« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

天皇・皇后両陛下も悩まされる皇太子殿下の悪い癖とは?

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

国際日本文化研究センター元所長の山折哲雄氏が月刊誌「新潮45」3月号に寄稿した「皇太子殿下、ご退位なさいませ」の論文を巡って、久々に週刊誌が盛り上がっている。

ざっと拾っただけでも以下のとおり、

週刊現代:『本当にそんなことできるのか? 山折哲雄-「皇太子ご退位のすすめ」その現実味-』(2月25日発売)

週刊新潮:『「皇太子退位論」の折も折 53歳「皇太子さま」が明かした帝王教育の現場に「秋篠宮殿下」の同席』(2月28日発売)

女性セブン:『皇太子さま「ご退位・騒動」渦中 信念のご発言』(2月28日発売)

女性自身:『前代未聞の“冷戦”キャッチ!! 4月オランダ訪問も「行きません——」 雅子さま「宮内庁は私の敵!」長官と面会拒否“不信”3カ月』(3月5日発売)

週刊文春:『皇太子「退位論 山折哲雄氏」にご友人が怒りの猛反論 「やめられるなら、とっくにやめている!」』(3月7日発売)

女性セブン:『緊急アンケート「皇太子ご退位論」で分かれた女性たちの賛否』(3月7日発売)

どうやら、週刊誌の意見は二分、山折氏のいう、「雅子様の療養が10年目を迎え、ますます内向きに転じていく皇太子さまを憂慮、このままでは、皇室離れが嵩じないとも限らないので退位すべき」とする論に手放しで賛成、

一方、皇太子周辺からは「法的にも無理だし、一番忸怩たる思いにあるのが本人だ」と、突っ込んだ論文に反感、

又、女性紙に多く見られるのが、皇太子の一徹な雅子さま愛に賛辞を送る類など・・。

まあ、確かに、皇太子殿下が皇室の一員としての心構えより、雅子妃殿下や愛子さまへの思いを優先、内向きになられるのは、殿下が結婚前に「雅子さんのことは僕が一生全力でお守りします」と言った約束が呪縛となり、事態を悪化させているのも事実でしょう。

又、雅子さまに「好きなことを好きなようにするのが一番」と、鑑賞公務や銀座買い物で外出することを勧めた迷医・大野氏の治療方針にも責任の一端があるでしょう。

でも、それだけでしょうか?

世俗で言われるところの、「似たもの夫婦」、長く寄り添っていると、顔はもとより生活や行動スタイルまで似てくるというそれ!

ご結婚生活20年のうちの半分を雅子さまのわがまま病に付き合ってるうちに、皇太子さまの性格まで変わってきたのでは?

それは何よりも、(皇太子さまが)あれほど大事にされていた天皇・皇后の御心を平気で煩わすほどの変わりようなのです。

しかも、皇室より東宮一家を最優先するあからさまな行動は天皇・皇后がこれまで築いてきた「国民第一、皇室への信頼」をも平気で裏切る皇太子殿下の嘘!嘘!嘘!

殿下の「嘘」とあからさまに言えば、きっと「そんなバカな!」と驚かれる方もいるでしょう。

でも、マッシーパパの知るところでも殿下は3度4度、間違いなく嘘をついているのです。

古いところでは殿下が結婚する前に、記者の「どんなお相手がよろしいでしょうか」に、

「(質素・倹約をモットーとする皇室にそぐわしく)買い物が趣味でない人」と答えたことを記憶しているが、

あにはからんや、雅子さまの浪費癖は週刊誌すら取り上げるしたたかさ

(週刊文春:『宮内庁情報公開でわかった雅子様の「金銭感覚」 愛子さま山中湖同伴58万円、オランダ御静養2300万円、ブルガリネックレス200万円、シャネルバッグ50万円・・』(3月14日発売)。

いや、今回が初めてではないですぞ。

2008年2月には海外紙「ヘラルド・トリビューン」に、「13皿からなる高級メキシコ料理や、あるときには中華料理店で北京ダックやふかひれスープの贅沢ディナー三昧」と報じられ、皇室の質素なイメージが傷つけられたこともあるほど。

又、雅子妃殿下の「キャリア人格発言」もその類。

天皇陛下の追加発言要求に一応、答えてはみたものの、「(両陛下に心配をかけてしまったことについて)心が痛みます」というだけで、

いまだに、「対象を特定して公表することが有益とは思いませんし、今ここで細かいことを言うことは差し控えたい」と、ムニャムニャで済ますいい加減さ。

さらには、41歳誕生日会見で述べた「時代に即した公務の内容を考える必要がある」、

43歳誕生日会見の「時代の空気を感じ取り、若い世代の皇族として望ましい姿を模索」や、

44歳会見の「国際化の中での日本が変わっていくのに伴って、新たに私たちが始めるべき公務もある」など、

勿体つけて長々引っ張り、実は何も用意していなかった。

というより、「好き勝手に公務を選ぶのが私たちのやり方」とでも言わん態である。

そういえば、殿下は確か、2012年9月17日、この夏、静岡県の須崎御用邸に続いて、栃木県の那須御用邸と連続で静養されるという日々をお過ごしになっただけで、公務と言えば、勤労奉仕団や東宮職員へのご会釈。

それもこの間の公式行事といえば、、“フェルメール”ご鑑賞だけという。

これって、まさに雅子さまの日常スタイルで、なかったっけ。

さて、その公務に関しても、皇太子殿下はでまかせ(?)を言っている。

天皇陛下ご病気の際に、「秋篠宮とともに公務を分担、陛下の役に立ちたい」と公言した結果が、今もって、天皇陛下の公務が減るどころか、自身の公務はちゃっかり減らし、

なんと、秋篠宮よりご公務の回数が下回っているとか。東宮太夫会見で記者団から突っ込まれる次第。

いやはや、いくら、やんごとなき世界のお人といえ、どう見てもこれでは立派な嘘。よしんば、嘘といえないにしたら、今、流行の「(皇室の)言うだけ番長」?

ともあれ、天皇・皇后両陛下が本音で、心配しているのは案外、皇太子殿下のこの虚言癖

それも、雅子さまと結婚してからの「婦唱夫随」で変わった?

これでは天皇・皇后両陛下はまことに気の毒。

もし(皇室が)一般家庭であれば、こんな「不肖で不随」な嫁など、即離婚も可能、それが、悲しいかな、皇室典範で思うに任せない現状では、なるほど、(両陛下の)心を悩ませ、健康を損なうわけだわね・・。

【関連記事】:

雅子さま、"プチ家出?"の次は天皇のお見舞い"ドタキャン" おまけに皇太子殿下までもが失態見せた!?http://blog.goo.ne.jp/massypapa/e/1deffeb354e5d07ceadf74b1fbb393c2)』

愛子さまの自立を阻む雅子さまの"モンペ"、宮内庁長官の諫言も届かず!?(http://blog.goo.ne.jp/massypapa/e/3f69a4e701cad00a7bc3222117a2ce99)』

週刊文春が飛ばし記事!? ウイリアム王子挙式に、天皇が「皇太子はぜひ行くべき」ともっともらしく書いたその意図とは!?(http://massypapa.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-9e7b.html)』

週刊誌も驚く、人が居つかない東宮職 2年の間に5人も辞職!?(http://massypapa.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/25-06e0.html)』

しっちゃかめっちゃかの民主政権で一番喜んでいるのは雅子妃?お陰で素行の悪さが目立たなくなった!?(http://blog.goo.ne.jp/massypapa/e/5a71c097abf4a6ce6805974bd821b65d)

「菊のカーテン」の威力? 愛子様問題と皇太子夫妻の葛藤まで隠蔽!?(http://massypapa.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post.html)

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここがおかしい日本のすり寄り外交! そんなやり方で日韓関係改善を期待するのは百年河清を待つ話でしょう!

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

安倍首相は6日、パククネ大統領と就任後初めて電話会談、どうやら終始、韓国ペースだったようである。

たとえば、「未来志向の日韓関係を発展させたい」と首相が持ちかければ、すかさず、大統領に「未来志向の日韓関係を構築するためにも、歴史認識が重要だ」と釘をさされ、

電話会談の本当の目的だった「大統領の訪日」すら、5月に韓国で開かれる予定の日中韓首脳会議が先と軽くいなされる始末。

いくら、日本の方から電話会談を申し出たとは言え、これでは、一体、何のための日韓関係改善が目的と言える?

それにしても、おかしいと思いません?

確か、日韓関係を損ねたのは李前大統領の竹島上陸と天皇謝罪発言が端緒じゃなかったけ。

それに、外交は政権が変わったからといえ、継続性の原則からも、韓国に謝罪あってしかるべきが国際ルール。

それもですよ! この破廉恥な発言を平気でする女史はあろうことか就任式で、

韓国の外交順位で日本を中国の下位に据えたばかりか、「日韓は加害者と被害者の関係、これは千年の歴史が流れても変わらない」と強調。

挙句は父親である朴正煕元大統領の「漢口の奇跡(朝鮮戦争で壊滅的打撃をうけていた韓国を日韓基本条約締結で手にした有償2億ドル(720億円)無償3億ドル(1080億円)、別に民間3億ドルを元に復興と経済成長を成し遂げた)」を持ち出し(それも4回)、

あたかも、歴史問題をネタに日本政府から再度むしり取って、奇跡の再来を図ると言わんばかりに発言しているのです。

このどこに、安倍首相のいう、「韓国は価値観を共有する何より大事な隣国」と言えるのでしょう。ふしぎですよね。

いや、不思議なのはそればかりでない。前政権の変人・鳩山や菅ならいざ知らず、保守の要の安倍首相に、麻生副総理までもが何ゆえ、韓国となると、こうも甘くなるのでしょうか?

一体全体、やられっぱなしの日韓関係をどう改善しようと言うのですかね。改善すれば、日本にどんなメリットがあるのです? 北朝鮮に対する連携?

それとも中国との尖閣争いにいざとなったら味方してもらえる?、 はないですよね。

あの中国人靖国放火犯ですら、犯罪人引渡し条約を破り中国の味方し、歴史問題では中韓連携を確認するなど、日本を仮想敵にしていることからも、ありえないでしょう。

とすれば、まさか、アベチャンは爺さんの岸以来の韓国の統一教会の腐れ縁から、

同じく、麻生閣下は歴史問題も歴史問題、生家の麻生炭鉱の朝鮮人強制労働で追求されたくないから、率先して(かの国と)関係改善したい?

いや、(関係改善したいのは)二人だけではないですよね。韓国好きの政治家って、異常なほど多いですよ!・・。

何しろ、国会に各種ある議員連盟の中でも、日韓議員連盟の加入者は飛びぬけており、衆参あわせて自民党(237名)、民主党(51名)、公明党(32名)、ほか(6名)の計320名(wikipediaより)。

ま~、かくも与野党議員が蟻集(ぎしゅう:蟻のように数多く群がる)するのだからおそらく甘い蜜(利権)があってのこと。

決して、伊達や酔狂で、韓国のために汗をかいているのでもないでしょう。

又、日本人特質のおせっかいで、頼まれもしないのに韓国発展のために力を貸しましょうでもあるまい。

それとも、歴史問題を反省し、韓国への罪滅ぼしに日本の富をおすそ分けしすでもないだろう。

どうせ、集まった「ギレンの野望」を抱く連中は、在日やパチンコ資本の献金目当て。さもなくば、日韓仲良くせよとのアメリカさんの命に沿い、はたまた、外資系大企業の韓国進出の先棒かついで利権あさり。

だからこそ、この手の連中は李明博が理のないことを言おうが、パク女史が何をパクつこうが我関せず、ましてや、国益などくそ食らえ・・。

いやはや困ったものです。 これでは、ますます、韓国から、日本は歴史問題で責められているうちは何もできない、と高をくくられるのでしょう。そして、スキあらば、日本の富を簒奪しようと狙っているのでしょうね。

ま~、日韓関係改善など、夢のまた夢。

自民党政権に今さら期待もしないが、どうか、これ以上、国益だけは損ねないでくださいね・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »