« 天皇・皇后両陛下も悩まされる皇太子殿下の悪い癖とは? | トップページ | アベノミクスで炙り出されたのは、うたかたの如く脆い韓国経済の崩壊だけ!? »

今、なぜ? 国民もいぶかる政策を強行する暴走総理の思惑とは!?

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

アベノミクスで人気絶頂の総理が暴走老人こと石原維新の会共同代表のお株を奪って暴走、

大方の国民が「今、なぜ?」と首をかしげるような政策を次々、発表している。

ま~、それは追々、説明するとして、納得できないのは安倍政権の経済政策「アベノミクス」をマスコミがこぞって、等身大に褒めまくる仕儀。

デフレ脱却に力強い金融緩和や財政出動が必要なことは何も安倍総理の専売特許ではない。偶々、無能な民主党政権が思い描かなかっただけ。

もっと言えば、ただでさえ政権能力がないのに大震災で機能不全、こんな簡単なことも対応できないほど末期ガンであったというだけである。

だからこそ、国会審議でも、渡辺喜美氏が、「結党以来、みんなの党が言っていたことを(安倍総理が)パクって下さって・・」と皮肉、(誰でも総理になればやっていたこと)と、悔しがっていたのである。

なるほど確かに、氏の言う通りで、経済に疎いマッシーパパでさえ、

15年ぶりの円高は中国の陰謀? それとも無策の政府が蒔いた種!?(http://blog.goo.ne.jp/massypapa/e/0795ddf04d612d69a4b2172ffeaeefab)』や

超円高にアメリカの影? 円高阻止に本気になれない日本政府のジレンマとは!?(http://massypapa.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-e149.html)』で、同じことを指摘している。

閑話休題、本題の「今、なぜ?」に戻すが、数ある中でも特に3つ。

①つは松井秀喜と長嶋茂雄氏の国民栄誉賞・ダブル受賞

大体、国民栄誉賞というのは確たる基準がなく、それゆえに政治利用され、物議をかもしやすい。

今回もその例外でないが、長嶋氏はともかくも、取り立てて功績のない松井氏に贈られるのはいかがなものかとする批判の声は多い。

しかも、「朝日」のスクープでは長嶋氏は添え物。はじめに候補に挙がったのは松井氏の方というから尚驚き。そして、「なぜ、今」受賞を急ぐ?という疑問も・・。

マスコミやインターネット上には松井氏の故郷の大物政治家の影がちらつくといい、サンスポも(http://www.sanspo.com/geino/news/20130402/sot13040205030005-n1.html)、はっきりと、

「早期訪米のタイミングを探っていた首相には、米大リーグで活躍した松井氏への授与を土産に、日米友好をアピールしたい狙いがあったようだ」と謎解きをしているほど。

②次に、サンフランシスコ講和条約の発効日に当たる4月28日を、「主権回復の日」と定め、政府主催の式典を実施、国民こぞって祝おうとの閣議決定。

マッシーパパなど、その趣旨を述べた安倍総理の「占領期間があったことを知らない若い人が増えている。日本の独立を認識する節目の日だ」を聞いて、まったく意味が不明。

1952年4月28日を「主権が回復した日」というのには、沖縄や奄美、小笠原が以前占領下にあったことより意味成さず、むしろ、沖縄の人にとっては「屈辱の日」と言う批判すら多いと聞く。

いや、取りようによっては、「占領」という忘れたい「屈辱」をあえて思い出させ、逆にとってつけたように、「独立」を喜ぼうというおかしな道理。

だからこそ、米国嫌いの孫氏は、「私はブラック・ジョークでないかと思った。サンフランシスコ講和条約締結の日は日米安保条約という対米隷属確認の日だ(http://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar181800)」と真っ向から反対。

又、天木直人氏も「昭和天皇の負の遺産を一身に受けて、沖縄の怒りと悲しみ、苦しみにもっとも心を痛めてこられたのは今上天皇であることを貴方が知らないはずがない、強行することは沖縄のみならず、両陛下をも苦しめることだ」と『「主権回復の日」式典挙行に関する安倍首相への公開質問状(http://blogos.com/article/59449/?axis=g:1)』を出している。

ともあれ、安倍総理としても反対の多いのは承知、それでもこの策にこだわるのは? どうやら、

1.世界のどの国も「独立記念日」が有るのに日本にない。

2.竹島・尖閣が日本固有の領土と立証してくれる「サンフランシスコ講和条約」を尊重したい、とする狙いがあるようだ。

でも、やっぱ、何かが変。

日本には歴とした「建国記念日」があるのに、その屋上屋を架すがごとく、かえって内外に侮られるだけ。

それに、どうしても「独立の日」を作りたいのなら、アメリカ追随を脱し、自分で国土を守れるようにしてこそ「主権回復」、すなわち、「自主独立」を構築するのが筋ではないだろうか?

③そして、なぜか突然、経済活性化の切り札として浮上したのが、「正社員の金銭による首切り」を容易にする制度。

趣旨はできの悪い社員や高齢者が企業にとどまり、経営を圧迫するのを排し、より労働力の流動性を求めることで経済を成長させると、態は言いがただの言い逃れ。むしろ、経営力不足の責任を逃れんがため。

なるほど、こういうバカを平気でするのはやっぱ自民党政権、典型的な先祖帰りだわね。

覚えていますよね。麻生政権のみぎり、突如として画策された、「ホワイトカラー・エグゼンプション(残業代ゼロ法案=WE)」、

幸い、世紀の悪法として、(民主党の)政権交代で有耶無耶になったが、またぞろ、経団連シンパの自民党政権でゾンビのように復活しそう。

おそらく、経団連の悪知恵と言うより、TPPで日本を支配するアメリカのグローバル企業が跋扈しやすいようにお膳立てする手段と言っても過言でないだろう。

ま、かくのごとく、あれもこれも、自公政権の思いつき、言うならば、全てが対米追随政策、

自ら守ることのできない尖閣を米国のかさに頼る苦肉の策では?

「松井秀喜の国民栄誉賞」も「主権回復の日」も、はたまた、「クビ切り合法化法案」も、オバマ政権のヒゲの塵を払うため。

そこには独立国としての政権の矜持も何もあったものでない。

あるのは、アノ政権投げ出しの恥は二度とかきたくない。国益を度外視してもお爺ちゃんと己(安倍晋三)の名誉を守るためでは・・。

いやはや、国を挙げて、アベノミクスに酔いしれる日本、さぞや中韓にとって、くみしやすい”鴨ねぎ”なのかもね・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« 天皇・皇后両陛下も悩まされる皇太子殿下の悪い癖とは? | トップページ | アベノミクスで炙り出されたのは、うたかたの如く脆い韓国経済の崩壊だけ!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

2012年4月1日から2013年3月31日までに、沖縄タイムスの投稿欄に掲載された投稿は計2379本(「主張、意見」1611本、「論壇、寄稿」411本、「茶のみ話」357本)。

投稿者年齢別の投稿数
10代  27  1.1%
20代  47  2.0%
30代 171  7.2%
40代 271 11.4%
50代 230  9.7%
60代 685 28.8%
70代 734 30.8%
80代以上 213  9.0%
不明   1  0.0%

投稿者の平均年齢は62.64歳。
10回以上掲載された人は、52人。

投稿: kin | 2013年4月 5日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/51107049

この記事へのトラックバック一覧です: 今、なぜ? 国民もいぶかる政策を強行する暴走総理の思惑とは!?:

« 天皇・皇后両陛下も悩まされる皇太子殿下の悪い癖とは? | トップページ | アベノミクスで炙り出されたのは、うたかたの如く脆い韓国経済の崩壊だけ!? »