« IMFの「消費税増税」要求は日本への内政干渉? それとも財務省のヤラセ!? | トップページ | 法の裁きが平等でないと文句言う堀江貴文!やっと塀の中で平等が叶えられる!? »

管首相、遂に7月退陣ということだが、果たして谷垣自民に次の1手があるのか!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</A>

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

「共同通信」によると、「管首相は2011年度予算の執行に不可欠な公債発行特例法案と東日本大震災の被災者生活支援を柱とする11度第2次補正予算案の成立を条件にした退陣を表明する方向で検討に入った」という。

どうやら、この案に野党が協力すれば、トンチン管首相の退陣は7月中旬になるとのこと・・。

それにしても、面妖なのはこの急な展開

19日夜、菅さんに退陣を迫った岡田、枝野、仙石、玄葉、輿石らによる説得が不発と報じられたのに、20日の岡田氏による再説得で、(菅さんが)素直に応じたというのも不思議といえば不思議。

まさか、6月内の早期退陣が、粘ったお陰で、第二次補正予算の決まる7月中旬に延期、この分ではさらに「引き伸ばしも可能?」ということで、例の得意の”ペテン”の策?

ま、記事の真偽はともかくも、この展開を受けて、谷垣自民がどう出る?

「1..5補正予算」と揶揄される交換条件は飲めるとしても、唯一の切り札である「公債特例法案」は慎重な判断が必要なはず。

というのも、野党にとっての「管おろし」は今となっては、気の抜けたサイダー同然。

そもそもがこの戦術の旬は、親小沢派の反乱に乗じた「不信任案」の提出にあり、

通ろうと通るまいと、民主党内に決定的な亀裂、いや、分裂を起こすことが狙いだったが、あえなく失敗。

それもあろうことか、(民主党内は)管ぬきで挙党一致を図るべきと、反執行部の鳩山、小沢派から抜けるものが続出、仙石由人のキングメーカーとしての存在感を高めただけという。なんともお粗末な結果に・・。

一方、自民党内では、あわよくば、大連立で復興予算の甘い汁にありつこうとした派閥・長老派が、(谷垣総裁の失態で)息を吹き返し、連立に反対する若手連中に猛反撃。

勿論、谷垣総裁にとっても予想もつかない展開で次の一手がなかなか打てないばかりか、その先も読みづらくなったのである。

だからといって、谷垣総裁も手をこまねいてばかりいられず、岡田幹事長の期限付き大連立に耳を貸さないでもなかった。

いや、彼に一番近い石原幹事長の「新しい政治の枠組みを作ることが必要だ」の発言からしても、ポスト管を見定めて次の一手を打つはずであった。

ただ、いかんせん、「再生、自民」を標榜する以上、大儀無き大連立ではまず無理。

いわんや、復興予算の利権に預かりたいだけの野合では、党の内外からも批判されかねない。

それに、倒閣・解散に持ち込めば、政権は転がり込むのは必定。無理に敵に塩を贈る事もないと慎重(優柔不断?)に流れを読んでいたのだろうが、「当て物と褌は向こうから外れる」ごとく、とんちん管の動きに翻弄されるばっか。

あの「不信任案騒動」ですら、褌が外れたのは民主党反執行部側なのに、「こんな非常時に政局にうつつを抜かしている場合か」と自民が責められて、折角、味方にした世論の反感を買って、自民党支持率のポイントまで下げている。

従って、あのときのように展望のないまま、勝負に出ては又々二の舞を演じないとも限らない。

それに、管おろしの見返りにと言う条件で、次々、大震災復興基本法、数次にわたる補正予算、そして、公債特例法案まで妥協するには代償が大きすぎる。

というより、下手すれば、それらが結果として民主政権の手柄となり、民主の立ち直りに協力、政権奪取が遠のいてはこれまた、困る。

痛し痒しというか、党内事情と世論の板ばさみにあって、益々、局面展開が図れないでいる?

本当に「管おろし」で困っているのは案外、次の一手に決め手がなく、民主のドタバタにつき合わされている谷垣総裁かも・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ</

|

« IMFの「消費税増税」要求は日本への内政干渉? それとも財務省のヤラセ!? | トップページ | 法の裁きが平等でないと文句言う堀江貴文!やっと塀の中で平等が叶えられる!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/40474257

この記事へのトラックバック一覧です: 管首相、遂に7月退陣ということだが、果たして谷垣自民に次の1手があるのか!?:

« IMFの「消費税増税」要求は日本への内政干渉? それとも財務省のヤラセ!? | トップページ | 法の裁きが平等でないと文句言う堀江貴文!やっと塀の中で平等が叶えられる!? »