« TVドラマ『半沢直樹』の高視聴率はアベノリスクのお陰!? | トップページ | 4年も経つと、これほど人は変わるの?マッシーパパも思わず絶句する神戸市長候補の樫野孝人さん! »

堺市長選でNHKに秒殺された詭弁、強弁の橋下市長、腹いせに、「引かれ者の小唄」をたっぷり聞かす!?

マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキングへ

詭弁、強弁だけがとりえかと思ったら、橋下センセ、どうやら、小唄も上手に唄いはる。

と言っても、「引かれものの小唄」。負け惜しみを言ったり、開き直って平気なふりをする、それですがね。

なにしろ橋下センセが「一丁目一番地」と位置づける大阪都構想に堺市は欠かせぬ存在、万一にも市長選に敗れれば、今後の大阪市民の住民投票で苦戦は必至。

というより大阪市議会運営でも、公明の離反がありうるという剣が峰。

だからこそ、禁じ手の維新の政党助成金(2億円とも)を投入、国会議員に計3回の堺入り、あまつさえ、個別訪問までやらせるという総力戦で臨んだ(?)。

にもかかわらず結果は惨敗。

ここで橋下センセがホンモノなら、「敗軍の将、兵を語らず」で、判官びいき筋のエールも集められたのに、

根が多弁、負けず嫌いの無責任男だけに、出てきた言葉が驚きの、

大阪都構想について大きな誤解(堺市がなくなってしまう)が堺市民に広まってしまった」、

どこが出しているか分からないが、違法なビラが大量に出回った。僕は潔く負けを認められない」、

都構想は(市長選の結果でなく)住民投票で決まるということを最初から(市民に)訴えるべきだった」。

あげくは「僕の態度振る舞いや政治手法にすごい批判や反論がある。4年も5年もやっていれば飽きられもする」と、すべて竹山陣営と竹山市長を選んだ堺市民が悪いと批判する始末。

いやはや、これでは兵を語るどころか、どっぷりと、「負け惜しみ」の「開き直り」・・。

ところで、この御仁、本当に政治がわかっているのでしょうか?

いや、なぜ負けたのか、なんにもわかっていないと思いますよ!

なんとなれば、自分のこれまで、やってきたこと、なかんずく、反原発の心変わり、従軍慰安婦に関するフライング発言、太陽の党との野合&自民・公明政権へのスリ寄り等々、政治家としてのプライドのかけらも見られません。

そんな政治音痴だからこそ、堺市民の民意が理解できなかったのではないですか?

そして、有権者は橋下維新の政治手法と選挙の争点である都構想にうさん臭さを感じ、三行半を下したのではないでしょうか?

橋下維新が完敗したのは以下の3つの理由からだと・・。

そもそも橋下流の政治と言うのは「ふぁっとした政策」で民意をつかむ手法。

たとえるなら、人気絶頂のころの彼が唱えた「船中八策」がそれだが、具体的になってくるほど、中身がどのようにでも変わる。

それが証拠に世の中が右系化したと察するや、保守ガチガチの太陽の党と野合。そのために必要なら、反原発の旗印さえ、いとも簡単に降ろす。

又、安倍総理の保守が「言うだけ番長」だとわかると、その人気をかっさらおうと、言わずもがの「慰安婦」発言でフライング。

どうやら、自分の趣味と米兵の慰安を混同、お里を出したようです。

まあ、普通ならここで学習するのだが、このセンセ、どこまでも己を過信しているから、「よらしむべし知らしむべからず」とまたぞろ、「都構想」をふぁっとあいまいに説明、後は「トラストミー」だって。

これでは、竹山市長ならずとも、「全面委任」など出来っこないですよね。

つまり、センセの言う、「大阪都構想」とは「大阪一都構想」、大阪市の周辺だけが集中的に発展するご都合主義。言うならば、堺の富を簒奪、大阪市域の発展に使おうとする尊大な(他人を見下げる)戦略。

しかもこの戦略の先には関西広域圏をまとめて大阪の衛星都市とする「一都構想」も隠されている。

だからこそ、兵庫県知事も京都府知事も、又、政令都市の神戸市長も大阪維新の野望を阻止すべく堺へ手弁当で応援に駆けつけた所以であろう。

ま、それはともかくも、センセが、ただ日本を論じている段階は地方行政にとっても無害。応援もしますよと堺市の有権者も衆院選で維新に大エール。実際、支持率は他市に群を抜いたようだが、だからと言って、市長選挙は別。

それでなくとも大阪府、大阪市は大赤字、黒字の堺市にとって「ワン大阪」、「財布を一緒にしましょう」と言われてもいい迷惑。

おまけに、橋下センセ、市民サービスを削ることにかけては天下一品、だったら、「堺は一つ」の方がまだ、市民にとってどれほど良いか、勝負は決まっていたようなもの。

そして、敗因の今一つとして忘れてはならないのが、「兵を語った」彼の、「4年も5年もやっていれば飽きられる」の一言。

確かに、あれほど、橋下徹を褒めちぎった評論家先生たち、いや、市井のブロガーまで、かまびすしいほど、歯の浮くような賛辞を並べていたのに、今は一斉に沈黙。

きっと、彼らとて選挙の結果が気にならないわけがない。

だからと言って、彼の相次ぐ失言や失態。最近では彼が強引に進めた民間校長まで不祥事を続出させ、センセもまけずに台風18号で市内に避難勧告を出した際、区自宅で堺市長選に関するツイッター三昧では、

正面きって味方するわけにはいかない。

となれば、「選挙のカゼ」だけが頼りの彼にとって、よき理解者(?)に沈黙されてはお手上げ。

当然、愚痴の一つも言いたくなるのだろうが、所詮、それ自体があだ花。彼の人気などマスコミの作った虚像にすぎないのである。

ま、そんなこんなで、橋下維新が負けて当然だったと言うことはこれで理解していただけたと思う。

そして、一貫して橋下徹のうそ臭さを論じてきたマッシーパパにとっては心から竹山市長の再選を祝したいと思う次第です・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

http://blog.with2.net/link.php?666082">人気ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

|

« TVドラマ『半沢直樹』の高視聴率はアベノリスクのお陰!? | トップページ | 4年も経つと、これほど人は変わるの?マッシーパパも思わず絶句する神戸市長候補の樫野孝人さん! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046289/53456082

この記事へのトラックバック一覧です: 堺市長選でNHKに秒殺された詭弁、強弁の橋下市長、腹いせに、「引かれ者の小唄」をたっぷり聞かす!?:

« TVドラマ『半沢直樹』の高視聴率はアベノリスクのお陰!? | トップページ | 4年も経つと、これほど人は変わるの?マッシーパパも思わず絶句する神戸市長候補の樫野孝人さん! »