな理由は要らないということではないだろうか?

ともあれ、敢えて、マッシーパパが推理するなら、原因は二度に及んだ会談に源があったと思量する。

すなわち、これまでどちらかといえば、様子見だった小沢幹事長が、参院のドン、輿石氏の突き上げにやむえず、「ガス抜き」として、会談に参加させたこと。

そこで、輿石氏に内閣支持率の低下と選挙状況の悪化を責めさせたのだが、小沢氏が言うのならまだしも、日教組不祥事の元凶に、ごたごた言われたくはない。それでなくとも、鳩山御仁は支持率低下は自分だけの責任とは決して思っていない。

むしろ、事業仕分けや子供手当ての実施などで随分点数を稼いでいるのに、党はといえば、内閣をサポートするどころか、選挙至上主義で国民不在の法案を押し付けたり、「友愛」と、およそかけ離れた強行採決を連発する。

そっちのほうが、どれほど内閣の足を引っ張っているのか? その証拠が小沢自慢の「内閣支持率は下がる一方でも党の支持率は高い」がすでに自民に逆転されたことより明らかなのである。

そして、いかにもいい子ぶっている党や小沢に我慢できず、遂に窮鼠猫を噛んだということではないだろうか。

すなわち、猫に鈴をつけにきた小沢に対し、逆に「猫はそっちだ」と鈴をつけて噛み付いたというのが至当なところだろう。

だからこそ、あのVサインで、その意味は「してやったり」。しかも思わずこぼれた笑みであり、はたまた、あのノーコメントで憮然とした二人の態度ではなかったかと思量するのである。

勿論、抱き合わせ心中をするのなら、当然、渋々でも幹事長が「ウン」と言わねばならないし、心中したからといって、世論が歓迎するかは未知数。

ただ、間違いないのは(小沢氏が)、これまで、最後の手段にとっていた「幹事長の電撃辞任」も、折からの検察、二度に及ぶ不起訴により、法的責任を問われることが遠のいたのでいつでも切り易くなったことも大いに加担しているだろう。

ま~、そんなこんなが同床異夢とはいえ、両者の「ア」「ウン」の呼吸が一致したのでないだろうか。

従って、問題はこれから。彼らはこれで、流れが少しでも変わることを望んでいるだろうが、それは、鳩山御仁の後を襲う人と彼の内閣と党役員の顔ぶれ次第では。

聞くところによれば、管直人氏が有力とのことだが、もしその顔ぶれで、小沢の傀儡政権だとわかれば、今以上に逆風が吹くのは必至。

つまり、その結果次第では折角の「身を捨てて」、「浮かぶ瀬」を探した鳩山御仁の意図が生かせないことになるからだ。

又、これは単に小沢と反小沢のせめぎあいでなく、再生日本の運命も握っているといっても過言でない。マッシーパパもそこにこそ鳩山御仁の身命を賭した狙いがあったのでないかと、贔屓目でも見てあげたいのである。

果たして、鳩山首相の思いが国民に通じるのか?また、任半ばで「表紙を変える」ことに国民はどんな思いを持っているのか、

参考までに、今朝、「朝ズバッ!」の「激論まっぷたつ」で実施した緊急、町の声、「鳩山退陣で民主党の支持率は上がるか」を聞いた結果を付記するが、それは「イエス」が16、「ノー」が34だった。

さて、皆さんの思いは如何か?・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

|

« 「尖閣諸島は日本の領土でない」という鳩山首相 たとへ、東大出ててもバカだけは休み休みに言ってくれ~い! | トップページ | 「菊のカーテン」の威力? 愛子様問題と皇太子夫妻の葛藤まで隠蔽!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/35011931

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相のVサインの謎? そして、突然の辞意表明の真意とは!?:

« 「尖閣諸島は日本の領土でない」という鳩山首相 たとへ、東大出ててもバカだけは休み休みに言ってくれ~い! | トップページ | 「菊のカーテン」の威力? 愛子様問題と皇太子夫妻の葛藤まで隠蔽!? »