« 「毎日」社説の「刑場公開-まずは議論の出発点に」のここがおかしい!? | トップページ | 政権交代の期待も冷めるわけ!? 議員の無駄使いも止められないのでは自公政権とちっとも変わってませんって! »

スパモニの鳥越俊太郎、又々KY発言!生出演の小沢一郎の前で赤っ恥トーク!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

なんとも奇妙なTV番組である。

3日、朝の「スーパーモーニング」だが、目下、ガチンコ勝負で代表選を戦っている一方の小沢一郎氏に生出演でいろいろ聞こうというのだ。

普通、この手の番組としては、公平性を担保するため、候補者を同時に迎えるものだが、なぜか、管首相は来週の予定だという。

ならば、聞き手の方にバランスをもったコメンテーターを求めないと、特定候補の応援番組に堕してしまうのに、なんと、登場したのが鳥越俊太郎、山口一臣、大谷昭宏と三反園訓記者。

そもそも、金曜日の担当でない鳥越氏を急遽、出演させているのだが、それが可能なら、なぜ、小沢嫌いで知られる火曜組のコメンテーター若一光司、大澤孝征氏を出さないのか?

このメンバーを見ただけでも、番組の意図が透けて見えるのである。

勿論、番組の進行も、唯一、視聴者目線の司会者小木逸平の必死の舵取りもむなしく、全編、小沢擁護と豪腕待望論ばっか。

あの「政治とカネ」問題も、検察審の暴挙と信ずる鳥越、山口のヨイショ発言は想定内として、大谷までもが、

「天下の東京地検が証拠がないといったものを東京地裁が有罪にするはずがない。そうなると一国の総理に無罪の罪を着せた検察審に対し、総理になってもそのままにしておくのか」と暴論を吐く始末。

又、マニフェストの完全履行とその税源問題も、その具体策を掘り下げるでなく、

小沢氏の「96,7兆円の予算のうち、政策経費の組み換えで十分可能。鳩山も管も努力は認めるが政治主導が不足していた。私が総理ならやれる」との、でまかせを鵜呑みにする。

どうやら、小沢の豪腕を信じるあまり、「彼が総理ならできるかも?」というジャーナリストにあってはならない”思い込み”にはまってしまったのである。

挙句、KY鳥越は小沢に媚びたように、突然、脈絡のない広島原爆の日の、「核抑止力はわが国にとって引き続き必用だ」との管談話を持ち出して、「管さんには失望した」を強調する。

面白いのはこれに反応した小沢氏。KY氏の発言の意味を理解しかねたのか、

「核抑止力はともかくも米国のプレゼンスはいざというときに必用」と答えたが、KY氏はさらにしつこく、「オバマ大統領が核廃絶を唱えるさなかに・・」と食い下がる。

ここでようやく、彼の何を言いたいのか悟った小沢氏が「そういう意味では(コメントも)、日米同盟でお互いの平和と安全を守るで十分だったかも」と言い直す始末。

公平であるべき、コメンテーターが対立候補の一方を「失望した」と欠席裁判するようでは論外。さすがの小沢氏もこの贔屓の引き倒しには往生したことだろう(?)。

ま、それはともかくとして、

次に「政治のオープン化」に論が及ぶや、小沢氏は「これまでの自公政権はすべて情報を秘密にしていた。私が総理になれば、すべてオープンにする」と、どや顔で言う。

いや、マッシーパパはこれにはワロた。

前述の「政治とカネ」とも関連するが、政治を一番オープンにしていないのが小沢御仁。

この小沢の政治とカネの隠ぺい工作を許せないと弾劾しているのが、彼が最も忌み嫌う検察審なのである。

確かに、天下一の検察庁が二度とも立件できなかったことも事実でしょう。だがそれは彼の政治とカネの疑惑のごく一部。

それも、政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑に限ったもので、且つ、検察は「陸山会」の約3億4000万円の土地購入原資を西松建設の献金に結び付けようとして立証できなかっただけのこと。

但し、その購入資金となった4億円の原資は依然、解明されておらず、次々出てくる彼の怪しげなカネはとどまるところを知らないのである。

ご案内のように、「民主党の小沢一郎前幹事長が党代表だった06~08年、党本部から組織対策費名目で党財務委員長あてに計約22億円、又、09~10年も同様に計約13億7000万円の使途不明金があった」とする「毎日」記事もその一つ。

一旦は手打ちの方向にあった由だが、管一派がたとえ矛を収めようと、真実はオープン化されていないのには違いない。

だからこそ、上脇宏之氏は彼のブログ「ある憲法研究者の情報発信の場(http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51434423.html)」で、小沢氏のあくどさは自民党のそれ以上だと断罪しているのだ。

即ち、自民党時代もこの手の「組織対策費」は相当額支出されていたがすべて、複数の個人にわたっている。

それに対し、小沢氏のそれは、すべて小沢氏の特定の腹心に一括交付されている。それも、受け取った人が口を揃えてお金の使途は承知しない。ただ名義に使われただけと証言する。

その額、新進党、自由党、民主党時代を合わせて114億7670万円が使途不明になっており、最終的には小沢氏の関係する政治団体の金庫に入っているとしか思えないというのである。

いいですか、国民はこの金にまみれた彼の汚い政治手法に怒りを覚えているのです。だからこそ、小沢を批判するときには、「政治資金規正法違反」と限定して言わず、「政治とカネ」というのです。

そこのところをこの仲良しクラブの連中は、小沢氏の「プロの検察が罪を認めないのに素人の検察審に言われる筋はない」の妄言にたぶらかされたようだが、それだけでもジャーナリスト失格。

というより、こんな輩がにっぽんの政治を堕落させてしまったのではないでしょうか?・・。マッシーパパにはそう、思えてならないのですが・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 「毎日」社説の「刑場公開-まずは議論の出発点に」のここがおかしい!? | トップページ | 政権交代の期待も冷めるわけ!? 議員の無駄使いも止められないのでは自公政権とちっとも変わってませんって! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/36519692

この記事へのトラックバック一覧です: スパモニの鳥越俊太郎、又々KY発言!生出演の小沢一郎の前で赤っ恥トーク!?:

« 「毎日」社説の「刑場公開-まずは議論の出発点に」のここがおかしい!? | トップページ | 政権交代の期待も冷めるわけ!? 議員の無駄使いも止められないのでは自公政権とちっとも変わってませんって! »