« やめてくれい!ポスト管が前原誠司なんて!?  | トップページ | 八百長は相撲の世界だけでない!与野党の間を行ったりきたりする社民党の無気力政治も問題!? »

「海兵隊の抑止力は方便」発言の鳩山前首相に「朝ズバッ!」がバッシング! でも、それって本当の話なんですが?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

普天間基地の県外移設断念の理由に、「海兵隊の抑止力」をあげたが、「それは方便だった」と発言した鳩山前首相に、15日の「朝ズバッ!」コメンテーターが言いたい放題。

まず、杉尾氏が「もう鳩山さんは喋らないで欲しい。安全保障が根本的に分かってない人」と酷評すれば、国際金融アナリストの末吉氏も「彼は政治家を引退すべき。政治家の資格はない」と断罪する。

又、もう一人のコメンテーター、八塩圭子・学習院特別客員教授は「政権を揺るがすようなことばっかり言ってる。政治を混乱させるだけ」だと前首相のでしゃばり発言に釘をさす。

一見、「ご尤も」に聞こえるコメントだが、何か変

まさか、この先生方、(鳩山前首相が)本気に「海兵隊の抑止力」を、それも「学べば学ぶほど思い至った」という理由で(県外移転を)断念したと思っていたのだろうか・・。

それとも何? 初めから「方便」とわかっていたが、いまさら寝た子を起こして、アメリカさんや沖縄県民を怒らせないでほしいとでも言いたいのか?

それにしても、この先生方、「抑止力」の何たるかには触れていないし、どちらかといえば、前首相が無駄口叩いて政治を混乱させる迷惑論でしか語っていないように思えたのですが・・。

ともあれ、いまさら「方便だった」と鳩山氏が言わずともそれは世間の常識。

マッシーパパの『「海兵隊は抑止力」だって!鳩山首相は本当に意味がわかって言っているの?(http://blog.goo.ne.jp/massypapa/e/9bd7c48a55920740da97db18de12b992)』で、縷々述べたとおりである。

では、なぜ、周知の事実を地元紙のインタビューで、わざわざ「暴露」する

えっ、それが「ルーピー」といわれ、「宇宙人」と言われる証(あかし)だって!・・。

いいですか? マッシーパパが常々言ってるように、政治家は意味のない言動はしないのが決まり

ましてや、腐っても鯛(失礼!)、一応は首相までやった御仁ですぞ。それも、小沢氏がおおっぴらに動けぬ今、反小沢派を叩くのは自分しかいないと使命感に燃えて(?)いるお人なのです。

意味のない発言はしませんって!

そして、「意味」があるなら2つの理由から・・。

一つは普天間基地の問題で、自分の政権から連立離脱したはずの社民が、今度はにっくき管政権に擦り寄っているのに我慢ならず、何が何でもこの野合をつぶしたいと思っている。

そのためには、福島党首にあの「悪夢」をよみがえらせて、坊主(辺野古移転を決めた鳩山)憎けりゃ袈裟(副総理で鳩山政権を支えた管直人)まで憎いと思わせ、離間させる(互いの仲を裂く)狙い(?)。

うまくいけば、予算関連法案も2/3確保ができず、管政権の崩壊にも結びつくので、暴露した狙いも生きてくる。

その証拠に、福島党首が「私は方便でクビになったのか。本当にひどい」と憤ったというから、図星の作戦だったかも・・。

今ひとつは、本来なら、日米中心からアジア中心にスタンスを移す方針だった民主の外交・防衛政策が、鳩山の見通しの甘さと思わぬ米国の抵抗で頓挫。

いやそれどころか、官僚や党内の対米追随派がこの機に乗じ巻き返し、沖縄県民の意思を無視してまで辺野古への移転で「日米合意」してしまった。

しかも、米国を怒らせたお詫びにと、事業仕分けで削減することに決まっていた思いやり予算まで、1859億円の現行水準で合意する超破格待遇も・・。

要するに、アメリカの思う壺に管政権が嵌っていることが、自分の蒔いた種とはいえ、許せないのだ。

というより、得体の知れない大きな勢力に無理やり屈服させられた悔しさが今に及ぶ。何が何でもここは、辺野古回帰の裏面を語ることで、一矢報いたいという思いが強かった(?)。

もし、この作戦が図星となれば、鳩山政権の辺野古回帰をそのまま踏襲している管政権の根拠がぐらつき、野党の格好の攻撃対象にもなるのである。

従って、野党がこの問題で攻勢に出て、政権与党を追い詰めれば、それはそれで良し。少なくとも自分の創った党を簒奪した管政権が倒れる引き金になれば「してやったり」であろう。

ま~、面白いことに、早速、これにも食いついてきたのが、沖縄・南西諸島地域の領空を守る航空自衛隊南西航空混成団司令を務めた佐藤守・元空将で、

鳩山発言は利敵行為だ」といい、「私のカウンターパートだった沖縄の海兵隊司令官は、1日4時間の睡眠だけで、覚悟を持って任務に当たっていた。沖縄に海兵隊がいることは、日本だけでなく韓国や台湾の安全に寄与している。鳩山氏は首相時代、日米関係を大きく傷つけた。議員バッジを外して、黙っていることが国家への貢献だ」と噛み付いている(「夕刊フジ」)。

まさに、暴露されて困る輩があぶりだされてきたということでは・・。

ともあれ、どんな奇麗事も裏をめくればこんなもの。そこにはドロドロしたいわく付の何かがあるものである。

だからこそ、マッシーパパは「朝ズバッ!」の皮相的な見方しかできないコメンテーターのレベルが低すぎるという由縁である!。

ただ、惜しむらくは鳩山先生。自らが引退、民主が崩壊してより、「回顧録」にすればよかったのに、一寸、早すぎたのでは・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« やめてくれい!ポスト管が前原誠司なんて!?  | トップページ | 八百長は相撲の世界だけでない!与野党の間を行ったりきたりする社民党の無気力政治も問題!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もう見ました、面白いですね

投稿: LEVEL E 同人誌 | 2011年2月18日 (金) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/38883770

この記事へのトラックバック一覧です: 「海兵隊の抑止力は方便」発言の鳩山前首相に「朝ズバッ!」がバッシング! でも、それって本当の話なんですが?:

« やめてくれい!ポスト管が前原誠司なんて!?  | トップページ | 八百長は相撲の世界だけでない!与野党の間を行ったりきたりする社民党の無気力政治も問題!? »