« 原発再稼動を急ぐ政府の裏に経団連の影!? | トップページ | 小沢裁判の判決はまるで「三方一両損」の大岡裁き!? »

増税してでも財政再建を急がねば国際信用を失うと国民を脅しながら、湯水の如く世界にカネ蒔く野田政権のばかっぷり!?

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

語るに落ちるとはこのことか?

カネがないカネがないと言いながら、政府は19日、米海兵隊グアム移転の日本側負担分を、米国の物価上昇分の積み増しという理由で、気前よく増額したという。

あの頼りない自民党政権ですら、協定に定められた上限を理由に米国の増額要求を蹴っていたのに、野田政権はなんと、海兵隊へのグアム移転予定の8000人が4000人に減ったにもかかわらず、逆に上限額を3億ドル(240億円)も上回る31億ドルで合意したというのである。

いやはや、野田政権の米国追随政策、ここに極まれりであるが、気前のいいのはこれだけでない。

実質、返還が延びた普天間飛行場の補修にまで約200億円投入することを約束したとか。

確か、この政権は消費税増税をする理由に、財政再建を急がなければ、国際信用が落ち、結果として、日本の国債が暴落するとマスコミを総動員して、国民を脅していたのでなかったけ・・。

だったら、大いに矛盾しない!? 財政に困っている国なら、なおのこと、外国より国内問題が優先のはず。

ましてや、今は震災復興や景気回復にいくらカネがあっても足りない日本、

他国のために国税を、それも湯水の如く、無駄使いしていて、果たして国際社会が、(日本を)ギリシャの二の舞になると本気に心配してくれる? むしろ、逆でしょう。

日本政府のこの気前のいい国際貢献(?)に、日本はまだまだ余裕あり。やっぱ、世界一の金持ち国だわと、かえって、おねだりする国も増えてくるのではないの?

それぐらい、最近の民主の国際貢献という名目での無駄使いがハンパでないのです。

いいですか、マッシーパパの知るだけでも、

19日の20カ国財相、中央銀行総裁会議で日本は加盟国で最大規模の600億ドル(約4兆8000億円)の拠出をいち早く表明。

これは欧州危機を受けたIMFの資金基盤の強化のため、(世界各国に)資金拠出を募ったものだが、(ヨーロッパに)恩恵を最も受ける米国や中国ですら、スルーしているのに、スルーしている中に、困っているのを助けるのが国際貢献だと何とも、うるわしい理由付けで・・。

処で、国際貢献といえば、エントリ、『「韓国をうらやむ日本」という韓国紙のコラム記事は「韓国を恨む」の誤植では!?http://massypapa.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post.html)』で書いたように、

日本を都合のいいときだけ利用するあの韓国のためにも、700億㌦(5兆円)の日韓通貨スワップ協定を拡大し、韓国経済を救っている。

いや、韓国だけではない。あの石原都知事の「尖閣購入発言」に対し、「日本全体を買ってしまえ」と豪語できるまでになった中国にさえ、いまだに、42.5億円思いやりODAを毎年、支援している。

確か、小泉純一郎首相が「対中ODAもそろそろ卒業」と宣したはずだが、8年後の今も相変わらずというのでは、かえって、中国国民に、「日本は戦争犯罪の賠償をしている」と誤解を与えるやも。

又、思いやり予算といえば、本家の在日米軍駐留経費負担、少しは減ったといえ、まだ年間1858億円

ま~、世界に展開する米軍基地で、これほど面倒見のいい国はほかにないのでは。

だからこそ、冒頭の米軍再編費用についても、「物価上昇」と子供だましのいい訳で、本当は米国の財政悪化が理由にもかかわらず。

早い話、日本に「日米同盟深化」とおだてれば、いくらでもカネを出す、まさに「打出の小槌」あるいは米軍のおサイフになっているからだ。

そして、ことの序に言えば、これもエントリ、『いきなり「核武装」「国連脱退」では議論が飛躍しすぎ!? でも全くマトはずれでないかも(http://massypapa.exblog.jp/10761833/)』で、縷々述べた如く、

国連分担金は米国についで二番目に多く、全体の12.53%、金額にして296百万ドル(2兆3680億円)を支払っている。しかも、未納国の多い中で、毎年、律儀に完納する優等生。

どうです、このどこに、消費税を上げなければ、国際信用を失う理屈が存在するというのです?。

本当に、日本が財政に困っているなら、まず、シマツしなければならないのは世界にばら撒いている国際貢献という響きのいい無駄使い。

日本の格言にも、「分相応に」という言葉がある。我が家の生活が苦しいのに派手に世間と付き合う余裕などあろうはずがない。

真っ先に財布の紐を締めるのは、見栄で付き合いに出すカネではないでしょうか?

結局、家族(国民)を苦しめても、いいかっこしたいというバカ亭主(官僚や政治家)の見栄。己の小遣い(歳費)は減らさないで、妻や子どもに犠牲を求める。

まさに、破綻家族の典型が今の悪徳官僚と政治屋による国民無視の暴走。

今回の「消費税を上げて財政再建しなければ国際信用を失う」という嘘が世間にさらけ出されたようなもの。

こんなマニフェスト詐欺にも反省せず、大きな嘘まで平気でつく政権には、即刻退場してもらうしかないでしょう・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 原発再稼動を急ぐ政府の裏に経団連の影!? | トップページ | 小沢裁判の判決はまるで「三方一両損」の大岡裁き!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/44956560

この記事へのトラックバック一覧です: 増税してでも財政再建を急がねば国際信用を失うと国民を脅しながら、湯水の如く世界にカネ蒔く野田政権のばかっぷり!?:

« 原発再稼動を急ぐ政府の裏に経団連の影!? | トップページ | 小沢裁判の判決はまるで「三方一両損」の大岡裁き!? »