« 『大エルミタージュ美術館展』のもう一つの謎!? | トップページ | 選挙後の逮捕を恐れてもツイッターをどうしてもやめられない橋下氏のホントの事情とは!? »

あなたはご存知ですか? 太陽の党と合流した日本維新の会が老人の敵だと・・

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

太陽の党・石原共同代表が日本維新の会と合流するのに、その政策の違いを問われ、「原発や消費税などの違いは些細なこと」と発言。

一方、日本維新の会の橋下市長は太陽の党が減税日本と先に合流したことに不満、(太陽の党に、減税日本を切るよう迫り)、「(太陽の党と合流するか)最後は適当に判断する」と記者会見。

このドタバタ劇をあざ笑うかのように、野田総理が「小異を捨てて大同につく、と安易に使うが、小異ではないものまで捨てるのは野合だ」と批判。

勿論、ああいえばこういう橋下氏もこれに負けじと、「自民党は『国防軍』に賛成で公明党は反対だが
選挙は一緒にやっている。これこそ野合の極みだ」と応酬。

又、太陽の党との合流に不快感を示すみんなの党の渡辺喜美代表に対しても、「好き嫌いで判断しては駄目だ。人間関係で政治をやる昔と同じだ」と非難。野合を隠すのにはどうしてもみんなの党との大同団結が必要だとラブコール・・。

が、野合を最も嫌がる渡辺代表は合流を拒否、選挙協力にとどめるとわかるや、今度は同党と競合する選挙区の調整に、あろうことか、「選挙調整ができなければ、じゃんけんで決めてもいい」と妄言を吐く始末。

これには当の渡辺代表も「トンでもないと」かんかん、勿論、民主党の岡田克也・副総理は「政策はチャンポン。候補者はじゃんけん。ちょっとひどいんじゃないかと思いますよ」と突っ込むが、

そこはどこ吹く風、橋下御仁は「言葉のセンスがない。それくらいのニュアンスを受け止められない政治家は政治なんかできない。じゃんけんで決めましょうというのは、要は最後は理屈で決めなくてもひとつにまとまろうという強烈なメッセージですよ」と、得意の詭弁でもって言い逃れる。

まさに、政治評論家・飯島勲氏が揶揄した「オーソドックスな能力がない三文弁護士」を地で行く如しである。

ともあれ、既成政党から野合と喝破されながらも、恥じることなく、何ゆえに、太陽の党との合流を急ぐのか?・・。

答えは簡単。政策など、彼にとってはどうでもいいこと。

いやむしろ、政策を具体化するほど、過去の言動と照らされて、矛盾が明らかになる。ここは、ぼあっとさせて、夢を抱かすようなもので十分。

だからこそ、漠然として、それでいて、選挙で最も大義名分のたつ、「統治機構改革」を看板に、小異を捨てようと訴えたので、まさに橋下ワールド、あたかも世の中が激変するような錯覚を有権者に与えたかったのだろう。

つまり、政策中身がはっきりするような「脱原発」「消費税」「TPP」では後々、仲間割れ、,ボロが出て困るというのである。

だからこそ、「アジェンダ」にこだわる渡辺代表のオーソドックスな政治手法は何としてもかき消して、野合と批判されてもよいから、ぼあっとした政策で、

いや政策などあわなくとも結構。そのつど、国民の空気を読んで、「適当に」見繕えばいい、大事なのは選挙協力

本当にほしいのは、東京都知事として築かった東京の顔としての石原のネームバリューと、神奈川など、関東に名を売った実直なまでにぶれない、みんなの党の信用、

つまりは、関西に強くても関東に基盤のない大阪維新の会を名実ともに「日本維新の会」にするための単なる道具として必要だということである。

どうやら、そのことにうっすら気づいたのが渡辺代表。それがこのところのギスギスしだした両党の関係というところだろう。

では、太陽の党はどうであろう。暴走老人の石原氏としては都知事で人生を終えるつもりが、思わぬ「尖閣購入」で時の人となり、維新の橋下氏と組むことで、あわよくば、「総理」の夢まで抱かせてもらえた。

まさに暴走しがいのあるチャンス到来、「大きな夢」を見ているに違いない。

又、同時に旧立ち上がれ日本の面々もこのままではジリ貧、石原、橋下の二枚看板で議員の身分が保証されれば大概は我慢もできる。

いわば、石原老もその取り巻きの老人たちも、橋下氏得意の「じじごろし」でもって、手のひらで泳がされているというのが真相。

その証拠が、橋下氏の「石原氏はいいが、真正保守の”立ち上がれ日本”は困る」とポロリと出た本音。

彼らと一緒になって、自らの似非保守がバレテは大変、ここはきっちり、一緒になれば、議員の数で意思決定することで、保険をかけたことからも明らか。

ま、事のついでに言うと、あれほど、既成政党を批判しながら、大阪選挙区では公明党と選挙協力しているのも、創価学会票がほしいからにほかならない。

ことほど作用に、橋下氏は政策より政局、誰かさん同様、数の力こそ命と考えるただの政治屋。

よし、百歩譲って、政治屋でもいいとしょう。

でも、この政治屋は誰かさんよりもっとえげつない。数の力を持たせれば、それを盾に問答無用に政治をしたがる。それも、政治とは名ばかり、やることといえば、弱者いじめのコストカットばっかだから、余計たちが悪い。

勿論、彼が自慢したがる地方自治の成果もそのほとんどが単なるコストカット。それも、公約でやらないと言いながら、だまし討ちで敬老パスを有料化する高齢者いじめを平気でする。

ま~、奇妙なことに、ここのところだけなぜか、石原都政ともよく似ているのだが、(詳しくは日本共産党の「福祉・暮らし2.6兆円削り浪費型開発(http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-02-16/2011021604_02_1.html」)、

ひょっとして、これこそ、ご両人が意気投合した本当の理由かもね。

というわけで、日本維新の会が万一にも天下取れば、きっと高齢者の財産を狙ってくると懸念していたら、

ハイ早速、出てきましたよ!

公約に、「年金 65歳で支給せず」、とか、「高齢者を全部抱え込んで経営するの困る」と現行の解雇規制を緩和すると言い出しました。

なるほど、彼にとって、「弱者は悪。強者のみ報われるべし」と、いうことなのかもね。

いやはや、こんな男のアジテートに騙されるお年よりはホンとかわいそう。おれおれ詐欺に騙されるのとなんら変わらないのでは?・・。

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

|

« 『大エルミタージュ美術館展』のもう一つの謎!? | トップページ | 選挙後の逮捕を恐れてもツイッターをどうしてもやめられない橋下氏のホントの事情とは!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民 国防軍 TPP 消費税 で プログ検索中です。
消費税増税と社会保障 だけれど 消費税増税すると 多くの 中小企業が 倒産する ような気がする?
中小企業の土地は 売却~?失業者が 多くなる中での社会となるかなぁ。失業保険~大企業は 優遇あったかなぁ?
TPPを 行うと やはり 失業者かなぁ
土地を 売却する人も 多いかなぁ?~
TPP 兵糧攻め 世界は 平和だろうか?
国防軍 自衛隊を どう変えるのかなぁ?~
だけど~オレンジ 牛肉 輸入問題~ 自国自衛隊~ そういう話も昔からあるなぁ。政治家は 言われますナァ。最終的に 総理大臣は~ネットも すごい文化ですね。政治研究会(名前検討中 

投稿: 村石太カナァ | 2012年12月 2日 (日) 12時31分

自民党 有利といわれる 衆選。票割れする第3極~。
TPPも消費税増税も 失業者ですね。
国防軍 で プログ検索中です。
日本の防衛費については もう何十年前から 言われていますね。
しかし 敗戦国の日本で~パールハーバー~広島・長崎~放射能~白血病~
日本の庶民は あまり 世界の軍事関係に詳しくないし~
国防軍 と いきなり? 力を 入れすぎる?のも 恐ろしいというか?
世界が 平和で ありますように。
政治研究会(名前検討中
洋画 パールハーバー を 見ました。愕然としました。
ホタルの墓というアニメで 泣きました。映画でしか戦争を知らない私です。
思えば 明治 大正 生まれの方が この世界から いなくなってきていますね。シベリア 八甲田山~
衆議院選挙まで 後8日ですね。

投稿: 村石太ダー&コピペ星人&キンキュージタイダー | 2012年12月 9日 (日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/47985456

この記事へのトラックバック一覧です: あなたはご存知ですか? 太陽の党と合流した日本維新の会が老人の敵だと・・:

« 『大エルミタージュ美術館展』のもう一つの謎!? | トップページ | 選挙後の逮捕を恐れてもツイッターをどうしてもやめられない橋下氏のホントの事情とは!? »