« 「尖閣は日本と中国でシェアすればよい」と馬鹿こく田嶋陽子、津川雅彦氏に「あなた日本人じゃないんですか?」と突っ込まれてタジタジ!? | トップページ | えび沼逆転判定で、あの韓国の国民病に火がついた!? »

「尖閣は日本に属さない有力な証拠を発見」と報じた香港紙のとんだ勘違い!

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

香港紙『文匯報』は17日付で、尖閣が日本に属さない有力な証拠を発見したという。

どうやら、①尖閣が日本の出版物(明治9年=西暦1876年、陸軍参謀局が出版した『大日本全図』に、日本の領土として表記されていない

そして、②200年前の清朝の文献『海国記』には中国領とする記述があることを証拠にしているようである(http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20120718/Searchina_20120718051.html)。

ところで、ソース元の香港紙・『文匯報』だが、香港全域および中国本土に向けた総合新聞社で、国内外の読者数が380万人に及ぶとのことです。

ただし、愛国愛港(中国を愛し、香港を愛す)が社是のようだから、この記事も割り引いてみる必要はあるようだ・・。

というのは、イギリス文明を100年もの長きにわたって、学んだはずの香港人にしてはいかにも杜撰、書いてることが非論理的なのである。

なにしろ例示した主張が牽強付会、かたやは一出版物に(日本のものである)記述がないからといい、こなたはある書き物に(中国のもの)と書いてあったからという。

しかも、証拠とするからには、当然、内容そのものが正しくなければならないのに、

①は1876年の地図を持ち出して犯す誤り。

日本政府が国際社会に「無主物先占」を確認し、正式に自国領土として編入したのが1895年。したがってその地図になくて当たり前。まさか、中国人じゃあるまいし、国際ルールを無視してまで、勝手に日本領として書きますまい。

②の清朝の文献と彼らの言う、「海国記」そのものが学術的価値の低い、ただの小説に過ぎない。

その辺のことは中国語翻訳者のつぶやき、『「海国記」をめぐるぐだぐだ(http://zhongwenfanyi.blog69.fc2.com/blog-entry-413.html)』が面白いのでぜひ一読を・・。

さて、ここまで、書いてきて何か気づきません!

そう、韓国人の「竹島」を自国領土と主張する論法と瓜二つ。

朝鮮の日本併合で無理やりに竹島を簒奪されたと被害者ぶるけど、その実、竹島を島根県に編入したのが1905年で、日韓併合した1910年よりも5年も前。

それも、韓国にはるか前から属していたという証拠の文献や地図は、日本帰属と証するものより、比べ物にならないほど数は少ない。

ついでに言うと、韓国人がハングル普及に熱を入れたため、漢語で書かれた古い文献を放逐してしまって、調べることもままならず、やむ得ず、日本・神保町の古本屋外街をあさっていたことまで、中国人はひそみに倣うつもりのようである。

ま~、この分では、韓国の李承晩がサンフランシスコ平和条約発効直前の1952年1月、どさくさにまぎれて一方的に李承晩ラインを引き、竹島を占拠した故事を参考に、虎視眈々と日本の隙を狙っているのではないだろうか。

が、どっこい、そうは問屋が卸しませんって!

1952年当時の日本はアメリカさんの占領、真っ盛り。ましてや、1950年より始まった朝鮮戦争で、日韓が揉めているどころでない。

しかも、日本はといえば、朝鮮戦争勃発で、米軍のいなくなった銃後を守るためやむなく、「警察予備隊」が組織され、52年当時にやっとのこと、自衛隊の前身、「保安隊」に発展解消したばっか。どうして(竹島の)奪還がままなろうか・・・。

翻って、尖閣のそれはち~と条件が異なります。

核やミサイルの攻撃能力は(日本が)中国の敵でないものの、それらの行使は国際社会が黙ってはいません。

だとすれば、局地戦となるが、これは海上、空域とも日本の装備、技術の方が勝っている。

そのことは、当の中国軍人が周知の事実。

元海軍装備技術部部長の鄭明少将も、『わが国海軍の実力は日本に遠く及ばないhttp://news.livedoor.com/article/detail/6778733/)』と、告白しているところである。

い~やそれだけでない。中国寄りと見られるロシアですら、『日中が尖閣諸島沖で開戦したら、勝つのは日本(http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=55343)』だと、本音(?)を語っている。

ならば、なにゆえ、中国が日本政府を脅してくるのか?

煎じ詰めれば、民主政権中枢の「(弱腰を)柳ごし」と偽るチキンハートに訴えているのである。

換言すれば、脅しの効かない石原都知事に尖閣を渡してしまえば、ますます、「尖閣」が遠のくことを知っているからであろう!

いやはや、中韓とつきあうのは骨が折れることじゃわいの!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 「尖閣は日本と中国でシェアすればよい」と馬鹿こく田嶋陽子、津川雅彦氏に「あなた日本人じゃないんですか?」と突っ込まれてタジタジ!? | トップページ | えび沼逆転判定で、あの韓国の国民病に火がついた!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/46434259

この記事へのトラックバック一覧です: 「尖閣は日本に属さない有力な証拠を発見」と報じた香港紙のとんだ勘違い!:

« 「尖閣は日本と中国でシェアすればよい」と馬鹿こく田嶋陽子、津川雅彦氏に「あなた日本人じゃないんですか?」と突っ込まれてタジタジ!? | トップページ | えび沼逆転判定で、あの韓国の国民病に火がついた!? »