« 提言型政策仕分けの「年金減額」は財務省の逆襲、”官”による”民”いじめ!? | トップページ | 起こるべくして起きた沖縄防衛局長の不適切発言、同じ官僚でもこれだけ意見が異なります! »

大阪ダブル選 維新の会、勝利の功労者は意外にも既成政党!?

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

いや~、何なのでしょうね、この既成政党の”橋下流”へのすりより。そのなりふりかまわぬ節操のなさにはただただ、驚くばかりである。

ま~、泡沫政党の亀井静香氏が、デッドロック状態の郵政改革法案を橋下マジックでどうにかしてほしいと秋波を寄せるのはまだわからぬでもない。

だが、普段から偉そうに、「アジェンダ」が一緒でないと組まないと公言する、みんなの党の渡辺喜美代表まで、応援要請されていないのに、勝手に当選会見場に乗り込み、

「みんなの党も維新の会も生みの親は同じ。当然連携していく。国政に出ればすごいコラボができる!」と便乗アピール。

さすが、「アジェンダ」は同じでないと思っている橋下センセイに適当に扱われて、アピールどころか、体の良いピエロを演じたようである、が。

もっと、品性下劣なのは、二大政党。対立候補をたて一緒になって戦ったはずなのに、その舌の根も乾かぬうちに、

「(選挙結果を)重く受け止め、しっかり(当選した)2人を応援させていただく」と、石原自民党幹事長が持ち上げれば

負けじと、野田政権の藤村修官房長官も、「要請があればもちろん受ける」と早、ハシズムの軍門に下るかのようなヨイショ発言。

いやはや、揃いもそろって、何もわかっちゃいない。

これではまるで、源氏追討に向かった平家が水鳥の羽音に驚いて慌てて尻尾を巻いて逃げ帰ったのと同様

つまり、戦いに敗れた原因はあなた方、既成政党の国民不在の政治にあるということ。

もっと、わかりやすく言えば、

今度の選挙で大阪市民や府民が維新の会の「大阪都構想」を理解し、その成果に期待して投票したものでない。

その証拠に、TVのインタビューに答えた有権者のほとんどは「(大阪都構想は)よくわからない」と答えている。

むしろ、積極的に支持したのは橋下流。

彼が煽った、既成政党や府・市の職員等の既得権者つぶしと、府市一本化で無駄を省き、その分を経済活性化に向けて、大阪がよみがえるというアジテートに幻想を抱いたこと。

いうなれば、小泉ジュンイチローの郵政選挙の再来が起こったに過ぎないのだ。

さらに言えば、ワンイシュ(郵政改革と大阪都構想)のテーマとぶっ壊す(自民党と大阪)というキャッチフレーズで、抵抗族(敵対する派閥の長と既成政党)を改革の阻害者に演出して、ただブームを呼び込んだだけ。

にもかかわらず、一番、やってはいけない、自民・民主の地方での共闘、自ら敵の術中に嵌って敵役を買ってしまったことである。

おまけに、既得権者といわれるマスコミが選挙前の悪いタイミングで、橋下氏個人の”属性”攻撃をし、逆に、「それがどうした」と開き直られたことで、マイナスに転じ、有権者の判官びいきを誘った。

ともあれ、それやこれやで有権者は、失業率や犯罪でワーストワンの大阪を、「彼なら何とかしてくれるのではないか」、いや、たとえ、彼が大阪を壊すかもしれない、「劇薬」でも、何もしないよりまし。と究極の二者択一を選んだのである。

このことも又、TVのインタビューに答えた人の多くが、「独裁は困るが、演説を聴いてみたらそれほどでもなかった」と心の内を明かしている。

かてて加えて、彼の重石として、応援に入った石原都知事が、

「彼の言う独裁は独善のこと。暴走すれば必ず、私が必ず抑える」と担保したことにより、より一層、有権者の不安は解消されたであろう。

ま~、勝因の分析はこれまでとして、一番の問題は、既成政党がなんら「敗北」から反省も学習もせず、ただ、強い潮流になびこうと競争していること。

これこそが、橋下流の願ってもない読みどおりの展開。ハシズムを国政に拡げる絶好のチャンス到来なのである。

しかも、選挙公約に掲げた「大阪都構想」はいくら上手くいっても任期中に実現することのないのは誰よりも一番本人が知っている。

又、ぶっ壊すだけで、次の1手がない以上、ジュンイチローが政界を去った後に死屍累々、自民をぶっ壊しただけでなく、日本そのものをおかしくしてしまったのと同様、大阪の再生も期待できないのは言うまでもない。

つまり、古より、企業も自治体も、財政再建は、「出(いず)るを制する」だけでは不可能。「入るを図って」初めて達成できるのが道理。

ならば、大阪都構想より、ジュンイチローが「三位一体改革」で地方を疲弊させた根本原因に手をつけねばならぬこと。

おそらく、大阪都構想も、

大阪空港を廃し、高速リニアで関空をつなぐという関空のハブ化構想や、大阪府庁WTC移転構想同様、すぐにも飽いて、新たなる「大日本改革構想」とか、夢物語を次々語るのがオチ。

とにかく、彼はひとつのことをじっくり取り組むのは苦手(弁護士の習性)。

従って、今一番、彼が願っていることは、この”旬”の間に、衆院選を行って、彼が国政に足がかりをつけること。

だったら、「大工殺すに刃物は要らぬ(雨の三日も降ればいい)」のことわざどおり、一寸長いが、総選挙を任期満了の平成25年8月末まで引っ張ればいい。

きっと2年もたてば大阪の再生がすす進んでいないことが明らかになって、人気を維持するのも困難に・・、

そこで、次の一手はすりよる既成政党に早期解散を訴える

しかも、ジュンイチローの”刺客”をまねて与することを強要する。

なるほど、小沢一郎が選挙前に、「橋下を非難するな」と子分に下知し、ダブル選直後に、橋下氏に呼びかけた亀井静香と密かに会合、きっと、橋下氏取り込みの密談を交わしたに違いない(?)。

いやはや、いついかなるときも「政策より政局」、これでは確かに既成政党が彼に舐められるわけだわな!・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 提言型政策仕分けの「年金減額」は財務省の逆襲、”官”による”民”いじめ!? | トップページ | 起こるべくして起きた沖縄防衛局長の不適切発言、同じ官僚でもこれだけ意見が異なります! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/43191043

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪ダブル選 維新の会、勝利の功労者は意外にも既成政党!?:

« 提言型政策仕分けの「年金減額」は財務省の逆襲、”官”による”民”いじめ!? | トップページ | 起こるべくして起きた沖縄防衛局長の不適切発言、同じ官僚でもこれだけ意見が異なります! »