« 挙党一致は無理か? 「小沢系はキン肉マンみたいなやつらばかりだから、登用したくても人材がいない」んだって!? | トップページ | 小沢一郎を「すごいとしか言いようがない」とヨイショした橋下知事、小沢の完敗にも反省なく、自らもミニ小沢化を目指す!? »

押尾学裁判は日本版O.Jシンプソン事件? 有名人の裁判員裁判の欠陥露呈か!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

17日のスーパーモーニング特集・押尾裁判に、大澤弁護士が、「若き日の検察官時代に、上司から『君は法律に詳しいが社会のことはしらんぞ。人間のことは知らんだろ。それをもっと勉強して、社会の現に生きている人の感性を裁判に生かすべき』といわれたが、まさに裁判員裁判と同じである」と説けば、

大谷昭宏も、「彼が”致死”を逃れていいんだろうか。裁判員裁判は一般の市民が普通の感覚で裁くように、導入されたので、報道に影響されず公平に裁いてくれれば良い」と応ずる。

要するに、二人はこれまでの公判過程で立証された押尾の悪質性からみて、検察求刑の6年が低すぎるので、裁判員が見たまま、ありのままに判断してほしいと期待しているのである。

ま~、大澤さんの発言はともかくも、

「天下の東京地検が証拠がないといったものを東京地裁が有罪にするはずがない。そうなると一国の総理に無罪の罪を着せた検察審に対し、総理になってもそのままにしておくのか」と小沢氏に媚を売った大谷昭宏がなんと、この裁判員裁判ではなぜか、「市民感覚」を強調したのだ。

マッシーパパは一瞬、わが耳を疑った。検察審も裁判員裁判もまったく同じ次元のもの。どちらも日本の司法に、「市民感覚」を取り入れようと導入したものなら、なぜ、検察審だけが否定されるのか?まことにジャーナリストとしては恥ずかしい論法である。

ま~、それはともかくも、彼らの願いもむなしく、いや、日本国民の思いを踏みにじるように、実際の裁判の判決は2年6ヶ月と、予想外の結果が出た。

どうやら、判決は押尾に「保護者遺棄」の責任は認めるが、「致死」までは認めないと言うらしい。

さらに言うと、検察が問題にした「(救急医療の専門家の言う)100%、助かったはずなのに、すぐ救急車を呼ばなかったから死に至らしめた」という因果関係を認めなかったので、6年の求刑が保護者遺棄の罪の2年6ヶ月に短縮されたということのようである。

おそらく、裁判官は弁護側証人の「いくら早くても救命できる可能性はせいぜい30~40%」だとする証言に影響された可能性が大。

実際、判決理由の中にも、「専門家の間でこうも見解が違えば、もはや救急車をいつ呼んだかは因果関係に結びつかない」とあることより間違いないだろう。

確かに、弁護側証人の富岡譲二医師と言うのは救命医でよく知られた先生らしいが、気になるのは、彼がMDMA中毒に詳しくないと言う人がいること。

ともあれ、この先生、口も達者なようで、「MDMAの中毒者はハイな状態を求めて薬を飲んでいるから症状を見てすぐに救急車は呼べない」とか、「田中さんの容体を分かっているのは押尾さんだけ」と、あたかも押尾被告の咄嗟の救急措置は最善だったとほめている。

これなども、死人に口なしで、押尾がホントに救急処置をしたのか、彼の証言がどこまで信じられるのか疑問。

それに、富岡先生が「30~40%の可能性」を認めるなら、なぜ、先に救急車を呼び、その上で救急処置をしなかったのかそちらのほうがまともな市民感覚でないのか?

その意味で、押尾の不作為は人間として失格。仮に保護責任者遺棄を認めるとしてもその罰則(三月以上五年以下)の上限を求めるのが帰って、筋であろう・・。

それに、今ひとつ気になるのは、弁護側が冒頭陳述で主張した、田中さんが勤めていたクラブのママが、彼女が暴力団と付き合っていたとか、背中に刺青があるとする供述を持ち出したこと。

明らかに田中さんの素行の悪さを裁判員の心証に訴えようとしたのだろうが、「日刊サイゾー」は、

それを「嫉妬渦巻く銀座のおんな模様」が原因とそのウソをばらしているのである(http://www.cyzo.com/2010/09/post_5450.html)。

い~や、弁護士の戦法はこれだけにとどまらない。

「押尾は十分マスコミに叩かれて罪をつぐなっている」と情にも訴えている。

きっと、一般人と異なり、人気稼業の俳優だけに相当の犠牲はすでに負っているといいたいのだろうが、これとて、裁判員にバイヤスをかけるようなもの。

このように冷静に見てみると、どうしてもマッシーパパには、この判決が軽すぎるように思えてならないのである。

もし、押尾が一般人だったらこんな軽い判決が果たして出ただろうか?

その判決を導いたこんな練達な弁護士を雇えたであろうか。

しかも、福岡から態々、救急医療の権威を証人に呼べたであろうか?

あるいは、事件の現場となった高級レジデンスの持ち主・ピーチジョンの野口美佳社長。400万円の保釈金を払ったパチンコ業界の大物と事件にかかわりが「ある」の「ない」のと言われた男の父の大物政治家等が影からサポートできたであろうか?などなど。

これらを考えると、ふと、その昔、アメリカの陪審制裁判で有能な弁護士の話術一つで、有罪が無罪になったO.Jシンプソンの事件を思い出した。

折角、大澤先生も大谷氏も市民感覚を持ち込めば、厳罰になると期待したが、この手の有名人の裁判に市民感覚は通じなかったようである。

いや、ひょっとして、市民感覚云々よりも、もっと、危険な兆候。

すなわち、「地獄の沙汰も金次第」、有能な弁護士と証人を用意できるものが、裁判員裁判の有利な結果を勝ち取ると言うまさに制度の趣旨と相反する方向に向かう可能性が出てきたといえるのでは・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 挙党一致は無理か? 「小沢系はキン肉マンみたいなやつらばかりだから、登用したくても人材がいない」んだって!? | トップページ | 小沢一郎を「すごいとしか言いようがない」とヨイショした橋下知事、小沢の完敗にも反省なく、自らもミニ小沢化を目指す!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/36793605

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾学裁判は日本版O.Jシンプソン事件? 有名人の裁判員裁判の欠陥露呈か!?:

« 挙党一致は無理か? 「小沢系はキン肉マンみたいなやつらばかりだから、登用したくても人材がいない」んだって!? | トップページ | 小沢一郎を「すごいとしか言いようがない」とヨイショした橋下知事、小沢の完敗にも反省なく、自らもミニ小沢化を目指す!? »