« 船中八策が裏目!? 維新の正体を知ってドン引きした人たち! | トップページ | 河村市長の「南京大虐殺はなかった」発言を巡って、媚中派のみのもんたが失言!? こんなマスコミの嘘が世論をミスリードする! »

「維新八策」はただの数合わせ? 本当は話題作りのための窮余の策!? 

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

大阪維新の会が14日公表した「維新八策」に、「読売」が『急進的「船中八策」維新案、実現不透明な粗さも(http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120215-OYT1T00228.htm)』と懐疑的。

中でも憲法を変える必要のある首相公選制や参院廃止、あるいは高所得者に対する年金の掛け捨て制の導入など、既成政党との距離がありすぎて実現性が乏しいこと。

しかも、それぞれの政策を実現するための財源対策や数値目標が含まれていないなど、問題だらけだと指摘している。

尤も、当の橋下市長は先刻計算済み、「国会議員は完全に嫌がっています。でも、国会議員がどう国民の感覚を捉えるか、政治感覚が試されんじゃないでしょうか」と、むしろ、「反対すれば、抵抗族になりますよ」と脅している。

一方、国民には「これは日本の仕組みを変えて再生させるものだ。(掲げた政策は)国民に嫌なことばかりだが、これをやり切れば、日本はもう一度リンゴがふさふさになる」と夢を売りこむ。

つまり、漠然とした政策を打ち出すことで、国民には少し我慢すれば、ばら色のような利益が得られると錯覚(「仮想の利益(http://www.youtube.com/watch?v=q1hP-Z5H6Ao)」)を起こさすのが狙い。

果たして、つい昨日まで、マスコミに現れては、「大阪都構想だ」と、吼えまくっていた御仁が、舌の根も乾かぬうちに「日本大改革だ?」・・。

これって、まさに、マッシーパパがエントリ『大阪ダブル選 維新の会、勝利の功労者は意外にも既成政党!?

(http://massypapa.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-767c.html)』で、

おそらく、大阪都構想も、大阪空港を廃し、高速リニアで関空をつなぐという関空のハブ化構想や、大阪府庁WTC移転構想同様、すぐにも飽いて、新たなる「大日本改革構想」とか、夢物語を次々語るのがオチ」と書いた予言通り。

それに、なによりもこの「八策」のいい加減なところは、

既成政党が引いてる中で、唯一、みんなの党だけが、「著作権料を貰いたいぐらい瓜二つ(http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/120217/stt12021700370000-p1.htm)」だと言い募ってること。

確か、彼らはアジェンダの違う政党とは連携しませんと言っていたよね。そのアジェンダにははっきりと「天下り根絶」と「消費税増税はしない」とうたっていたはず。

なのに、「八策」のどこにもそれがありませんよね。

そうそう、渡辺氏はこうもいっていますよ。

「私にやらせてもらえれば国家資産の売却や特別会計、独法を廃止することで当面3年間で30兆円+αの財源を確保できます」と・・。

それって、「八策」のどこに書いているのですかね。

ま~、それも百歩譲って瓜二つとしよう。でもそれとて、何かが変。

みんなの党がアジェンダ、アジェンダと一つ覚えに言ってた時は、誰も見向きをしなかったのに、橋下市長がパクッた途端、俄然、聞く耳もって貰える?

それって、民主政治の要諦、「大事なことは、誰が言ったのではなく、何を言ったかである」に抵触しない?・・。

そして、もっと致命的ないい加減さは、「国の仕組みを変える」とご大層なことを言ってる割に、その政策がしょぼいこと。

①「大阪都構想」の実現 ②道州制の実現 ③地方交付税の廃止のみに、思わず、失笑してしまいそうだが、やっぱ、彼も「法律脳」で考えるただの人だった(?)・・。

いいですか、本当に日本の統治機構を変えようとするなら、絶対、避けて通れないのが、①官僚主導の政治(キャリア制度)と②アメリカ隷属を断ち切ること。

維新八策は、①の問題には一切触れず、②の問題も「日米同盟を基軸に豪州も含めた3国同盟を強化する」とお茶を濁す。

つまりは、ケンカしやすいものだけを抵抗族に仕立て、勝てそうもない相手には敬して逆らわず。

いわゆる「ポピュリスト」の典型を垣間見せているのである。

それが証拠に、維新の会のブレーンの堺屋氏さえ、自民党の石破茂前政調会長の政策勉強会で講演した際に、

遠い先の話がほとんどで、いずれなったらいいなという程度だ。参院を廃止するなんてとんでもない」と苦言を呈している。

いやはや、これでは「八策」ではなく、「無策」としか言えないのでは・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 船中八策が裏目!? 維新の正体を知ってドン引きした人たち! | トップページ | 河村市長の「南京大虐殺はなかった」発言を巡って、媚中派のみのもんたが失言!? こんなマスコミの嘘が世論をミスリードする! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/44193548

この記事へのトラックバック一覧です: 「維新八策」はただの数合わせ? 本当は話題作りのための窮余の策!? :

« 船中八策が裏目!? 維新の正体を知ってドン引きした人たち! | トップページ | 河村市長の「南京大虐殺はなかった」発言を巡って、媚中派のみのもんたが失言!? こんなマスコミの嘘が世論をミスリードする! »